30代向け不動産投資セミナーの選び方は?評判が良い4社や注意点も

不動産投資は金融機関のローンを活用することで、手元の資金が少ない場合でもより大きな運用を行えるメリットがあります。金融機関の融資審査では、融資を受ける方の年収や貯蓄状況、年齢なども評価の対象となります。

30代の方は勤続年数も経過して年収が増え、20代よりも貯蓄も増えてくる傾向にあります。定年退職までの期間も長くとれることから融資期間でもプラスに評価され、不動産投資を考えるのに適している年代と言えるでしょう。

ただし、金融機関の融資を引きやすい反面、属性次第では収益性が低い物件でも購入できてしまうデメリットがあります。不動産投資セミナーを受講する際は、自身の投資目的を再確認し、目的に沿った物件情報を集めていくと良いでしょう。

そこで今回は、30代向け不動産投資セミナーに焦点を当てます。30代に適しているのはどのような内容なのかを解説し、評判が良い4社についてセミナーの特徴や評判・口コミも紹介していきます。

目次

  1. 30代で不動産投資を始める際のメリットとデメリット
  2. 30代向けの不動産投資セミナーを選ぶポイント
    2-1.初心者を対象にしたセミナー
    2-2.低予算でも始められるセミナー
    2-3.退職後の資産形成を見据えたセミナー
  3. 30代向けの不動産投資セミナー4選
    3-1.プロパティエージェント
    3-2.エイマックス(A-MAX)
    3-3.リズム
    3-4.グローバル・リンク・マネジメント
  4. 不動産投資セミナーを受講する前の注意点
  5. まとめ

1 30代で不動産投資を始める際のメリットとデメリット

30代で不動産投資を始めるには、他の年代と異なるメリットとデメリットがあります。以下で確認してみましょう。

メリット デメリット
・長期で運用ができる
・融資の審査に通りやすい
・住宅ローンと二重になる可能性がある
・本業に加えて忙しさが増す

ローンの返済期間は20年~35年としている金融機関が多く、30代でローンを組むと定年退職する時期で完済することができます。それが、30代で不動産投資を始めるメリットの一つです。

また金融機関の融資審査は勤務年数が長いほど審査をクリアしやすくなります。30代は年収が高まっている方も多く、金融機関からの信用も得られやすいため、融資の審査に通りやすいと言えます。

一方、デメリットとなるのは、住宅を取得したいと考えている場合に不動産投資ローンと住宅ローンの二重ローンになってしまうことです。年収に対して借入額が大きくなると、「ローン返済が滞る可能性がある」と金融機関に判断され、審査に通りにくくなります。

また物件の管理業務は管理会社に任せられますが、日頃の経理業務に加えて年度末には確定申告を行う必要があります。その他、物件の売却タイミングや家賃の見直しなど、重要な判断についてはオーナーが自ら行う必要があります。

2 30代向けの不動産投資セミナーを選ぶポイント

前述したメリットとデメリットを踏まえて、どのような不動産投資セミナーを選ぶといいのか、そのポイントを3つ紹介いたします。

2-1 初心者を対象にしたセミナー

これから不動産投資を始めるのであれば、まずは初心者を対象としてセミナーの受講を検討してみましょう。また他の投資を経験したとしても、不動産投資独特の仕組みがあります。まずは初心者向けのセミナーで、不動産投資のメリット・デメリットや利益が出る仕組みなど、基礎的な知識を得ていくと良いでしょう。

初心者向けのセミナーでは、不動産投資を通してどのような結果を目指していきたいのか、自身の投資目的を再確認することにもつながります。リスクとリターンのバランスを取った物件の選び方など、不動産投資を始める際の知識固めとして初心者向けセミナーを活用することもできます。

2-2 低予算でも始められるセミナー

30代に入るとプライベートの支出も増え、自己資金を多く用意できないことも考えられます。このような場合には、低予算でも始められる不動産投資に焦点を当てたセミナーに参加するのもいいでしょう。

不動産投資を低予算で始めるには、中古のワンルームマンション投資や、リノベーション投資などを主体としたセミナーが適していると考えられます。

2-3 退職後の資産形成を見据えたセミナー

30代で不動産投資を始めると長期間の運用も検討しやすいため、退職後の資産形成を見据えたセミナーの受講も適していると言えます。

不動産投資は、家賃収入をローンの主な返済原資として、徐々に借入を減らしながら純資産を積み上げていく投資方法です。短期間で見たときの1物件あたりの利益が少なくても、長い期間の運用を行うことで退職後の資産形成に繋げていくことも可能となります。

3 30代向けの不動産投資セミナー4選

ここまで30代で不動産投資を始めるために、どのような不動産投資セミナーを選んだら良いのか解説しました。次からは、前述した内容を踏まえ、不動産投資会社が提供している初心者向けのセミナーを4つ取り上げましたのでぜひ参考にしてください。

3-1.プロパティエージェント


プロパティエージェント
は、新築マンションと中古マンションの両方を扱う不動産投資会社です。東京23区と横浜エリアを事業の中心としており、99.62%(2022年3月時点)という高い入居率を実現しています。東証プライムに上場しており、資本体制やコンプライアンスの遵守などにも期待が持てます。

セミナーの特徴

プロパティエージェントでは、幅広い知識レベルに合わせた「オンラインセミナー」を定期開催しています。幅広い時間帯から開催されるセミナーを選択することができ、空いた時間に気軽に参加することができます。

セミナーでは「不動産投資の基礎知識」「不動産投資のリスクとは?」など基本的な内容から、「売却時の戦略」などより専門的な知識も取り扱っています。

セミナーの評判

セミナーに参加した後のアンケートでは、満足度は95.8%(2018年10月同社調べ)と好評です。「リスクについても理解することができた」(28歳・男性)など中立的な内容に対する利用者の声も多く、高い満足度につながっています。

3-2.エイマックス(A-MAX)

A-MAX(エイマックス)エイマックスは、資産(Asset)の最大化(MAX)を社名・理念として掲げる不動産投資会社で、東京23区の投資用マンションの仕入れ・販売を手掛けています。日本でトップの不動産販売実績(※)を有する代表の天田 浩平氏を中心に少数精鋭の営業体制できめ細やかなサービスを提供しています。(※投資用マンション部門 天田氏の個人取引実績 年間最高売上高83.9億円)

エイマックスでは毎月2,000件以上の表に出ない物件情報の中から、立地条件・建物管理の状況・賃料相場・駅ごとの人口増加率・物件の資産価値など、厳格な基準を満たす中古のみを数十件だけに絞って厳選して仕入れています。

また、賃料査定を行う際は、周辺相場の賃料だけでなく賃貸履歴までしっかりと見ることで、人が抜けてすぐ入居がつく賃料かどうかの判断が行われるため、高い入居率と収益性のバランスが保たれています。他にも、物件調査時に郵便受けにガムテープがはられていないか、周辺にゴミがないかなど共用部の物件調査を行うなど、建物管理・賃貸の状況などについても詳しく見ています。

こうして仕入れられた物件は、人気駅から徒歩10分以内、適正もしくは割安な家賃となっており、入居率は99.2%(2022年2月時点)と高い水準を実現しています。また、建物管理がしっかりしているため長期安定収入・資産価値が見込める物件となっており、購入後に10%以上の賃料アップを実現している物件も多数あります。

不動産投資セミナーの特徴

エイマックスの不動産投資セミナーの大きな特徴は、高い実績を持つ代表が講師となっている点です。代表の天田氏が自らが88室の不動産オーナー(2021年7月時点)であり、投資価値の高い中古物件の提供に強いこだわりを持っていることも、これから不動産投資を検討している方にとって参考となるポイントと言えるでしょう。

セミナーには不動産投資を始めて学ぶ方向けの「ベーシックセミナー」と、投資の専門家に多くの質問をしたい方向けの「個別セミナー&個別相談」の二つのタイプがあります。自身の状況に合わせて参加を検討されてみると良いでしょう。※「個別セミナー&個別相談」については、講師ではなく、国家資格を有する経験豊富な担当コンサルタントが対応

不動産投資セミナーの評判

エイマックスで物件を紹介された方からは、「約20社面談して、エイマックスが一番良かった」(30代・男性)「少数精鋭で経営されているので無駄なコストがかかっていない」(50代・男性)「他社の中古物件は月々の収支がマイナスだったが、エイマックスの物件はプラスのものばかりだった」(30代後半・男性)といった声が寄せられています。

3-3 リズム

リズム株式会社リズムは中古マンション投資に加えてリノベーション不動産投資も手掛けており、ワンルームマンションなどをリノベーションして賃貸物件として提供する、中古ワンルームマンションの不動産投資会社です。不動産投資のリスクである空室と家賃下落に対応するため、2億件のビッグデータを活用して「入居者に選ばれる物件」を創出しているのが特徴の一つです。

リズムは金融機関との提携にも強みがあり、優遇金利および最長45年のローン期間、オーナーの約4割が頭金10万円以内で物件を購入できているなど、高い実績を持っています。

セミナーの特徴

定期的に3つのセミナーを開催していますが、初心者向けは「はじめてでも成功できる不動産投資セミナー」です。不動産投資の一般的な知識ではなく、空室リスクを回避して成功するための戦略を、MBAの資格を持つ講師がさまざまなデータ分析に基づいて論理的に説明するセミナーとなっています。

セミナーは2部制で、第1部は「不動産投資物件の見極め方」、第2部は「不動産経営戦略とは何か?」となっています。

セミナーの評判

セミナーではグラフや図などのデータを数多く用いて理解しやすいのが特徴で、満足度は99.3%(※リズム社調べ)となっています。

参加者からは「情報量が非常に多い」(30代・女性)、「不動産投資に対する漠然とした不安が明確になり、正確な情報と判断基準があれば必要以上に不安になることはないとわかりました」(30代・男性)といった声が寄せられています。

3-4 グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメントグローバル・リンク・マネジメントは、開発から賃貸管理までのマンション経営に関わるサービスをワンストップで提供しています。管理実績は6年連続で入居率99%を超えており、2020年6月22日時点では99.47%の高い実績を達成しています。

このような高い入居率の背景には、管理物件内の引っ越し費用を負担するなど、入居率を維持するための仕組みが導入されていることが要因の一つです。

またオーナーの支持を受けている理由の一つは、サブリースの更新を7年ごとにしていることです。しかも家賃下落を最大5%以内にしていることも、オーナーの満足度を引き上げています。2年ごとに家賃改定があれば、34年間の運用で17回の家賃見直しがありますが、同社では35年間の運用期間中に4回の家賃改定となっており、一定の収入を見込みやすいという点も大きなメリットです。

セミナーの特徴

セミナーは「0からはじめる不動産投資セミナー」「年収800万円以上の会社員だからこそ!有利に進められる不動産投資術」など、不動産投資が初めての方から知識がある人向けなどさまざまなテーマで毎日開催しています。

中には朝8時から開始するオンラインセミナーもあり、「仕事前や通勤時にスマホで見られる」とビジネスマンにも好評です。

セミナーの評判

グローバル・リンク・マネジメントのセミナーは30~40代が67%を占めており、業種別では会社員と公務員で7割以上を占めています。「書籍だとわからないプロの意見が聞ける」(30代・女性)、「気をつけるべき不動産の特徴が1日で分かった」(30代・男性)といった声が見られています。

4.不動産投資セミナーを受講する前の注意点

不動産投資セミナーを受講する際は、自身の投資目的を明確にできるよう心掛けておくことが大切です。不動産投資は、物件のタイプやエリアによってリスクとリターンのバランスが異なり、セミナーを開催する不動産投資会社によっては情報の偏りが出てくる可能性もあるためです。

まだ投資目的が定まっていない段階では、複数の不動産投資会社のセミナーを受講し、比較してみることも有効です。自身の属性によって購入できる物件タイプも異なってくるため、セミナーで基礎知識をつけたあとは個別に面談を受けてシミュレーションをしてみるのも良いでしょう。

まとめ

今回は30代におすすめの不動産投資セミナー4つを紹介しました。ワンルームマンションやリノベーション物件を投資商品の主軸にしている企業もあり、投資目的によって選ぶこともできます。

30代は金融機関の融資審査でも高い評価を得やすく、不動産投資を始めるのに適した年代であると言えます。その一方、収益性や担保性の低い物件でも購入できてしまうケースがあるため、自身の投資目的をしっかりと定めておくことが重要となります。

まだ投資目的が明確に定まっていないのであれば、初心者向けのセミナーを複数受講して比較してみるのも良いでしょう。まずは不動産投資の情報収集をしながら、慎重に検討されてみてください。

The following two tabs change content below.
倉岡 明広

倉岡 明広

経済学部経済学科卒業後、出版社や編集プロダクション勤務などを経てフリーライターとして独立。雑誌や新聞、インターネットを中心に記事を執筆しています。初心者が抱く不動産投資の疑問や質問を解決できるよう丁寧な記事を執筆していきます。