TAG 土地取引

投資・マネーコラム

土地の売却前に整地するメリット・デメリットは?地目(用途)別の確認ポイントも

土地を平らにならすことを整地と呼び、売却前に整地を行うことで売却価格が高くなる傾向がある、綺麗な状態を保ちやすくなるなどのメリットがあります。一方で整地にはコストがかかり、舗装によっては用途が制限されてしまうデメリットがあります。本記事では、整地の概要と種類、メリットとデメリット、地目別の注意点を解説していきます。

投資・マネーコラム

不動産相続で土地の分筆をするメリット・デメットは?注意点も

相続財産に土地が含まれている場合、一つの土地をそのまま相続せず、分筆してそれぞれ相続する方法があります。しかし土地を分筆した結果、土地の形が不整形になってしまって土地の価格を下げてしまうケースもあるため、慎重に検討したいポイントと言えます。本記事では不動産相続で土地を分筆するメリット・デメリット、注意点を解説していきます。

投資・マネーコラム

田舎の土地を相続するメリット・デメリットは?相続放棄の判断基準も解説

人口減少が続く日本において、田舎の土地を相続するのは慎重に検討したい問題の一つです。例えば、「田舎の土地を相続したものの、どうしたら良いか分からず維持費がかさんでゆく」「売却したいが買い手がつかずに困っている」という事例も少なからず見られるためです。相続のメリット・デメリットを知り、比較検討した後に受け継ぐことで、このような事態になるリスクを回避できます。田舎の土地を相続しない場合には、売却や寄付、相続放棄などの方法などが選択肢として考えられるでしょう。本記事では田舎の土地の相続のメリット・デメリット、相続放棄を行う際の判断基準について詳しく解説していきます。

投資・マネーコラム

土地を売却したら税金はいつ払う?納税のタイミングや税額について解説

土地の売却では収入額が大きくなり、多額の税金が発生する場合があります。土地の売却で多額の納税が発生する場合、資金繰りには注意が必要です。いつ、いくらぐらいの納税額が発生するのかを予め推計し、売却収入の中から納税資金をプールしておくことも検討してみましょう。この記事では、土地の売却にかかる様々な種類の税金について網羅的に説明し、納税のタイミングと税額の計算方法について解説します。

投資・マネーコラム

土地活用、なかなか売れない土地でも検討できる方法を6つ紹介

「相続した土地を売却することを検討したが買い手が見付からず困っている」「放置している土地の固定資産税の支払い負担が大きい」などの悩みを抱え、何とか別の用途で活用できないだろうかと考えている方も少なくありません。そこで、本記事では、なかなか売れない土地でも検討できる、土地の活用方法を紹介していきます。

投資・マネーコラム

親の土地を名義変更する手順は?必要書類や費用、税金についても

不動産の名義変更は原則として現在の所有者と次の所有者が共同で行うこととされていますが、何らかの事情で本人が手続きを行えない時には委任状を作成することで、代わりに申請が可能になります。本記事では、親の土地を代わりに名義変更する手順や必要書類、税金などについて解説していきます。

投資・マネーコラム

土地の売却に強い不動産会社を選ぶポイントは?探し方の手順も

土地の売却をしようとするとき、数多くの不動産会社の中から、何を基準にして不動産会社を選び売却の依頼をすればよいのか悩む方も多いのではないしょうか。そこで本記事では、土地の売却に強い不動産会社を選ぶポイントと、探し方の手順について解説していきます。土地売却の不動産会社選びに悩まれている方はご参考下さい。

マンション投資

不動産の等価交換でマンションを取得するメリット・デメリットは?注意点も

所有している土地で賃貸マンション経営をこれから始める人や、既に行っているものの建て直しの時期を迎える人の中には、少しでも建築費用を抑えたいと考えている人も少なくないのではないでしょうか。この記事では、等価交換とは何なのか、メリットとデメリット、注意点について解説します。

投資・マネーコラム

後悔しない土地の売却とは?不動産会社の選び方と手順を解説

土地の売却では、依頼した不動産会社ごとに査定結果、営業力の差、提案される内容が異なります。土地を手放してしまった後に後悔しないためにも、売却を依頼する不動産会社をしっかり選ぶことが重要です。この記事では、土地の売却を検討している方向けに、後悔しない不動産会社の選び方と手順について解説します。

投資・マネーコラム

【7分で分かる】中国で不動産投資を始めるための10ステップ

世界第2位の経済大国である中国は、今なお不動産相場の上昇が続いています。利回りこそ低いものの、キャピタルゲインが狙えることで世界中の投資家が中国の不動産市場に投資マネーを投入しています。しかし、中国で不動産を購入する際、中国の土地の所有権は全てが国もしくは農民にあり、建物と土地は別個に扱われないなど、独自の制度に注意する必要があります。