後悔しない土地の売却とは?不動産会社の選び方と手順を解説

土地の売却では、依頼した不動産会社ごとに査定結果、営業力の差、提案される内容が異なります。そのため、不動産会社の選び方によって売買契約が成立するまでの時間に差が生じる可能性があります。

土地を手放してしまった後に後悔しないためにも、売却を依頼する不動産会社をしっかり選ぶことが重要です。

この記事では、土地の売却を検討している方向けに、後悔しない不動産会社の選び方と手順について解説します。

目次

  1. 不動産会社を選ぶ際の3つのポイント
    1-1.土地売却を得意としている不動産会社かどうか
    1-2.見込み客を抱えている不動産会社かどうか
    1-3.売却以外の提案もしてくれるかどうか
  2. 土地を売却する際の手順
    2-1.土地売却の仲介を依頼する不動産会社を選定する
    2-2.不動産会社と媒介契約を締結する
    2-3.土地の買主と売買契約を締結する
  3. まとめ

1.不動産会社を選ぶ際の3つのポイント

土地を売却するにあたって不動産会社を1社選べと言われても、数多くありすぎてどこの不動産会社を選べばいいのか分からず悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

土地売却で不動産会社を選ぶ際のポイントとして以下の3つが挙げられます。

  1. 売却を得意としている不動産会社かどうか
  2. 見込み客を抱えている不動産会社かどうか
  3. 売却以外の提案もしてくれるかどうか

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

1-1.土地売却を得意としている不動産会社かどうか

全ての不動産会社が土地の売却が得意というわけではありません。各不動産会社で専門分野が異なっており、アパート経営やマンション経営などの賃貸業を得意とする不動産会社もあれば、不動産の売却といった仲介業を得意とする不動産会社もあります。

そのため、土地の売却を不動産会社に依頼する際は、不動産売却を得意としている不動産会社を選ぶのがポイントです。また、仲介業が得意な不動産会社でも、不動産の種類によって得意・不得意が分かれているため、土地の売却を得意としている不動産会社を選ぶのもポイントです。

しかし、これらは不動産会社の外観から判断するのは簡単ではありません。複数社に実際に問い合わせ、過去の取引実績や査定価格の根拠、売買契約が成立するまでの期間の目安などを不動産会社に質問しながら各不動産会社を比較する必要があるでしょう。

1-2.見込み客を抱えている不動産会社かどうか

販売力の強い不動産会社は、売り物件や土地が出た際に通知をする見込み客の顧客リストを作成しています。そのような見込み客を抱えている不動産会社に土地の売却を依頼した場合には、売買がスムーズに成立する可能性があります。

見込み客がいる不動産会社かどうかは、売却を得意としている不動産会社を選ぶ際と同様、外観から判断できるものではありません。複数社の不動産会社に査定を依頼し、見込み客がいるかどうか確認すると良いでしょう。

また、選んだ不動産会社で売却活動が長期化するようであれば、その他の不動産会社を検討するなど、状況にあわせて判断することも大切です。

1-3.売却以外の提案もしてくれるかどうか

立地条件の優れた土地の場合には、売却するという選択肢以外にも土地の上にアパートやシェアハウスを建てて不動産投資を始めた方が良い場合があります。

しかし、土地にどのような活用方法があるのか、周辺の賃貸需要はどのくらいあるのか、不動産事業者でない個人の方では判断が難しいこともあるでしょう。

そのため、売主の立場になって様々なプランを提案し、土地の活用方法を一緒に考えてくれる不動産会社を選んだ方が土地の売却で後悔せずに済む可能性が高いと言えます。

「HOME4U」の土地活用サービス

HOME4U」の土地活用サービス

NTTデータグループが提供する「HOME4U」の土地活用サービスでは、マンション経営やアパート経営、駐車場経営、賃貸併用住宅、大規模施設などの収益性の高い土地活用や不動産投資について、最大7社の収益最大化プランを比較することができます。選んだ企業以外からの連絡はないので、安心してサービスを利用することが可能です。

すぐに土地を売却して現金化しなければならないという状況でなければ、HOME4Uを利用して土地の活用方法を比較・検討してみるとすると良いでしょう。

2.土地を売却する際の手順

土地の売却を依頼する不動産会社を選ぶ際のポイントについて解説しましたが、具体的にどんな手順で売却を進めればいいか分からない方も多いと思います。土地を売却する際の手順は以下の3つです。

  1. 不動産会社を選定する
  2. 媒介契約を締結する
  3. 売買契約を締結する

それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

2-1.土地売却の仲介を依頼する不動産会社を選定する

まずは不動産会社の選定です。先ほどのポイントを押さえながら不動産会社を選びますが、不動産会社と言っても不動産会社の数は多いため、1社を選ぶのは手間と時間がかかります。

そこで、不動産一括査定サイトの利用を検討しましょう。不動産一括査定サービスとは、売却したい土地の情報を一度入力すれば、登録している複数の不動産会社の査定を一括で受けられるサイトのことです。

主な不動産一括査定サイトの比較

サイト名 運営会社 特徴
すまいValue 不動産仲介大手6社による共同運営 査定は業界をリードする6社のみ。全国870店舗。利用者の96.7%が「トラブルなく安心・安全に取引できた」と回答
リガイド(RE-Guide) 株式会社ウェイブダッシュ 登録会社数700社、最大10社から査定を受け取れる。収益物件情報を掲載する姉妹サイトも運営、他サイトと比べて投資用マンションや投資用アパートの売却に強みあり
HOME4U 株式会社NTTデータ スマートソーシング 全国900社から6社まで依頼可能。独自審査で悪徳会社を排除
LIFULL HOME’Sの不動産売却査定サービス 株式会社LIFULL 全国1600社以上の不動産会社に依頼できる。

上記の表は、先ほどご紹介したHOME4Uを含む主な一括査定サイトの比較です。こちらは土地の活用ではなく、売却をメインとした査定になる点には注意してください。

これらの一括査定サービスを利用すれば、自分で不動産会社を探す時間と手間を省けるだけでなく、簡単に相見積もりを取ることができるため、より好条件を提示してくれる不動産会社を見つけやすいと言えます。

不動産一括査定サイトで良い不動産会社を見つけ、選ぶことができれば次の手順に移ります。

2-2.不動産会社と媒介契約を締結する

不動産会社を選んだ後は、媒介契約の締結です。媒介契約とは、不動産会社に土地の売却を依頼する際に締結する契約のことです。媒介契約には、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3つがあります。

項目 一般媒介契約 専任媒介契約 専属専任媒介契約
複数の不動産会社への依頼 × ×
自分で見つけた買主との単独契約 ×
指定流通機構への登録義務
販売活動の報告義務
契約期間 規制は無し 3ヵ月以内 3ヵ月以内

一般媒介契約とは、2社以上の不動産会社と契約できる、自分で買い手を探せるというのが大きな特徴です。複数の不動産会社に依頼が出来るメリットがありますが、不動産会社側の売却活動の意欲が低下する恐れがあります。

一方、専属専任媒介契約・専任媒介契約は1社にしか依頼できないデメリットがありますが、依頼した不動産会社が熱心に売却を行う可能性を上げることが出来ます。

それぞれの契約方法には、メリットとデメリットがあります。不動産会社の選定段階では一般媒介契約を締結し、その後より信頼できる不動産会社と専属専任媒介契約を結ぶなど、状況にあわせて工夫をすると良いでしょう。

2-3.土地の買主と売買契約を締結する

最後に売買契約の締結です。不動産会社と媒介契約を締結して募集活動を行い、買主が見つかった場合には売買契約を締結します。売買契約を締結して、土地を引き渡せば土地の売却は完了です。

また、売却を急いでいてすぐに現金化したい場合には、不動産会社に買取を依頼するという選択肢もあります。ただし、買取は市場の価格よりも20~30%安くなる傾向があり、高く売却したい方にはデメリットがある売却方法です。

土地の買取も選択肢の一つとしてとらえて置き、それぞれの状況にあわせて売却方法を選ぶと良いでしょう。

3.まとめ

土地を売却する際、どの不動産会社を選んだかによって査定結果や売買が成立するまでの時間に差が生じます。売却後に後悔しないためにもしっかりと不動産会社を選ぶことが重要です。

また、売却前には土地の活用方法についても検討しておくと良いでしょう。売却を選ぶのか、その他の活用方法を模索するのか、信頼できる不動産会社をみつけ、慎重に検討することが大切です。

The following two tabs change content below.
矢野翔一

矢野翔一

関西学院大学法学部法律学科卒。宅地建物取引士、管理業務主任者、2級FP技能士(AFP)などの保有資格を活かしながら、有限会社アローフィールド代表取締役社長として学習塾、不動産投資を行う。HEDGE GUIDEでは不動産投資記事を主に担当しています。専門用語や法律が多く難しいジャンルですが分かりやすくお伝えしていきます。