神奈川の不動産売却でおすすめの不動産一括査定サイトは?5社を比較

神奈川県は面積が香川県、大阪府、東京都、沖縄県に次ぐ5番目に小さな県ですが、日本の首都である東京都に隣接している主要な都道府県の1つです。

東京都で勤務する人々のベッドタウンとしてだけでなく、全国で2番目に働いている人が多く、不動産の需要も比較的見込みやすいエリアと言えます。

この記事では、神奈川県の特徴やエリアごとの地価推移のデータに加え、神奈川県の不動産売却で便利な不動産一括査定サイトを紹介します。

目次

  1. 神奈川県の不動産事情
    1-1.神奈川県の特徴
    1-2.神奈川県の地価情報
  2. 神奈川県の不動産売却に便利な不動産一括査定サイト5社の比較
    2-1.すまいvalue
    2-2.SUUMO(スーモ)
    2-3.リガイド(RE-Guide)
    2-4.ライフルホームズ(LIFULL HOME’S)
    2-5.HOME4U
  3. まとめ

1.神奈川県の不動産事情

神奈川県は日本の首都である東京都と隣接しています。他府県と比較しても、神奈川県は賃貸需要を見込みやすい地域であり、不動産売却を比較的スム-ズに行いやすいエリアと言えます。

しかし、神奈川県は川崎横浜地域、県央地域、三浦半島地域、県西地域、湘南地域の大きく5つの地域に分かれており、各地域で不動産事情が異なります。各地域の特徴を把握した上でタイミングを見ながら売却に臨むことが大切です。

そこでまずは、神奈川県の特徴、地価情報について詳しく解説していきます。

1-1.神奈川県の特徴

神奈川県の地形は山、谷、平野とバラエティ豊かです。特に西側には箱根山などの山が多く、中央部には相模川、西側には酒匂川、東京都との境に多摩川などが流れており、その周辺は平野が広がっています。

住宅や工場として使用されている土地面積の割合は全国平均の約6倍である一方、森林や農地の割合は全国平均よりも低いのが特徴です。

東京都に次ぐ全国2位の人口を誇っており、国勢調査でも第1回の調査以来、神奈川県の人口は年々増え続けています。特に、横浜港を中心に発展した横浜市や東京都へのアクセスが良好な川崎市などの川崎横浜地域は地価も上昇傾向にあり、不動産需要が豊富であることが伺えます。

1-2.神奈川県の地価情報

神奈川県が公表した令和4年度の地価公示は以下の通りです。

地価平均変動率の推移:住宅地

  • H26:+0.6
  • H27:+0.4
  • H28:+0.1
  • H29:±0
  • H30:+0.1
  • H31:+0.3
  • R2:+0.3
  • R3:-0.6
  • R4:+0.2

※参照:神奈川県「地価公示の概要(令和4年地価公示)

コロナ禍で不動産市場が低迷したことやテレワークの推奨による都心離れの懸念もあり、上昇傾向にあった地価平均変動率は令和3年に下落しました。

しかし、令和3年は緊急事態宣言などの影響を受けたものの、東京中心部へのアクセスが良好で、利便性の高い川崎市や横浜市などを中心に地価が上昇に転じ、令和4年の地価は上昇に転じています。

市区町村別順位:上昇率順(住宅地)

  • 第1位:西区(+2.4)
  • 第2位:神奈川区(+1.7)
  • 第3位:港北区(1.6%)

※参照:同上

市区町村別順位:下落率順(住宅地)

  • 第1位:三浦市(-2.9)
  • 第2位:清川村(-2.6)
  • 第3位:南足柄市(-2.4)

※参照:同上

令和4年の地価公示における地価平均変動率の推移で地価が回復傾向にあるといっても、上記のように全ての地域で地価上昇が起きているわけではない、ということが分かります。特に地価が下落に転じている地域では、不動産会社による販売力が大きく影響するため、売却を依頼する不動産会社をしっかり選ぶことが大切です。

2.神奈川県の不動産売却に便利な不動産一括査定サイト5社の比較

ここまで解説してきたように、同じ神奈川県内でもエリアによって不動産事情は大きく異なるため、エリアの詳しい事情に精通した不動産会社の協力が必要になるケースもあります。不動産会社を選ぶ際は複数の不動産会社へ査定を依頼し、それぞれの不動産会社の販売力や対応力を比較することが重要なポイントになってきます。

不動産一括査定サイトを利用すれば、一度不動産情報を入力するだけで、複数の査定結果や不動産会社の情報を入手できます。以下、神奈川県の不動産査定に対応しており、悪徳業者の排除を積極的に行っている不動産一括査定サイト5社を比較してご紹介します。

主な不動産一括査定サイト

サイト名 運営会社 特徴
すまいValue 不動産仲介大手6社による共同運営 査定は業界をリードする6社のみ。全国900店舗。利用者の96.3%が「安心感がある」と回答
SUUMO(スーモ)不動産売却 株式会社リクルート 大手から中小企業まで約2,000の店舗と提携。独自の審査基準で悪質な不動産会社を排除。60秒で入力が終了し、無料査定がスタートできる。
リガイド(RE-Guide) 株式会社ウェイブダッシュ 16年目の老舗サイト。登録会社数800社、最大10社から査定を受け取れる。収益物件情報を掲載する姉妹サイトも運営、他サイトと比べて投資用マンションや投資用アパートの売却に強みあり
LIFULL HOME’Sの不動産売却査定サービス 株式会社LIFULL 全国3694社以上の不動産会社に依頼できる。匿名での依頼も可能
HOME4U 株式会社NTTデータ スマートソーシング 全国1800社から6社まで依頼可能。独自審査で悪徳会社を排除

【関連記事】不動産査定会社・不動産売却サービスのまとめ・一覧

2-1.すまいvalue

不動産一括査定サイト「すまいValue」すまいvalueは、以下の大手不動産会社6社に一括査定を依頼できる不動産一括査定サイトです。

  • 野村の仲介PLUS
  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 三井のリハウス
  • 三菱地所ハウスネット
  • 小田急不動産

2021年度の成約件数12万件以上という実績と経験の多さが特徴的です。6社合計の店舗数は全国で900件を超えており、一部地域を除いて全国対応しています。

神奈川県における査定物件比率

  • マンション:43.6%
  • 土地:9.9%
  • 戸建て:46.5%

※参照:すまいvalue「神奈川県の不動産売却価格・無料一括査定」

2022年4月時点、すまいvalueで売出中の神奈川県の不動産は2,559件と非常に多くの方が利用しています。また、神奈川県においては査定ユーザーの年代も20代~80代まで幅広く、大手ならではの信頼が伺えます。(※参照:すまいvalue「2016年10月7日~2022年4月27日すまいValue実績」)「まずは大手に査定依頼したい」という方にとって利用しやすいサービスと言えるでしょう。

一方、大手不動産会社6社への依頼に限定されてしまう点は、すまいvalueのデメリットと言えます。中小企業を含む地域密着の不動産会社へ査定依頼をしたい場合には、後に挙げる不動産査定サイトも並行して利用してみると良いでしょう。

2-2.SUUMO(スーモ)

SUUMO不動産売却SUUMO不動産売却は、ライフルホームズと同様、物件情報を多数掲載する不動産ポータルサイトの1つで、不動産一括査定サービスを提供しています。

約2,000店舗の不動産会社と提携しており、神奈川県で提携している不動産会社の店舗数は212件となっています。(※参照:SUUMO「神奈川県の不動産売却」2022年4月時点)また、依頼先の不動産会社の売却実績が公表されていることや電話番号の登録は任意となっている点も、初めて査定依頼をする方にとって利用しやすいポイントと言えるでしょう。

その他、同時に依頼できる不動産会社数も最大10社となっているため、多くの会社に同時に査定を依頼可能です。ただし、あまり多くの不動産会社に依頼をすると連絡の手間がかかってしまうため、自身が対応できる社数に限定するなど工夫をしてみましょう。

2-3.リガイド(RE-Guide)

リガイド(RE-Guide)リガイドは、2006年に「SBI不動産ガイド」としてスタートした不動産一括査定サイトの老舗サイトです。独自審査を通過した大手~中小企業の800社以上が参加しており、収益不動産の不動産査定にも強みを持っています。

神奈川県の査定実績割合

  • 一戸建て:57.60%
  • マンション:28.69%
  • 土地:8.84%
  • 収益物件等:4.88%

※参照:RE-Guide不動産一括査定「神奈川県の査定依頼実績」(2022年4月時点)

特に、収益物件の売却では主な購入検討者が投資家の方となるため、よりシビアな不動産査定が求められます。売却活動を行う際にも収益不動産の専門性をもって買主との交渉を行う必要があることから、収益物件の経験が豊富な不動産会社が参画している点は大きなメリットと言えます。

なお、前述したSUUMOと同じく、リガイドでは最大10社に査定依頼が可能です。こちらも自身が対応できる社数に限定するなど工夫されてみると良いでしょう。

2-4.ライフルホームズ(LIFULL HOME’S)

LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)ライフルホームズ(LIFULL HOME’S)は物件を数多く掲載する不動産ポータルサイトの1つで、不動産一括査定サービスも提供しています。実績豊富なサイトで、査定依頼が出来る不動産会社の参加数は3,694社(2022年4月時点)と多く、全国各地に対応しているのが特徴です。

2022年1月時点でのサービス利用者数が838万人と、豊富な査定実績もポイントと言えるでしょう。なお、2022年4月時点、神奈川県では205社の大手不動産会社から中小企業まで幅広い不動産会社が提携しており、査定依頼する各社の強みまで詳しく記載されているので査定依頼先を選びやすい点も特徴的です。

2-5.HOME4U

HOME4UHOME4Uは情報サービス事業で業界最大手となるNTTデータグループが運営しています。2001年に日本で初めて一括査定依頼サービスを開始した実績豊富な不動産一括査定サイトです。

ノウハウを活かしながら神奈川県の大手企業から地域に精通した中小企業まで、1,800社の優良企業を厳選し、悪徳業者の排除を積極的に行っています。

査定を依頼する不動産会社は最大6社まで自分で選ぶことが可能で、その他の企業から連絡がくることは一切ありません。NTTデータグループでは「プライバシーマーク」を取得しており、第三者にサイトへ登録した個人情報が公開されることが無いという点も特徴となっています。

まとめ

神奈川県は東京のベッドタウンとしての側面を持っていることもあり、幅広いエリアの中での不動産事情はそれぞれ異なってきます。特に、東京へのアクセスが悪い郊外エリアでは地価下落が起きていたり、大手不動産会社が参入していないこともあるため、地域に特化した不動産会社の協力が重要となってくるケースもあります。

今回のコラムでは、神奈川県の不動産売却に便利に活用できる不動産一括査定サイトを紹介しました。それぞれ提携している不動産会社が異なるため、依頼したい不動産会社のタイプや自身の状況に合わせたサービスの利用を検討されてみると良いでしょう。

The following two tabs change content below.
矢野翔一

矢野翔一

関西学院大学法学部法律学科卒。宅地建物取引士、管理業務主任者、2級FP技能士(AFP)などの保有資格を活かしながら、有限会社アローフィールド代表取締役社長として学習塾、不動産投資を行う。HEDGE GUIDEでは不動産投資記事を主に担当しています。専門用語や法律が多く難しいジャンルですが分かりやすくお伝えしていきます。