TAG 収益物件

国内不動産投資

3月の首都圏マンション発売戸数、7.7%減、3カ月連続で減少

不動産経済研究所が17日発表した2019年3月度の首都圏マンション発売戸数は3,337戸(前年同月比7.7%減)で、3カ月連続の減少となった。ただし前月(2313戸)比では44.3%増となり、また、高価格帯のタワーマンションの売れ行きが好調だったことから月間契約率や1戸あたりの平均価格は上昇した。

投資・マネーコラム

不動産投資の利回りの種類や相場、比較の仕方などを徹底解説!

不動産投資では物件の収益性を見極めることがとても重要です。中でも代表的な指標として知られている利回りは「表面利回り」「実質利回り」の2種類がありますが、どちらも物件や地域などにより数値は異なってきます。今回は不動産投資における利回りの種類・相場や、計算方法、利回りで判断する際の注意点などをわかりやすく解説します。

マンション投資

「毎月の家賃高いかも…?」と思っている方へ。知らないと損するマンション購入の話

都内の駅近物件などに住んでいると、20㎡台後半の部屋でも毎月の賃料が10万円前後になってしまうことが珍しくありません。そのため、一度は「マンションを購入したほうがお得なのでは?」ということを考えたことがある、という方も少なくないのではないでしょうか。「ただ、購入後に転勤や結婚した時に困るし…」といったことまで考えると、なかなか購入には踏み切れないという方も多いでしょう。

不動産投資の成功は、売却戦略(出口戦略)にあり

不動産投資の成功は「出口戦略」にあり!新築と中古の投資戦略は?

出口戦略というのは、不動産を売却するのか、持ち続けるのか、建物を壊して一部の土地を売却するのかといった、その不動産に対する投資をどのタイミングで切り上げるかというプランです。不動産投資を投資として成功させるためには、出口戦略を検討することが不可欠です。

国内不動産投資

区分マンションが2016年11月以来の安値、健美家の月次データ発表

不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社は新規に登録された全国の収益物件3種(区分マンション、一棟アパート、一棟マンション)別の2018年6月分のデータ(物件数、物件価格、表面利回り)を発表した。

国内不動産投資

投資用不動産市場動向、区分用マンション価格が2~3月で2か月連続上昇。「楽待」運営のファーストロジック調査

不動産投資サイト「楽待」を運営する株式会社ファーストロジックは、2018年1月1日から3月31日までに「楽待」に新規掲載された全国の物件を対象とした「投資用不動産市場調査1~3月期」の結果を公表した。

国内不動産投資

健美家「収益物件 市場動向マンスリーレポート」3月分公表。一棟アパート、過去12年間で価格は最高値、投資利回りは最低値

不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社は3月1日、2018年2月に新規登録された収益物件3種別(区分マンション、一棟アパート、一棟マンション)のデータから市場傾向をとりまとめた「収益物件 市場動向マンスリーレポート 2018/03」を公表した。

国内不動産投資

健美家「収益物件 市場動向マンスリーレポート」1月分公表。一棟アパートと一棟マンションの表面利回り下降基調続く

不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社は2月1日、2018年1月に新規登録された収益物件3種別( 区分マンション/一棟アパート/一棟マンション)のデータから市場傾向をとりまとめた「収益物件 市場動向マンスリーレポート 2018/02」を公表した。

国内不動産投資

収益物件の価格が高騰、一棟マンションは2009年以来の高値を記録。健美家、最新の「市場動向マンスリーレポート」を公表

不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家」を運営する健美家株式会社は12月1日、11月に新規登録された全国の収益物件3種別(区分マンション、一棟アパート、一棟マンション)のデータ(物件数、物件価格、表面利回り)を集計した「市場動向マンスリーレポート 2017/12」を公表した。

国内不動産投資

健美家「収益物件市場動向マンスリーレポート2017/09」公表。一棟マンション価格8年ぶりの高値記録

不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社が、新規に登録された全国の収益物件3種別(区分マンション/ 一棟アパート/ 一棟マンション)の物件数、物件価格、表面利回りを集計し、最新の市場傾向として取りまとめた「収益物件市場動向マンスリーレポート2017/09」を公表した。