11月の首都圏の新築分譲マンションは発売が大幅増。不動産経済研調査

株式会社不動産経済研究所が12月16日に発表した11月の首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の新築分譲マンション市場動向で、発売は 対前年同月比95.4%増の 5452 戸と大幅増となった。大規模物件がけん引した。 契約率は同21.8ポイント増の79.9%となった。平均価格は 3.4%上昇の6123万円、㎡単価は 3.5%下落の87.1万円。

発売戸数は前年同月の2790戸から大幅に増え、前月の2055戸から165.3%増となった。住宅ローン減税の見直しを受け、物件の発売を早めた影響もあると見られる。初月契約率は79.9%と8割に迫り、前年同月比21.8 ポイントアップ、前月比でも8.5ポイントアップした。

戸当り平均価格、1㎡当り単価は 前年同月比では平均価格は201万円(3.4%)のアップ、㎡単価は3.2万円(3.5%)のダウン。 前年同月比では平均価格が 5 カ月連続のアップ、㎡単価は 5 カ月ぶりのダウンとなった。

販売在庫数は、11月末時点で5697戸、前月末比321戸の増加(21年10月末5376戸、20年11月末6839 戸)。

即日完売物件は3物件661戸で、東京五輪・パラリンピックの選手村として使われた大型マンション「晴海フラッグ」が高人気だ。「HARUMI FLAG SEA VILLAGE 」2期(166戸)「HARUMI FLAG SUN VILLAGE」第一工区 1期(465戸)はいずれも平均倍率8.7倍、最高111倍となっている。

同月の超高層物件(20 階以上)は13物件・441戸、契約率79.4% で、前年同月は18物件320戸、契約率 68.8%。地域別発売戸数とシェアは、東京23区2096戸(シェア38.4%)、東京都下433戸(同7.9%)、神奈川県1492戸(同27.4%)、埼玉県888戸(同16.3%)、千葉県543戸(同10.0%)。都のシェアは46.4%だった。

地域別平均価格と㎡単価は、 東京23区で7932万円、111.5万円(3.1%アップ、12.6%ダウン)、都下4671万円、70.3万円(6.4%ダウン、0.1%アップ)、神奈川県5284万円、76.6万円(9.2%ダウン、15.3%ダウン)、埼玉県4918 万円、70.8 万円 (4.4%ダウン、3.7%ダウン)、千葉県 4578 万円、61.3 万円(5.5%アップ、3.5%ダウン)。

12月の発売戸数について、同社は5500戸程度を見込む。20年12月は7362戸、19年12月6392戸、18年12月は7462戸だった。

【参照記事】不動産経済研究所「首都圏 新築分譲マンション市場動向 2021 年11月」
【関連サイト】FJネクスト
【関連ページ】FJネクストの評判・口コミ

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」