MITやハーバード、教育分野でDAOを設立

MITやハーバード、オックスフォードなどの8つの大学が共同で、教育分野での自律分散型組織「EduDAO」の設立を12月16日に発表した。初期資金として3,300万ドルを調達し、毎年1,100万ドルをプロジェクトに提供していくという。

EduDAOは、異なる大学のブロックチェーンエコシステムを繋ぐ自律分散型組織(DAO)であり、Web3.0と呼ばれるブロックチェーンを活用した新たな領域に挑戦するイノベーターを育成することを目的に活動する。

EduDAOの資金は各大学のグループに分配され、大学内の学生や教授に提供されることになるという。卒業生もこの対象になっており、大学の差別化要素にもなるだろう。

EduDAOへの資金提供のリターンとして、資金を受け取った学生は資金提供者の運営するプロトコルのガバナンスに参加することが求められるという。また、プロトコルのエコシステムを拡大するためのツールやアプリケーションを開発する形でも良いようだ。

EduDAOの設立パートナーには、以下の大学組織が携わっている。

  • Berkeley RDI
  • Blockchain at Berkeley
  • Penn Blockchain
  • Harvard Blockchain Club
  • MIT Sloan Blockchain Club
  • Blockchain at Michigan
  • Blockchain@USC
  • Oxford Blockchain Society
  • Tsinghua University Students Blockchain Association

今後もEduDAOの参画大学は増加する予定だとされている。Blockchain at Berkeleyの創設メンバーであるAllen氏は、「キャリアを拡大させることができたのは、大学在籍時の研究グループの一員として得たサポートとリソースのおかげです。」とコメント。EduDAOのような取り組みは、自身と同じ経験ができる学生を増やすことに繋がるとし、積極的に活動に参加していく意向を示した。

暗号資産・ブロックチェーンは若年層に幅広く受け入れられていることもあり、大学が主導する活動には好意的な意見が多く、米国では多くの大学が学内にブロックチェーンの研究グループを設置している。

【参照記事】Groups from Harvard, MIT, Oxford, and Others Join EduDAO to Foster Web 3 Innovation via Decentralized Funding

The following two tabs change content below.
株式会社techtec リサーチチーム

株式会社techtec リサーチチーム

「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル) 」を運営。日本発のブロックチェーンリーディングカンパニーとして、世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業も展開している。Twitter:@PoL_techtec