不動産投資家の8割が「価格が上昇」。「売り時だと思う」47.7%に増加

不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社は5月27日、サイトの登録会員約12万8千人を対象とした「不動産投資に関する意識調査(第17回)」の結果を発表した。調査は今年4月28日から5月12日、インターネットで「投資用不動産の市況について」「物件購入について」「物件購入時の融資環境について」「貸住宅の管理業務について」を聞いた。有効回答数は935。

現在の投資用不動産の価格について、1年前と比べどうか訊ねたところ「価格が上昇している」は79.3%となり、前回調査の69.2%から11.1ポイント上昇した。2021年4月の調査の52.8%と比較すると26.5ポイント増となった。「現在、投資用不動産は買い時だと思うか、売り時だと思うか?」という質問には、「売り時」が前回より20.2ポイント増加の47.7%。売り時だと思う理由は「投資家の需要があるから」が63.7%。需要があるという回答は、19年4月は32.4%、20年4月は14%に減じたが、21年4月に51.6%、2022年4月に63.7%へと再び増加している。「価格が今後下がるから」は21年4月に36.8%だったが、22年4月には24.9%になっている。また、今回新たに選択肢を設けた「今後資材値上げなど維持管理費が高騰するから」が31.6%だった。

逆に「買い時」は10.8ポイント減少の10.5%。買い時だと思う理由は「買えるときに買った方がよいから」が55.1%で前年調査に引き続きトップ。「どちらともいえない」は前回比9.4ポイント減となった。
物件購入については、21年10月以降に物件を購入した回答者は45%で、購入した物件種別は戸建賃貸が49.4%、一棟アパートが33.7%だった。購入した物件の地域(複数回答)は「神奈川・千葉・埼玉」の21.6%が最多となった。「東京」は10.2%と「九州」と同水準。購入した代表的な物件の表面利回りは何パーセント台だったかを問う質問では、「20%」という回答が最も多かった。

物件購入時に「融資を活用した」人は54.4%で前回51.8%から微増。利用した金融機関は「信用金庫・組合」が最も多く40.2%、続いて「地方銀行」が31%。45.6%は「現金で購入」している。

22年6月に施行される「管理業法」では、200戸以上の住戸を管理する事業者には「登録」が義務付けられる。これについて「知っていて、内容もわかる」は16.7%に止まった。

【参照リリース】不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」『不動産投資に関する意識調査(第17回)

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」