SBI証券と三井住友カードが「Vポイント投資」サービス開始。クレカ積立・買い物で貯めたポイントで投資信託の買付OK

株式会社 SBI 証券と三井住友カード株式会社は5月30日、「Vポイント投資」サービスを開始した。Vポイントは、三井住友カードの毎月の買物の合計金額に応じてもらえるポイントサービス。買物や支払い金額への充当のほか、景品交換や他社ポイントへの移行などに使える。同日から、「SBI証券Vポイントサービス」の登録を行えば、保有しているVポイントをSBI証券の投資信託の買付代金に利用できる。

利用できるのは、三井住友カードのウェブサイトや 「Vpass」アプリ経由で証券口座を開設、またはすでにSBI証券の証券口座を保有し、三井住友カードの金融商品仲介サービスへの変更手続きを行ったユーザー。Vポイントが貯まるカードは「三井住友カード」など16種類。

対象商品はSBI証券が取り扱う投資信託で、買付方法は金額指定買付 (積立買付、口数買付は対象外)。ポイント利用単位は1ポイント1円相当で、1ポイントから利用可能。利用上限は9999万9999ポイント。なお、SBI証券の投資信託は100円から購入可能。ポイントで投資しても、投資信託を換金すると、現金で受け取ることができる。

Vポイント投資のリリースを記念し、三井住友カード仲介口座を新規で開設した顧客と、既に口座を保有している顧客の両方を対象に、5月30日から8月31日まで2つのキャンペーンを実施する。期間中に①Vポイント投資で1ポイント以上利用②「SBI証券Vポイントサービス」に登録済みのクレジットカードを買物で1回以上、合計500円以上利用すると、対象カード利用額の 3%のVポイントをもれなくプレゼント。上限は1000ポイント。さらに、抽選で100名に1万円相当のVポイントをプレゼントする。

SBI証券では2021年6月30日に資産運用サービスを開始、今年5月には「三井住友カードつみたて投資」の積立設定金額は100億円、積立設定人数は28万人を突破した。

【関連サイト】SBI証券
【関連サイト】三井住友VISAカード
【関連記事】SBI証券の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」