TAG 住信SBIネット銀行

仮想通貨コラム

1,000円で始めるビットコイン投資。少額投資に適した暗号資産取引所をご紹介

投資と聞くと「まとまった資金が必要」という印象があるかもしれません。暗号資産投資の場合、ビットコインが1BTCあたり100万円であっても、1,000円などの任意の数量から購入することができます。ここではビットコインの少額投資のメリットや少額投資に適した暗号資産取引所について解説していきます。

仮想通貨コラム

【初心者向け】SBI VCトレード(VCTRADE)で暗号資産投資を始める方法:スマホでビットコイン購入編

暗号資産取引所SBI VCトレードでは、500円、あるいは0.0001 BTCという小さい単位からビットコインを購入できます。ビットコイン投資はまとまった資金を用意しなくとも、誰でもアプリひとつで手軽に取り組めるものになっています。ここではSBI VCトレードのスマホアプリ「VCTRADE SP」からビットコインを購入する方法についてご説明します。

仮想通貨コラム

【仮想通貨初心者向け】bitFlyerで仮想通貨投資を始める方法:入金~ビットコイン購入編

ビットコイン(通貨単位:BTC)は、2020年5月時点に1 BTCあたり100万円弱となっていますが、0.1BTCや0.01BTCなどの小数点でも購入できることをご存じでしょうか?ここではパソコンからbitFlyerでビットコインを購入する方法についてご説明します。

仮想通貨コラム

【暗号資産投資初心者向け】ビットコイン投資を始める際に押さえておきたい確定申告のポイント

暗号資産(仮想通貨)投資を始めた方の中には、投資自体が初めてで、初めて確定申告を迎える方もいると思います。サラリーマンでも原則として給与以外の所得の合計額が年間20万円を超える場合には確定申告が必要となります。確定申告の経験がない方には難しいイメージを持たれる方も多いでしょう。ここでは暗号資産投資初心者が最低限押さえておきたい、確定申告のための注意点をご案内します。

仮想通貨コラム

【初心者向け】SBI VCトレード(VCTRADE)で暗号資産投資を始める方法:口座開設編

数ある暗号資産取引サービスの中でも、SBI VCトレードはSBIグループの強みを生かしたマッチングエンジンの導入や、魅力的な取引機会の提供など、安心・快適に利用できる環境を整えています。ここでは、SBI VCトレードで口座開設する方法についてご説明します。

仮想通貨コラム

スマホだけで仮想通貨投資ができるCoincheck・DMM Bitcoin・SBI VCトレード(VCTRADE)!初心者におすすめの取引所は?

仮想通貨は株と違って少額から投資できる特徴があり、取引所によっては500円から仮想通貨を購入できます。少額から始められることもあって、仮想通貨投資家の中にはPCを使わずスマホアプリだけで取引を完結している人も多くいます。そうした背景もあり、仮想通貨取引所はスマホアプリの開発に注力しています。最近では有名企業も仮想通貨投資ビジネスに参入してきており、益々便利なアプリが増えています。

ここでは、HEDGE GUIDE編集部が厳選する「スマホだけで投資できる仮想通貨取引所3社」について、徹底比較します。この機会に自分に合った取引所が見つかるかもしれません。是非チェックしてみてください。

仮想通貨コラム

【仮想通貨初心者向け】コインチェックで仮想通貨投資を始める方法:入金~ビットコイン購入編

ビットコインは、0.1枚や0.01枚などの小数点でも購入できるので、初めて仮想通貨を購入する投資家は違和感を感じる方も多いと思います。そうした仮想通貨投資の初心者にとっても使いやすいと評判のサービスが「コインチェック」です。ここでは、コインチェックでビットコインを購入する方法についてご説明します。

投資信託コラム

ネット証券とネット銀行を連携するメリットは?ネット証券会社5社を比較

口座開設の迅速さや取引手数料の安さからネット証券を利用する方は多く、またネット銀行と連携させると手数料がさらに優遇されたり、ポイントが貯まったりと各種特典やサービスが受けられます。そこでこの記事では、おすすめのネット証券とネット銀行の組み合わせや、組み合わせるメリット、優遇されるサービスについて詳しくご紹介します。

投資ニュース

住信SBIネット銀行と日立がAI審査サービス提供の新会社設立、10月から住宅ローン審査の提供開始

住信SBIネット銀行と日立製作所は5月30日、AI審査サービスを提供する合弁会社Dayta Consultingを設立したと発表した。新会社は、地域金融機関をはじめとした金融機関に対し、稀な事象の発生を予測する日立のAI(人工知能)「Hitachi AI Technology/Prediction of Rare Case」と、住信SBIネット銀のデータハンドリング技術・ノウハウを組み合わせたAI審査サービスを提供、地域創生に対する取り組みや業務効率化などを支援していく。

投資・マネーコラム

入金手数料が無料!SBIソーシャルレンディングのクイック入金サービスとは

国内のソーシャルレンディング業界において2番手に位置し、maneoに次ぐ運用実績を誇るソーシャルレンディング事業者がSBIソーシャルレンディングです。ここでは、SBIグループの一社として投資家から支持を集めるSBIソーシャルレンディングが業界で初めて導入した「クイック入金サービス」の内容と、利用方法を見ていきます。

Fintech

リップル社のxCurrent利用スマホ送金アプリ、住信SBIネット・スルガ・りそなが4月に試験運用開始

邦銀61行が加盟する「内外為替一元化コンソーシアム」は、分散台帳技術(DLT)を活用した次世代金融基盤に接続するスマートフォン向け送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」を提供する。すでに携帯電話番号などを利用した決済アプリのサービス提供は進んでいるが、複数の銀行が主体的に提供するサービスとしては日本初となる。

海外不動産投資ってどうなの?海外不動産のメリット・デメリットFintech

「冬のボーナスキャンペーン」を実施中のロボアドバイザーWealthNaviが申込件数56,000口座、預かり資産400億円を突破

預かり資産・運用者数No.1(2017年6月末、日本投資顧問業協会発表)のロボアドバイザー「WealthNavi」を提供する、ウェルスナビ株式会社(以下、ウェルスナビ)は11月30日、正式リリースから約1年4か月となる11月29日で申込件数56,000口座、預かり資産400億円を突破したことを公表した。