TAG 仮想通貨FX

仮想通貨コラム

最短即日で始める暗号資産投資!コインチェックやbitFlyerなど取引所のスマホアプリ4つを紹介

暗号資産取引所のスマートフォン用取引アプリはどんどん進化しています。そうなってくると「結局、どこの取引所のアプリを使えば良いの?」と迷う方も多くいらっしゃいます。ここでは各暗号資産取引所のスマホアプリを詳しく比較していきます。

仮想通貨コラム

【元トレーダーが解説】ビットコイントレードのリスク管理とポジションサイズの決め方

いくつかある守るべきトレードルールの中でも、この記事では「ロット数をどのようにして決めるか」という点に焦点を当てて解説していきます。ロット数の決め方は、トレードの成功率を高める上で大きな比重を占めるのでしっかり理解しておきましょう。

仮想通貨コラム

国内の主要仮想通貨取引所7社の特徴を元トレーダーが解説!おすすめポイントも比較

コロナショックを機に仮想通貨(暗号資産)FXのトレードを行いたいという個人投資家が増えてきており、将来の資産に対して不安視する若者が増えてきました。また仮想通貨の認知度も日本では少しずつ高まる中、ユーザー層の年齢が幅広くなりつつあります。日本でも仮想通貨交換業のライセンスを取得する業者が多くなり、海外の仮想通貨取引所も日本で認可を取得しているため、取引所の選択肢は増えています。ここでは日本の仮想通貨取引所の特徴について、トレーダー目線から解説していきたいと思います。

仮想通貨コラム

アルトコインを豊富に取り扱っている取引所はどこ?アルトコイン投資におすすめの暗号資産取引所4選

仮想通貨(暗号資産)というと、ビットコインを思い浮かべる人は多いと思います。市場にはXRPやイーサリアムなどさまざまな種類が存在しており、それらは総じて「アルトコイン」と呼ばれています。仮想通貨取引所によって取扱いのあるアルトコインは異なり、各社サービスの差別化要因の一つとなっています。

仮想通貨コラム

CoincheckとbitFlyerはどっちがおすすめ?機能や手数料、評判を徹底比較!

bitFlyerとCoincheckはどちらも日本国内の大手仮想通貨取引所です。どちらも多様な仮想通貨を取り扱っており、販売所と取引所の両方を提供しているので、初心者にとって利用しやすいと評価されています。どっちがおすすめなのか、機能や手数料、取扱通貨など客観的な情報に基づいて分かりやすく解説していきます。

仮想通貨コラム

楽天ウォレットとCoincheckはどっちが良い?機能や手数料・評判を徹底比較!

楽天ウォレットとCoincheckはどちらもユニークなサービスを提供している仮想通貨取引所です。2019年8月に仮想通貨取引ビジネスに参入した楽天ウォレットは、楽天スーパーポイントを利用できるなどグループ企業との連携を強みとしています。一方で2014年8月に運営をスタートしたCoincheckは、先駆的なサービスを次々と導入して多くの投資家から支持を集めてきました。楽天ウォレットとCoincheckでは取引サービスの内容やオプション機能も異なります。アプリの使用感についても投資家の好みがあるため、自分にあった取引所を探して登録すると良いでしょう。ここでは機能や手数料、取引通貨など様々な違いを比較することで、楽天ウォレットとCoincheckでそれぞれどのようなことができるのか、分析していきましょう。

仮想通貨コラム

CoincheckとGMOコインはどっちがおすすめ?機能や手数料・取扱通貨を徹底比較!

CoincheckとGMOコインはどちらも日本国内において大手の仮想通貨取引所です。どちらも初心者から上級者まで広く利用されている取引所ですが、機能や手数料、取扱通貨など様々な部分を比較することでどちらが利用しやすいのか、あるいは自分に向いているのかが分かってきます。そこで今回はCoincheckとGMOコインはどちらがおすすめなのか、客観的な比較などを分かりやすく解説していきます。

仮想通貨コラム

【元トレーダーが暗号資産FXを解説】下落相場でエントリーする方法

暗号資産のマーケットはDeFiを中心に盛り上がりを見せていますが、相場は常に上昇し続けるとはかぎりません。上下の動きを繰り返しながら、トレンドが形成されていきます。ここでは利益確定をいつすればいいのか?相場はどこで反転するのか?等といった相場の転換期の掴み方、及び下落相場でエントリーする方法について解説したいと思います。

仮想通貨コラム

元トレーダーが解説!暗号資産FX投資家に必須の3つのチャートパターンとは?

初心者にとって最初に勉強したいのが「テクニカル分析」でしょう。ここでは相場分析に必須となるテクニカル分析の基礎として、「チャートパターンの代表的な形状」をご紹介したいと思います。それぞれの形状には投資家の心理的背景が反映されています。そうした点まで理解すると有意義です。

仮想通貨コラム

【トレーディングしたい方におすすめ】 bitFlyerと DMM Bitcoinの高機能取引ツールを比較!注文方法の種類から使いやすさなど徹底分析

レバレッジ取引はショート(空売り)ができるため、資産価値の下落から利益を得ることも可能です。特に価格が乱高下する時期において、ビットコインのボラティリティ(価格変動率の大きさ)を活かすことができます。今回は、仮想通貨取引所bitFlyerとのDMM Bitcoinの高機能取引ツールについて比較ご紹介します。

仮想通貨コラム

第一種金融商品取引業者とは?登録済みの暗号資産(仮想通貨)取引所・販売所をチェックしておこう

2020年5月1日、改正金融商品取引法が施行されました。この改正に伴って、暗号資産のデリバティブ取引は「金融商品取引法」の規制対象となりました。暗号資産のレバレッジ取引や先物取引を提供する事業者は「第一種金融商品取引業者」として登録をする必要があります。