TAG 中古物件

マンション投資

不動産投資、団地投資のメリット・デメリットは?注意点や他物件との比較も

不動産投資が検討できる物件にはマンション、アパート、戸建など様々な物件に加え、新築・中古などを条件に加えると、その手段や方法は多岐に渡ります。この記事では、不動産投資の1つである団地投資のメリット・デメリット、マンションとの違いや注意点などを解説します。団地投資を検討されている方はご参考ください

投資・マネーコラム

フィリピン不動産、中古物件の特徴は?選ぶポイントや探し方のコツも

近年、人口と経済の伸びが好調なフィリピンは、海外不動産投資先として注目されている投資対象国の一つです。日本から収集できるフィリピン不動産の情報は、新築物件に関するものが大半です。しかし、まれに中古不動産の情報を見つけることもできます。この記事では、中古フィリピン不動産の特徴と物件情報の探し方などについて解説します。

マンション投資

不動産投資セミナーはどう選べばいい?参加する前のチェックポイントを解説

不動産投資をする際、不動産会社が開催している不動産投資セミナーへの参加を検討する方も多いのではないでしょうか。この記事では不動産投資セミナーの種類などを確認した上で、不動産投資セミナーに参加する際にチェックしておきたいポイントについてご紹介します。

投資・マネーコラム

ベトナムで不動産投資、メリット・デメリットは?投資を始める手順や注意点も

海外不動産投資を検討している方の中には、投資先の国としてベトナムに注目している方も少なくないのではないでしょうか。ベトナム不動産投資の魅力は、経済成長と人口増加に伴う将来性です。この記事では、ベトナム不動産投資のメリット・デメリットや投資を始める手順について解説します。

投資・マネーコラム

中古物件をより高く売却するには?売却の手順とポイント6つ

中古物件を希望価格で売却することは簡単ではありません。出来るだけ高く売却するためには、物件査定を依頼する不動産会社の選び方や事前の準備が重要になります。そこでこの記事では、できるだけ高く物件を売却した方向けに、中古物件売却の流れとチェックしておきたいポイントについて解説します。

マンション投資

不動産投資での資産形成、初心者がまず見るべきポイントは?

不動産投資において、投資用不動産の取得にかかる費用の地域差は大きく、それは利回りにも影響を及ぼします。そのため、不動産の取得費用が高く利回りが低い都心よりも、費用が安い郊外の物件の方が良いと考える方も多いと思いますが、本当にそれで良いのでしょうか?今回は不動産投資で資産を形成するために必要な考え方について解説します。

投資・マネーコラム

再建築不可物件って買っても良いの?投資する際に注意すべきポイントとは

周辺物件と比較してなぜか価格が安い物件を見かけた方もいるのではないでしょうか?物件情報を詳しく見ると「再建築不可」と書かれていて、そのような物件に投資しても問題がないのかと気になっている方もいるかと思います。そこで今回は、再建築不可物件に投資しても問題がないのか、また投資する際に注意すべきポイントについて解説します。

マンション投資

中古不動産投資のよくある失敗例5選と、そこから学ぶべき対策とは

中古不動産投資は、新築不動産への投資よりも投資額を抑えられるだけでなく、入居者がいる状態で運用を始められる可能性も高いため、運用リスクを低く抑えることが期待できます。一方、万が一の失敗に備えて対策を練っておくことが重要です。そこで今回は、中古不動産投資のよくある失敗例5選と、そこから学ぶべき対策について解説します。

マンション投資

自己資金をおさえて不動産投資を始めるには?物件選びや注意点を解説

不動産投資は入居者が付けば安定した家賃収入が期待できるほか、条件を満たしていれば自己資金をおさえて銀行の融資を受けながら運用できるメリットがあります。今回は、自己資金をおさえた不動産投資を始めるための物件選びと価格帯、注意点について解説します。

投資・マネーコラム

築年の古い投資用不動産を売却する際に注意すべきポイント5つ

いつ物件を売却するかは投資の成否を左右する重要な問題です。特に築年数が経った古い物件の場合は、売却できるかどうかを心配する方もいるでしょう。しかし、首都圏では築30年以上の中古マンション取引は増加傾向にある状況です。この記事では、築年の古い投資用物件の売却で注意したいポイントについてご紹介します。

投資・マネーコラム

築古の自宅をお得に売却できる方法と注意すべきポイント5つ

近年、古い住宅の売却が注目されています。相続した空き家の維持管理に困っている方や、長年住んだ自宅を処分してマンションや介護施設に移り住むことを検討している方が増えています。そこでこの記事では、古くなった自宅を売却する際に、高く売るために必要なポイントと注意したいポイントについて詳しく解説していきます。

投資・マネーコラム

不動産投資戦略から物件選びまで。サラリーマンのための不動産投資ガイド

不動産投資は毎月の家賃収入が給与以外の安定した副収入源となり、老後に向けた大きな資産を形成していくことができるため、関心を寄せている会社員の方が増えています。ただ、日本は人口減少のフェーズに入っていますので、今後の賃貸需要をしっかり見極めてないと長期的に安定した家賃収入を得ることや資産形成をしていくことは難しい状況となってきています。

投資・マネーコラム

これからの投資用不動産を見極めるための「5つのキーワード」とは?

不動産投資はシミュレーション通りに運用できれば、他の投資と比べて安定した投資となります。しかし、その一方で不動産投資には空室や突発的な修繕費用、金利上昇などのリスクもあります。そのようなリスクと向かい合いながらシミュレーション通りに運用するには、物件の見極めがひとつのカギになってきます。