TAG 不動産投資

COZUCHI「湯島事業用地 フェーズ1」国内不動産投資

不動産投資型CF「COZUCHI」で湯島事業用地フェーズ1公開。想定利回り年6%、特別優先募集あり

LAETORI株式会社は不動産投資型クラウドファンディング(CF)サービス[COZUCHI(コヅチ)]で7月25日、新規案件「「湯島事業用地 フェーズ1」の情報を公開した。東京メトロ千代田線「湯島駅」に直結した土地と建物の所有権が投資対象。

国内不動産投資

LAETOLI、不動産投資型CF「COZUCHI」銀座EXITファンドⅠ・Ⅱ償還完了。「中銀カプセルタワービル保存プロジェクト」でNFT活用

LAETOLI株式会社は7月21日、東京都中央区銀座の「中銀カプセルタワービル」をファンド化した不動産投資型クラウドファンディング(CF)サービス「COZUCHI(コヅチ)」の「銀座EXITファンドⅠ・Ⅱ」の配当と償還が完了したと発表した。運用期間短縮により当初想定の年利回り10%を上回る実績利回りとなった。

海外不動産投資

海外不動産CF「TECROWD」33号ファンドはカザフスタンの物件・想定利回り年11%、7/28募集開始

TECRA株式会社は7月8日、不動産投資型クラウドファンディング(CF)サービス「TECROWD(テクラウド)」で、「TECROWD32号ファンド障がい者向けグループホーム『AMANEKU平塚徳延』」の情報を公開した。障害者向けグループホームを投資対象とする賃料収入を原資として配当を行うインカムゲイン型のファンド。

property+(プロパティプラス)の利回りは?他の不動産CFと比較

不動産投資型クラウドファンディングは、プラットフォームによって運用方針や物件タイプ、利回りなどの投資条件が大きく変わってきます。property+の利回りがどれくらいなのかということは、投資する方にとって気になるポイントではないでしょうか。そこで今回はproperty+の利回りについて他の不動産投資型クラウドファンディングサービスと比較しながら紹介しますので、参考にしてください。

マンション投資

将来の資産形成に役立つ「資産三分法」の配分比率は?株・不動産の選び方も

効率性とリスクのバランスが取れた資産形成の方法として「資産三分法」があります。これは現金・株式・不動産に分散投資することで、長期で健全な資産形成をおこなう方法です。この記事では資産三分法の基本的な考え方や、資産配分の決め方、そして実践する場合の投資方法や銘柄の選び方について紹介します。

投資・マネーコラム

事故物件を高く売却するポイントは?売却の流れや告知義務も解説

賃貸用物件を運営していると、入居者が死亡するといった事態がない訳ではありません。このような物件は事故物件と言われ、売却するのが難しくなるのが通常です。しかし高く売却するポイントもあります。そこで今回のコラムでは、事故物件を高く売却するポイントを紹介し、売却する際の流れや告知義務などの注意点についても解説します。

国内不動産投資

プロパティエージェント「Rimple’s Selection#41」7/22募集開始。文京区の区分マンション投資対象に予定利回り年利2.8%

プロパティエージェント株式会社は、1万円から出資できる不動産投資型クラウドファンディング(CF)サービス「Rimple(リンプル)」で第41回ファンド「Rimple’s Selection#41」の募集を7月22日午後6時から開始する。

マンション投資

中古マンション投資の利回りは?東京・大阪・名古屋など主要エリアを徹底比較

マンション投資を検討する上で、利回りはどのくらいの収入が得られるのか推測できる重要な要素の一つです。そこで今回のコラムでは、中古マンション投資におけるエリアごとの利回りを比較します。東京、大阪、名古屋の3大都市に加えて、不動産投資の候補となりやすい全国の都市についても取り上げます。

マンション投資

不動産投資と相性の良い資産形成の方法は?効率的な手法やリスク分散のコツも

資産形成では、一つの資産に集中させるよりも、さまざまな資産に分散させたほうが、リスクを抑制したり、効率的に資産形成を進められたりします。これは不動産投資においても例外ではありません。不動産だけに集中投資するのではなく、株式など他の資産との組み合わせを検討してみましょう。この記事では不動産投資と相性の良い資産について、投資家のスタンス別に紹介します。自分の投資スタンスと近い資産の組み合わせを参考にしてください。

マンション投資

プロパティエージェントの評判は?良い口コミ・悪い口コミや注意点も

プロパティエージェントは東京エリアを中心に成長を続けている東証プライム上場企業の不動産投資会社です。この記事では、プロパティエージェントの評判やメリット・デメリットについて詳しく解説します。不動産会社選びの参考にお役立てください。

投資・マネーコラム

上場している不動産投資会社7社の実績・評判は?

「どの不動産投資会社に相談するのが良いだろうか?」とお悩みの投資初心者の方は多いかと思います。数ある不動産投資会社の中で、全てを比較検討することは難しいですが、基本的には以下のようなポイントを満たす企業をお探しのケースがほとんどかと思います。

投資・マネーコラム

どこがおすすめ?初心者に人気の不動産投資セミナー7選

不動産投資はネットや本から情報を仕入れることも大切ですが、視野を広げてプロの経営手法を学ぶにはセミナーに参加するのが最も効果的です。ここでは、不動産投資セミナーに参加するメリットや選び方、そしておすすめできるセミナーを厳選して紹介いたします。「不動産投資を始めたいけど何から始めればいいかわからない」という方は是非参考にしてみてください。

マンション投資

【投資初心者向け】0から学べる不動産投資セミナー7選

不動産投資を検討する際、情報収集はとても重要です。しかし、不動産投資の初心者がネットや書籍だけで情報を集めるには限界があります。そこでオススメなのが不動産投資セミナーの受講です。セミナーでは不動産投資やマンション投資に関する基本的知識からプロの視点による物件の選び方までを効率的に学ぶことができます。

マンション投資

ワンルームマンション投資のメリット・デメリットは?リスクや注意点も

今回はこれから不動産投資を始めようと考えている方のために、ワンルームマンション投資のメリットとデメリット、リスクを紹介します。ワンルームマンション投資にはどのような魅力があり、何に気をつければ良いのか。不動産投資初心者の方にも分かりやすく説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

マンション投資

インボイス制度が不動産投資に与える3つの影響とは?対策も解説

令和5年10月1日から消費税の課税において、インボイス制度が導入されます。居住用不動産の賃貸経営では、現行の税制度において消費税が非課税であり、原則的にはインボイス制度導入の影響を受けません。本記事では、インボイス制度と消費税の仕組みを簡単に説明した上で、インボイス制度が不動産投資に与える影響とその対応策について解説していきます。

マンション投資

利回り10%を超える中古マンションの5つのリスクとは?それぞれ対策も

利回りの差がキャッシュフローに与える影響は大きいため、不動産投資家であれば少しでも高い利回りのマンションに投資したいと考える方も多いのではないでしょうか。本記事では、中古マンションの利回りの意味と相場、10%を超える利回りの中古マンションのリスクとその対応策について解説していきます。

投資・マネーコラム

クリアル株式会社の上場後の決算内容は?2022年3月期決算を検証して解説

2022年4月に東証グロース市場に上場したクリアル株式会社は、不動産投資型クラウドファンディングサイト「CREAL」やプロ投資家向け不動産ファンド「CREALPro」を中心とした事業を展開している不動産会社です。そのクリアル株式会社が、2022年5月に2022年3月期の決算短信を発表しました。本記事では、 クリアル株式会社の2022年3月期の決算内容について解説し、検証していきます。