TAG ヘッジファンド

投資信託コラム

人気のアクティブファンドは?販売金額上位10本の成績を比較【2022年5月】

アクティブファンドは、相場が上昇トレンドを描いている時に、インデックスファンドを上回る運用成績を出すことがあります。一方で、長期視点で見るとインデックスファンドと比べて運用成績が思わしくないファンドもあります。

長期の資産形成には、インデックスファンドとアクティブファンドどちらがいいのでしょうか。当記事では、販売金額が高いアクティブファンド10本を紹介しています。また、インデックスファンドとアクティブファンドの比較や、選び方も解説します。アクティブファンドについて、詳しく知りたい方や運用先を検討している方はご確認ください。

投資信託コラム

機関投資家の売買動向は?注目セクターについても解説【2022年5月】

2022年5月現在の株式市場は新型コロナウイルス感染拡大に加えて、米国中央銀行による金融緩和のテーパリング、ロシア・ウクライナ間における紛争、それに伴うインフレーション懸念などがあり、ボラティリティが大きい展開です。今回は日本の代表的な機関投資家が、ボラティリティが大きい局面でどのように動き、株式市場に影響を与えてきたのかを解説します。また環境下において注目すべきセクターも説明します。

FXコラム

12月のマーケットの注意点は?各国の特徴と1月へ向けての流れをトレーダーが解説

毎年12月から1月にかけての年末年始は、FXトレードにおいても注意が必要な時期となります。この時期は欧米を中心に世界的なホリデーシーズンとなり、普段の相場とは違った動きを見せることがあるため、この期間に取引をするトレーダーはいつも以上に注意をしてトレードが必要です。そこでこの記事では、FX市場における12月の特徴と注意点に関して解説したいと思います。

仮想通貨コラム

ヘッジファンドの投資戦略はどのようなものか【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

今回はヘッジファンドの投資戦略について解説したいと思います。1兆円を超える巨額の資金に、10~15倍のレバレッジをかけて運用するヘッジファンドは、様々な金融市場において見過ごすことのできない存在です。彼らの戦略を知ることは個人のトレーダーとしてもトレード戦略の参考になると思います。

仮想通貨

【bitFlyer公式見解】ビットコインは180万円超え、時価総額では過去最高額の更新が近づく

ビットコイン価格が本日深夜から180万円を超え、界隈ではビットコインの動向に注目が集まっている。暗号資産交換事業を執り行う株式会社bitFlyerでマーケットアナリストを兼任する金光 碧(トレジャリー部部長)氏は、こうし…

仮想通貨

【bitFlyer公式見解】ビットコイン、バブル崩壊後以来の高値に接近。その理由とは?

ビットコイン価格が140万円を超え、年初来高値を更新し続けバブル崩壊後以来の高値に接近している。暗号資産交換事業を執り行う株式会社bitFlyerでマーケットアナリストを兼任する金光 碧(トレジャリー部部長)氏は、こうしたビットコインの動きについて以下のように述べている。

投資信託コラム

オルタナティブ投資の種類は?各商品のメリット・デメリットも解説

日銀の金融緩和・マイナス金利政策により日本の債券市場から収益を生み出すことが難しくなり、日本の資産運用業界が変革を求められているなか、オルタナティブ投資が注目されはじめています。オルタナティブ投資は本来、保有資産の多様化ニーズから生まれたものですが、今回はその意味や種類をメリット・デメリットを交えつつ解説します。

その他企業

狂乱の「仮想通貨バブル」から目覚めた仮想通貨ファンド、その行方はいかに

仮想通貨ヘッジファンドやVCの分析を行うCrypto Fund Researchは1月23日、2018年が仮想通貨ファンドにとって驚くべき新たな年であったとレポートで公表した。2018年は仮想通貨の価格が最高値から80%以上も下落し、仮想通貨ファンドの閉鎖も同様に激しかった年であった。

仮想通貨

SECの仮想通貨関連プロジェクト調査、TechCrunch創立者の仮想通貨ファンドも対象に

米証券取引委員会(以下SEC)による仮想通貨関連プロジェクトの調査が活発化する中で、TechCrunchの創設者であるマイケル・アーリントン(Michael Arrington)氏が所有する100万ドルの仮想通貨ファンドが召喚状を受け取った。CNBCが3月2日付で報じている。

仮想通貨

ゴールドマンサックス、ビットコインなどの仮想通貨はリアルマネーとして通用しうると指摘

米金融グループのゴールドマンサックスは11日、ビットコインをはじめとした仮想通貨はすでに自国通貨が安定した米国で効果を発揮するかはわからないとしたうえで、発展途上国ではリアルマネーのひとつのかたちとして成功する可能性があると述べた。