日本初、フィスコグループが仮想通貨ヘッジファンドの運用を開始

投資支援サービスを企業向けに提供する株式会社フィスコのグループ企業であるフィスコデジタルアセットが、今月中に日本初となる仮想通貨投資ヘッジファンド「FISCO Crypto Currency Fund」を立ち上げることがわかった。

日本経済新聞の報道には「同社は自己資金のほか、フィンテック関連の上場企業2社からも資金を調達し、ビットコインなどの仮想通貨に投資するようだ。総額約3億円強を調達し、ファンドを設立する。」とあるが、実際の運用規模は、総額約10億円を目指す予定だ。

ファンド設立にあたって、既存金融市場の投資のノウハウを活用すると同時に、同ファンドと自己勘定投資を手掛けるグループ会社との間にはファイアーウォールを設け、不公正取引の発生を未然に防止することで、同ファンドおよび仮想通貨取引所の投資家保護を図る。また、流動性の大きい仮想通貨取引市場にも混乱が生じないような仕組みを検討しているとのことだ。

フィスコグループは、今年はファンド事業を積極的に展開することを目指している。日本初の仮想通貨ファンドは、金融業界にどのようなインパクトをもたらすのか。今後に期待したい。

【参照サイト】フィスコ、日本初の仮想通貨ファンド設立へ
【参照サイト】フィスコデジタルアセットグループで仮想通貨ヘッジファンドを立ち上げへ~既存金融のノウハウを活用してトークンファイナンス確立を目指す~

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」