TAG ビットフライヤー

暗号資産取引所の使い方

仮想通貨取引所bitFlyerがシンガポールのBOBG社と提携した目的とは

22年10月21日、国内の大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の運営などを手がける株式会社bitflyer holdingsは、シンガポールを拠点とするBOBG PTE. LTD.と業務提携契約を締結したことを明らかにしました。今回は、bitFlyerがBOBGと提携した目的について、提携の概要などを踏まえながら詳しく解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

bitFlyerに上場したポリゴン(MATIC)のアップデートについて解説

22年8月2日、国内最大級の仮想通貨取引所である「bitFlyer(ビットフライヤー)」は、「アルトコイン販売所」サービスにおいて新たに「ポリゴン(MATIC)」の取り扱いをスタートすることを明らかにしました。今回は、bitFlyerで新たに取り扱われるポリゴン(MATIC)について、その概要や特徴、将来性などを解説していきます。

暗号資産取引所の使い方

【元トレーダーが解説】ビットフライヤーのレバレッジ取引で覚えておくべきSFD手数料制度とは?

bitFlyer Lightningには一定の条件下で発生する「SFD」という独自システムがあります。SFDの仕組みを理解せずにトレードをしていると、意外な所でコストが発生することに驚くことになるでしょう。
ここでは「bitFlyerのSFDの概要や、作成された意図や注意点について解説していきます。

暗号資産取引所の使い方

【仮想通貨初心者向け】ビットフライヤーで仮想通貨投資を始める方法:入金~ビットコイン購入編

ビットコイン(通貨単位:BTC)は、2021年1月時点に1BTCあたり300万円を超える価格となっていますが、0.1BTCや0.01BTCなどの小数点でも購入できることをご存じでしょうか?ここではパソコンからビットフライヤーでビットコインを購入する方法についてご説明します。

暗号資産取引所の使い方

【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】bitFlyer Lightningの使い方

国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタルから出資を受けているbitFlyerは資本力が大きいこともあり、ビットコイン取引では国内No.1の取引量を誇る取引所としての地位を維持しています。ここではbitFlyerが提供している「bitFlyer Lightning」を使った取引方法について、筆者の知見を交えながら解説していきます。

暗号資産取引所の使い方

仮想通貨の長期投資に向いている仮想通貨取引所は?おすすめ3社を紹介

仮想通貨(暗号資産)に興味はあっても、投資を始めようかどうか迷っている方も多いのではないでしょうか。仮想通貨は価格変動が大きい市場なので、短期投資か長期投資かによって投資の取り組み方を分けるのも一つの方法です。今回は長期投資にスポットを当て主な運用手段と、長期投資に便利な仮想通貨取引所を3社をご紹介します。

暗号資産取引所の使い方

仮想通貨の積立投資サービスを利用できる、仮想通貨取引所を徹底解説!

仮想通貨(暗号資産)取引所が増える中、積立投資サービスを提供する取引所も増えてきました。初めて仮想通貨投資をする場合、どこの取引所で口座開設するべきか迷ってしまうケースもあると思います。長期投資を考えるのであれば積立投資サービスがある企業を選択肢に入れておくと良いでしょう。ここでは、2022年2月時点で積立投資サービスを提供している仮想通貨取引所について詳しく解説していきます。

暗号資産取引所の使い方

暗号資産取引所ビットフライヤー「bitFlyerかんたん積立」について解説

昨年末にビットコインが史上最高額を更新したことで、暗号資産(仮想通貨)に関心を持ちながらも買い時を決めかねている方は多いかと思います。そのような状況では、積立投資を始めてみるのも一つの方法です。ここでは、ビットフライヤーが新しく提供を始めた暗号資産の積立購入サービス「bitFlyer かんたん積立」の内容について解説していきます。