TAG ビットフライヤー

仮想通貨コラム

アルトコイン投資におすすめの暗号資産取引所とは?現物取引・レバレッジ取引など各社サービスについて解説!

アルトコインに投資する前にはそれぞれの資産の特性やリスクを低減する投資方法などを知っておくことがおすすめです。ここでは暗号資産投資の注意点や、アルトコインの取り扱いのある暗号資産取引所について比較します。

仮想通貨コラム

国内大手コインチェック・GMOコイン・DMM Bitcoinを徹底比較!暗号資産の上位銘柄ビットコインとイーサリアムに投資可能な暗号資産取引所

コインチェックがユーザー向けに2020年8月に行ったアンケート調査によると、株や投資信託、NISAなどを行っている投資家の間で、資産ポートフォリオの中に暗号資産を加える方が増えてきています。ここでは暗号資産市場で時価総額が大きいビットコインとイーサリアムについてご紹介します。

仮想通貨コラム

【ビットコイン投資初心者向け】知っておきたい「販売所」と「取引所」の違いについて解説

ビットコインを購入しようと考えて暗号資産取引所を見てみると、「取引所」と「販売所」の2種類あることに気づいて「どちらを利用した方が良いのだろう」と感じた方も多いのではないでしょうか。ここでは、販売所と取引所の仕組みの違いや、メリットやデメリットについて詳しく解説します。それぞれの利点を生かして、どのように利用するのが良いか、検討材料にしてください。

仮想通貨コラム

スマホで始めるビットコイン投資。コインチェックとbitFlyerの暗号資産取引アプリを徹底比較

暗号資産アプリでできる事には、日本円の入出金操作や暗号資産の送信、取引所サービスの管理など多岐に渡ります。アプリ上で口座開設も可能なので、誰でもスマホひとつで手軽に暗号資産投資を始められる様になっています。

仮想通貨コラム

【暗号資産投資初心者向け】ビットコインが「デジタルゴールド」と呼ばれる理由とは?

ビットコインには発行総量に上限があり、希少性が高く反インフレの特性があるため、「デジタルゴールド」とも呼ばれています。そこでここではビットコイン投資を検討している方向けに、ビットコインが「デジタルゴールド」と呼ばれる理由について詳しく解説していきます。

仮想通貨コラム

【ビットコイン初心者向け】今日から始められる3つの暗号資産投資法をご紹介

暗号資産取引所の中には、買い物などで貯まったポイントを使って投資ができる「ポイント投資」や、積立投資を提供する企業も出てきており、躊躇してきた人にとってビットコイン投資は始めやすくなってきています。ここでは、投資初心者が少しずつ始められるビットコイン投資方法についてご紹介します。

仮想通貨コラム

ビットコイン投資初心者必見!暗号資産取引所選びの3つのポイント

暗号資産(仮想通貨)の取引をするには暗号資産取引所で口座を開設する必要があります。しかし日本国内だけでも多くの取引所があるので、「どこがいいのか」、「何を基準に選べばいいのか分からない」といった方も多いと思います。取引所によって取引方法や取り扱い銘柄が変わってくるため、まずは自分の目的にあった取引所選びを心がけましょう。

仮想通貨コラム

【元トレーダーが解説】暗号資産市場の下落トレンドで利益を出す方法

ビットコインの2020年を振り返ると、上昇トレンドでありながら短期的には大きな下落局面もありました。このような場面では、長期投資家は価格の回復をひたすら待つしかありません。しかし、暗号資産FXや先物であれば、こうした下落局面でも利益を狙うことが出来ます。それでは、実際に下落局面ではトレーダーはどのような戦略を立て、どのように動いていくのでしょうか。

仮想通貨コラム

保有中のビットコインが急落したら?含み損を抱えた時の対策と暗号資産投資の心構えとは

2020年3月12日にビットコインは83万円から52万円まで急落しましたが、このような時に慌てて売却したり、積立をストップしてしまったりすると、買い戻しのタイミングがつかみにくくなるものです。そういった際に冷静な判断ができるように、心構えや対策についてご紹介します。

仮想通貨コラム

【eKYC対応】最短即日でビットコイン取引が可能な暗号資産取引所のスマホアプリを紹介

これから暗号資産取引所の口座を開設するならeKYCを導入している企業が便利です。eKYCはスマホアプリだけで本人確認ができ、最短即日でビットコイン取引を開始できます。ここではeKYC導入済みの暗号資産取引所をご紹介します。

仮想通貨コラム

【暗号資産ビギナー向け】販売所と取引所を併設しているプラットフォームで投資をスタートしよう

初心者の中には、暗号資産取引所に口座開設をして「さあ、ビットコイン(やXRP、イーサリアム)を買おう」という段階で、取引所と販売所があることに気づき、どちらで買えばいいのか迷う人は多いと思います。ここでは、「取引所」と「販売所」についてそれぞれメリット・デメリットを解説します。また、2つの売買方法を備えている暗号資産取引所をご紹介するので、プラットフォーム選びの参考にしてください。

仮想通貨コラム

【ビットコイン投資初心者向け】目標金額50万円を設定して積立投資をスタートしてみよう

暗号資産取引所GMOコインが2020年4月に行ったユーザーアンケートでは、1578名の回答者の約半数48%が資産運用額を50万円未満に留めていました。経験者でさえ暗号資産の投資予算を50万円に留めているのであれば、初心者はより少額からスタートした方が賢明かもしれません。まずはコツコツ積み立て投資を行い、資産運用額50万円を目指してみましょう。

仮想通貨コラム

資金ゼロで始める暗号資産投資、初心者におすすめのビットコイン付与サービスや機能とは?

暗号資産(仮想通貨)投資に関心があっても、きっかけがつかめず、実際に暗号資産取引所にお金を振り込むまで一歩を踏み出せない人は少ないと思います。ビットコインをはじめとする暗号資産は値動きが激しいので、投資資金が目減りしてしまう事態を懸念する方もいるでしょう。ここでは自己資金ゼロでも始められる初心者におすすめの暗号資産取引所の各社サービスや機能について詳しくご紹介します。

仮想通貨コラム

暗号資産のレバレッジ取引におすすめの暗号資産取引所3社をご紹介

国内の暗号資産(仮想通貨)市場に関する規制環境が整備される中、「レバレッジ取引における上限倍率」について、これまで段階的に引き下げられてきました。それでも、国内の暗号資産市場ではレバレッジ取引が依然として圧倒的なシェアを占めており、今後も人気は継続しそうです。ここでは現時点で最大レバレッジ4倍で暗号資産を取引できる、暗号資産取引所を3社ご紹介します。

仮想通貨コラム

CoincheckとbitFlyerはどっちがおすすめ?機能や手数料、評判を徹底比較!

bitFlyerとCoincheckはどちらも日本国内の大手仮想通貨取引所です。どちらも多様な仮想通貨を取り扱っており、販売所と取引所の両方を提供しているので、初心者にとって利用しやすいと評価されています。どっちがおすすめなのか、機能や手数料、取扱通貨など客観的な情報に基づいて分かりやすく解説していきます。

少額投資に適したおすすめの仮想通貨取引所・販売所5選

仮想通貨市場では、株式市場のいわゆる「単元株」のような1株、100株、1,000株といった売買単位は基本的にありません。仮想通貨取引所によって設定している最小注文単位は異なりますが、ビットコイン0.001枚(5月初旬時点で約1,000円)、あるいは日本円で500円から、投資できます。

仮想通貨コラム

2,100万BTCしかないビットコインをコツコツ集めておこう。ビットコイン投資におすすめの暗号資産取引所3選

ビットコインの発行量は、上限が2,100万BTCに設定されていることはご存じでしょうか?既に約1,850万BTCが採掘されており、マイニング報酬としての新規発行量も4年に1度半減していくので、益々希少性が高まっています。少性にフォーカスしてみたいと思います。