TAG ビットフライヤー

仮想通貨コラム

世界最大の仮想通貨インデックスファンドを参考に、仮想通貨の分散投資・ポートフォリオを考察

、アルトコインは銘柄が多く、価格変動リスクも大きいため、慣れている投資家にとっても簡単ではありません。ここでは暗号資産の分散投資の銘柄の選び方について、海外の暗号資産インデックスファンドを参考とした考え方をご紹介したいと思います。

仮想通貨コラム

コインチェック・ビットフライヤー・GMOコインの手数料、機能、取扱銘柄を徹底比較!

コインチェック、ビットフライヤー、GMOコインは数年間の運営実績を有し、既に一定のユーザーに支持されている暗号資産(仮想通貨)取引所です。取引サービスや取り扱い銘柄の豊富さ、割安な手数料体系などにそれぞれの強みがあり、初心者から上級者まで幅広く利用されています。ここではコインチェック、ビットフライヤー、GMOコインについて詳しく解説していきます。

仮想通貨コラム

「ビットコインをいつ購入したら良いかわからない」方へ。積立投資の特徴とおすすめのサービスをご紹介

昨年末にビットコインが史上最高額を更新したことで、暗号資産(仮想通貨)に関心を持ちながらも買い時を決めかねている方は多いかと思います。そのような状況では、積立投資を始めてみるのも一つの方法です。積立投資は購入のタイミングを分散させることで価格変動リスクを軽減できるので、投資経験の少ない方でも取組みやすいサービスです。この記事では、積立投資の特徴やメリット、失敗例と対策方法について詳しく解説します。

仮想通貨コラム

スマホで暗号資産を購入するなら。コインチェックとビットフライヤーの暗号資産取引アプリを徹底比較

暗号資産アプリでできる事には、日本円の入出金操作や暗号資産の送信、取引所サービスの管理など多岐に渡ります。アプリ上で口座開設も可能なので、誰でもスマホひとつで手軽に暗号資産投資を始められる様になっています。

仮想通貨コラム

【暗号資産初心者向け】 アルトコイン投資のポイントと注意点とは?

ビットコイン価格が過去最高値を越えて上昇する中、ビットコイン以外の暗号資産「アルトコイン」も高いパフォーマンスを見せています。一部の投資家はより高いリターンを求めて、アルトコインを物色しているともみられています。ここではアルトコインを多く取り扱っている暗号資産取引所について解説します。

仮想通貨コラム

暗号資産の少額投資のメリット・デメリット、おすすめの取引サービスを紹介

投資と聞くと「まとまった資金が必要」という印象があるかもしれません。しかし、暗号資産投資(仮想通貨)の場合、ビットコインが1BTCあたり400万円であっても、1,000円などの細かい数量から購入することができます。今回は少額投資ができる暗号資産取引サービスとそれぞれのメリット・デメリットについて解説します。

少額投資に適したおすすめの仮想通貨取引所・販売所5選

仮想通貨市場では、株式市場のいわゆる「単元株」のような1株、100株、1,000株といった売買単位は基本的にありません。仮想通貨取引所によって設定している最小注文単位は異なりますが、ビットコイン0.001枚(5月初旬時点で約1,000円)、あるいは日本円で500円から、投資できます。

仮想通貨コラム

スキマ時間でビットコイン投資をするなら、おすすめの暗号資産取引所を紹介

最近はスマートフォンで投資ができる便利なサービスが整っており、仕事をしていても、スキマ時間を利用して資産運用に取り組めるようになっています。そこで、この記事ではスキマ時間で暗号資産投資をするのにおすすめの取引サービスをご紹介しますので、興味のある方は参考にしてみてください。

仮想通貨コラム

【2021年2月キャンペーン情報】暗号資産への投資をお得にするなら!現在キャンペーンが行われている暗号資産取引所まとめ

今回の記事では、暗号資産取引所が行うキャンペーンに着目して、暗号資産取引をお得に行うという観点で暗号資産取引所をご紹介していきます。各社が行うキャンペーンには、新規登録者を対象にしているものだけでなく、既存ユーザー対象などぞれぞれ独自のキャンペーンを提供しています。これから暗号資産取引所に口座開設する方は予めチェックしておきましょう。

その他企業

投資と暗号資産に関する日米アンケート調査結果。日本は投資に慎重な一方、米国は暗号資産に期待感高まる

ビットコイン取引量5年連続国内No.1(Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2016年-2020年の年間出来高、差金決済・先物取引を含む)の暗号資産取引所を運営する株式会社bitFlyerは2月4日、2021年1月5日から2021年1月11日の間に「投資と暗号資産に関する日米アンケート調査」の結果を報告している。

仮想通貨コラム

【暗号資産取引所の元トレーダーが解説】デイトレードで大事なこと

ビットコインが2万ドルを超えた昨年12月以降、1,000ドル(10万円強)を越える値幅が当たり前のように出ています。これだけ値幅が大きくなると、大きく勝負に出るトレーダーもいるようで、中には夜中まで張り付いているトレーダーも見受けられます。ここでは、暗号資産のデイトレード
のメリット・デメリット、おさえておくべきポイントについて解説したいと思います。

仮想通貨

ビットフライヤー、12 月の預かり資産が2,892億円を突破し過去最大を記録

ビットコイン取引量5年連続国内No.1(Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2016年-2020年の年間出来高、差金決済・先物取引を含む)の暗号資産取引所を運営する株式会社bitFlyerは1月28日、2020年12月時点で預かり資産2,892億円(法定通貨および暗号資産の法定通貨評価額の合計)を突破し、過去最大を記録したことを発表した。

仮想通貨コラム

暗号資産取引所の「販売所と取引所」、両方使える便利なサービス会社を特集

「取引所」と「販売所」はどちらも暗号資産を購入できる点は共通していますが、手数料や利便性などに違いがあります。よくわからず販売所を使ってみて、あとから「取引所を使っていればよかったな」と後悔することのないようにしておきたい所です。ここでは、「取引所」と「販売所」についてそれぞれメリット・デメリットを解説します。また、2つの売買方法を備えている暗号資産取引所をご紹介するので、サービス会社選びの参考にしてください。

仮想通貨コラム

暗号資産のレバレッジ取引とは?現物取引との違いやメリット・デメリットも

レバレッジ取引について「現物取引とは違って、何となく危険な取引なのでは」というマイナスのイメージだけが先行している方もいらっしゃるのではないでしょうか。レバレッジ取引は現物価格が値下がりする場面でのリスクヘッジにも使用することができます。今回は、レバレッジ取引の特徴やメリット・デメリットについて解説していこうと思います。

仮想通貨コラム

スマホアプリで選ぶ暗号資産取引所。最短即日で取引を開始できる4社を紹介

最近は多くの暗号資産(仮想通貨)取引所がスマホを使った本人確認(e-KYCなど)を導入しており、最短1日で口座開設が完了します。アカウント開設からトレーディングまでスマホ1台で利用できるので、スピーディに相場に参加できる様になっています。ここでは、スマホ1台で暗号資産投資をするのにおすすめの取引所をご紹介します。