暗号資産のポイント投資とは?リスクを抑えて投資生活をスタートできる暗号資産取引所

リスクを抑えて始められる暗号資産投資方法に「ポイント投資」があります。キャッシュレス決済が進み、共通ポイントの利用の選択肢が広がる中で、ポイント投資はポイントの新しい活用方法になっています。

ポイント投資に対応している暗号資産(仮想通貨)取引所や使えるポイントはまだまだ限られていますが、ポイント投資を試したい人に向けて、ポイント投資とはどういうものなのか、またメリット・デメリットはどんなところなのか、事前に知っておくべきことなどをまとめてみました。

目次

  1. ポイント投資とは?
  2. ポイント投資のメリット・デメリットとは?
    2-1.ポイント投資のメリット
    2-2.ポイント投資の注意点
  3. ポイント投資を始める前に知っておくべきこと
  4. ポイント投資が可能な暗号資産取引所
  5. まとめ

1.ポイント投資とは?

ポイント投資は、その名の通り共通ポイントを使って投資をすることです。Tポイントやショッピングサイトのキャッシュバック報酬などを使って投資することで、現金を使うことなく気軽な感覚で投資ができます。

今まで投資に対して高いハードルを感じていた人、または、やろうと思ってもなかなか投資に踏み切れなかった人にとって、心理的なハードルを下げてくれる投資手段です。

ポイント投資を行うには、対象のポイントを保有していることが必要ですが、ポイント投資をしようとする投資先の口座開設も必要です。

ポイントはそれぞれ様々な方法で貯めることができます。またポイント交換サイトを活用すれば様々なポイントが交換できるので、自分の貯めたいポイントを統一することもできます。ただし交換レートが悪い場合もあるので、損にならないよう交換前に注意が必要です。

2.ポイント投資のメリット・デメリットとは?

ポイント投資では、どのようなことに気を付けておくべきか、またメリット・デメリットについてまとめました。

2-1.ポイント投資のメリット

ポイント投資を行う大きなメリットは、「ポイントで投資ができる手軽さ」です。現金での投資がポイントに置き換わることで、投資のハードルが下がると感じる人や、お試し感覚でできる、という気持ちになる人もいるはずです。

また、ポイントは普段のお買い物などで自然と貯まるので、投資をするために貯金をしなければいけないと考えなくても、無理をせず貯めることができます。ただし、ポイント投資を行うにはまとまったポイント数を持っていることが望ましいので、自分にとって貯めやすいポイントなのかどうかということも大切です。

2-2.ポイント投資の注意点

ポイント投資をする目的で、無理にポイントを獲得しようと無駄遣いをしてしまうことは避ける必要があります。特に最近では様々なキャッシュレス決済の後押しもあって、ポイント還元率の高いキャンペーンなどもよく行われていますが、それにつられすぎては本末転倒です。

ポイントは無理して貯めるものではありません。もしまとまったポイント数を貯めることが難しいのなら、現金での投資を考えた方が良いでしょう。

3.ポイント投資を始める前に知っておくべきこと

暗号資産のポイント投資を実際に行うとなると、まずは暗号資産取引所の口座開設の手続きが必要になります。口座開設の手続きはインターネット上で完了でき、スマートフォン上で最短即日で完了することも可能です。

口座開設にあたっては、本人確認書類やマイナンバーのアップロード、簡易書留の受け取りなどが必要になるので、準備しておきましょう。その際、取引手数料など投資にかかる費用などもあらかじめ押さえておくと良いでしょう。

また、暗号資産投資で20万円以上の利益を上げた場合、基本的に確定申告の手続きが必要になります。暗号資産は時々、短期間で数倍に上昇するケースがあるので、そうした状況にならないとは言い切れません。ポイント投資であっても、どれだけの利益を上げているのか把握し、適切に対処するようにしましょう。

4. ポイント投資が可能な暗号資産取引所

ポイントで投資ができる暗号資産は、取引所によって違いがあります。以下で詳しくご紹介していきます。

マクロミルやマネックスポイントを利用できるコインチェック

Coincheckコインチェックは市場調査会社マクロミルと提携しており、アンケート協力報酬として付与されるマクロミルポイントを1ポイント=1円単位で3種類の暗号資産(ビットコイン、イーサリアム、XRP)に交換するサービスを提供しています。アンケートの内容は多種多様で、商品やサービスを評価するものや、自分の生活を記録して報告するものなどがあります。

ビットコイン初心者が利用しやすいポイント投資の始め方:暗号資産取引所コインチェックの活用法

コインチェックはまた、暗号資産への投資のきっかけを提供することを目的に、電気代の支払いでビットコインを取得する「Coincheckでんき」やマネックス証券の運営する「マネックスポイント」との連携も行っています。これらのサービスを活用することで、現金を使わずに暗号資産投資を始められます。

楽天スーパーポイントを使ってビットコインを取得できる楽天ウォレット

仮想通貨取引所・販売所の楽天ウォレット
楽天ウォレットでは、楽天市場や楽天カードで獲得した楽天スーパーポイントを最低100ポイント(1ポイント=1円相当)から、暗号資産に交換できるサービスを提供しています。スマホアプリからポイントを交換することが可能で、楽天ウォレットが扱っている3種類(ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ )全てに対応しています。楽天銀行口座を持っている方は楽天ウォレットの口座開設を最短即日で完了できるほか、楽天銀行口座から手数料無料で日本円をスムーズに送金できます。

5. まとめ

ポイント投資は、現金よりも心理的ハードルが低く、ポイントを貯めやすい方にとって便利な投資手法です。ただし気軽にできる投資だと言っても、ポイントはお金と同様の価値を持っています。その点を理解したうえでポイント投資を行いましょう。

暗号資産を実際に保有することで、実際にビットコインを送金したり、取引して見ることは良い経験となるでしょう。ブロックチェーン技術や他の銘柄、さらには市場の動向に興味を深めるきっかけになるかもしれません。ビットコインは誕生からわずか10年の新興市場です。本格的に将来性が見込めると確信した段階で、大切なお金を入金しても遅くないでしょう。

暗号試案取引所は無料で口座が開設でき、口座管理手数料もかかりません。各社の「ポイント投資」を使い分けるのもおすすめです。暗号資産投資に興味をお持ちの方は、入り口としてポイント投資を検討してみてください。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。