TAG bitFlyer

仮想通貨コラム

【暗号資産ビギナー向け】販売所と取引所を併設しているプラットフォームで投資をスタートしよう

初心者の中には、暗号資産取引所に口座開設をして「さあ、ビットコイン(やXRP、イーサリアム)を買おう」という段階で、取引所と販売所があることに気づき、どちらで買えばいいのか迷う人は多いと思います。ここでは、「取引所」と「販売所」についてそれぞれメリット・デメリットを解説します。また、2つの売買方法を備えている暗号資産取引所をご紹介するので、プラットフォーム選びの参考にしてください。

仮想通貨コラム

【ビットコイン投資初心者向け】目標金額50万円を設定して積立投資をスタートしてみよう

暗号資産取引所GMOコインが2020年4月に行ったユーザーアンケートでは、1578名の回答者の約半数48%が資産運用額を50万円未満に留めていました。経験者でさえ暗号資産の投資予算を50万円に留めているのであれば、初心者はより少額からスタートした方が賢明かもしれません。まずはコツコツ積み立て投資を行い、資産運用額50万円を目指してみましょう。

仮想通貨

20代で資産運用を行っている人が増加傾向に。テスティー「貯金・資産運用」に関する調査

チャットボットを活用した広告・ネットリサーチ事業を行う株式会社テスティーは10月19日、若年層を対象に調査した結果を発信する「TesTee Lab」で20代男女2029名(男性1000名、女性1029名)に実施した「貯金・資産運用に関する調査」の結果を公表した。

仮想通貨コラム

【元トレーダーが解説】SBI VCトレードがTAOTAOを買収するメリット

SBIホールディングスがZコーポレーション傘下で暗号資産取引所を運営するTAOTAOを買収しました。SBIグループは「SBI VCトレード」で暗号資産の取引サービスを展開していますが、TAOTAOの買収によってSBIの更なるサービス拡大が予想されます。ここではSBI VCトレードの現状とTAOTAO買収の思惑や今後考えられる影響について、考察したいと思います。

仮想通貨コラム

初心者にも便利な板を使った取引方法とは?暗号資産投資の2つの購入窓口を整理しておこう

暗号資産取引所には主に2wayプライス方式の「販売所」と、板を利用する「取引所」の両方を提供している所があります。株式市場の様な板を使った取引は、投資初心者にとってハードルが高い印象をお持ちかもしれませんが、基本的な注文方法を使えれば簡単に利用できます。ここでは、初心者におすすめの暗号資産取引所の板取引についてご紹介します。

仮想通貨コラム

資金ゼロで始める暗号資産投資、初心者におすすめのビットコイン付与サービスや機能とは?

暗号資産(仮想通貨)投資に関心があっても、きっかけがつかめず、実際に暗号資産取引所にお金を振り込むまで一歩を踏み出せない人は少ないと思います。ビットコインをはじめとする暗号資産は値動きが激しいので、投資資金が目減りしてしまう事態を懸念する方もいるでしょう。ここでは自己資金ゼロでも始められる初心者におすすめの暗号資産取引所の各社サービスや機能について詳しくご紹介します。

仮想通貨コラム

暗号資産のレバレッジ取引におすすめの暗号資産取引所3社をご紹介

国内の暗号資産(仮想通貨)市場に関する規制環境が整備される中、「レバレッジ取引における上限倍率」について、これまで段階的に引き下げられてきました。それでも、国内の暗号資産市場ではレバレッジ取引が依然として圧倒的なシェアを占めており、今後も人気は継続しそうです。ここでは現時点で最大レバレッジ4倍で暗号資産を取引できる、暗号資産取引所を3社ご紹介します。

仮想通貨コラム

アルトコインを豊富に取り扱っている取引所はどこ?アルトコイン投資におすすめの暗号資産取引所4選

仮想通貨(暗号資産)というと、ビットコインを思い浮かべる人は多いと思います。市場にはXRPやイーサリアムなどさまざまな種類が存在しており、それらは総じて「アルトコイン」と呼ばれています。仮想通貨取引所によって取扱いのあるアルトコインは異なり、各社サービスの差別化要因の一つとなっています。

仮想通貨コラム

CoincheckとbitFlyerはどっちがおすすめ?機能や手数料、評判を徹底比較!

bitFlyerとCoincheckはどちらも日本国内の大手仮想通貨取引所です。どちらも多様な仮想通貨を取り扱っており、販売所と取引所の両方を提供しているので、初心者にとって利用しやすいと評価されています。どっちがおすすめなのか、機能や手数料、取扱通貨など客観的な情報に基づいて分かりやすく解説していきます。

少額投資に適したおすすめの仮想通貨取引所・販売所5選

仮想通貨市場では、株式市場のいわゆる「単元株」のような1株、100株、1,000株といった売買単位は基本的にありません。仮想通貨取引所によって設定している最小注文単位は異なりますが、ビットコイン0.001枚(5月初旬時点で約1,000円)、あるいは日本円で500円から、投資できます。

仮想通貨コラム

【ビットコイン投資を検討している方向け】暗号資産取引所のビットコイン残高が減少している理由とは?

先日、ビットコインが1万ドル以上を維持した日数が、過去最長記録である62日間の節目を越えました。価格の安定は、ビットコインを手放す人が減少する一方で、中長期目線でビットコインを保有する人が増えてきた一つの証拠と考えられます。ここでは、現物ビットコインの保管状況について見てみましょう。

仮想通貨コラム

ビットコイン価格が下落しても利益を出せる「ショート(空売り)」とは?

レバレッジ取引は、買いから入るロングポジションと売りから入るショートポジション(空売り)があり、値上がり・値下がりの双方で利益を狙えます。ここでは暗号資産取引所bitFlyerでビットコインの空売りを行う方法について解説します。

仮想通貨コラム

2,100万BTCしかないビットコインをコツコツ集めておこう。ビットコイン投資におすすめの暗号資産取引所3選

ビットコインの発行量は、上限が2,100万BTCに設定されていることはご存じでしょうか?既に約1,850万BTCが採掘されており、マイニング報酬としての新規発行量も4年に1度半減していくので、益々希少性が高まっています。少性にフォーカスしてみたいと思います。

仮想通貨コラム

投資対象として注目されるビットコインを購入するなら。おすすめの暗号資産取引所3選

ビットコインは個人間での送金や、ショッピングなどの支払いに使用できると期待されてきました。しかし、昨今では「ストアオブバリュー(価値の保存)」として、ゴールドと同様の投資対象として存在感を高めつつあります。ここでは、ビットコインの押さえておくべき特徴や、投資をする際におすすめの暗号資産取引所について解説します。これから購入を考えている方はぜひ参考にしてください。

仮想通貨コラム

【利用者が急増】Tポイントを使ってビットコイン投資を始める方法:暗号資産取引所bitFlyerの使い方

暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerはTポイントをビットコインに交換できるサービスを提供しています。この記事ではbitFlyerとTポイントプログラム、そして実際にTポイントをビットコインに交換する方法について説明します。