TAG サラリーマン

ふるさと納税コラム

サラリーマンが使える6つの節税手段は?メリット・デメリットも

税金を抑える節税対策はサラリーマン(給与所得者)の方でも行える場合があります。税金の仕組みや活用できる控除制度について正しく知ることで、サラリーマンの方でも所得税・住民税を抑えることが可能です。そこでこの記事では、サラリーマンの方に課される税金の仕組み、節税方法、それぞれのメリット・デメリットを詳しくご紹介します。

国内不動産投資

不動産投資の湘建、日本マーケティングリサーチ機構調査で2部門No.1に

オンライン調査の日本マーケティングリサーチ機構は7月18日、不動産投資会社に関するインターネット調査で株式会社湘建が「友人・知人に安心して紹介できる不動産投資会社」「サラリーマン、公務員が推奨するセミナー」の2部門で第1位に選ばれたと発表した。

国内不動産投資

令和のサラリーマン不動産投資家の平均資産額は?年収は?MFSが2000人調査

不動産投資ローンのオンライン借り換えサービス「モゲチェック不動産投資」を提供する株式会社MFSは2月21日、自社サービスを利用する約2000名のサラリーマン投資家を中心とするユーザー分析を行い、結果を発表した。不動産の平均資産額は1億円、平均物件保有数2.2件、平均年収1064万円、平均年齢は43歳だった。

不動産投資のメリットとデメリット

不動産投資のメリットとデメリットは?他の投資手法との比較も

不動産投資は、他の投資と比べるとよくミドルリスク・ミドルリターンと言われます。不動産投資や他の投資の特徴をきちんと理解しておくことで、投資目的に応じて適切な投資手法を選択することができるようになります。ここでは、不動産投資のメリット・デメリットを整理して概観した上で、他の投資手法との特徴の比較もしてきたいと思います。

マンション投資

区分マンション投資、何戸まで買える?メリット・デメリットも解説

購入価格帯が比較的低いワンルームマンション。これから区分マンション投資を検討している方は、何戸まで物件を購入できるのでしょうか。本記事ではマンションの区分投資でのメリット・デメリット、注意点のほか、複数物件のシミュレーションを通した投資戦略をご紹介します。

マンション投資

【会社員・公務員向け】問題を起こさずに不動産投資を行うための3つのポイント

会社勤めのサラリーマンとして、または公務員として働いている方の中には、「不動産投資をしたい」と考えている方もいるかと思います。しかし、公務員は副業が禁止されている、また会社によっては就業規則で副業が禁止されています。そこで今回は、会社員や公務員が不動産投資を始める上で注意したいポイントについてご紹介します。

投資・マネーコラム

サラリーマンこそマンション経営すべき?成功するために把握すべき6つのこと

顧客の預金額改ざん問題など不動産業界の相次ぐトラブルに、「不動産投資はやっぱり怖い」という印象を持たれている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、マンション経営の本質を確認しながら、起こりうるリスクやその回避策、実践できる失敗しないためのノウハウについて説明していきます。

投資・マネーコラム

不動産投資戦略から物件選びまで。サラリーマンのための不動産投資ガイド

不動産投資は毎月の家賃収入が給与以外の安定した副収入源となり、老後に向けた大きな資産を形成していくことができるため、関心を寄せている会社員の方が増えています。ただ、日本は人口減少のフェーズに入っていますので、今後の賃貸需要をしっかり見極めてないと長期的に安定した家賃収入を得ることや資産形成をしていくことは難しい状況となってきています。

不動産投資家の大半が「融資厳しくなった」と回答。厳しい投資環境下でも融資を引くための5つのポイントマンション投資

不動産投資家の大半が「融資厳しくなった」。それでも融資を引くための5つのポイント

野村不動産アーバンネット株式会社が、不動産投資サイト「ノムコム・プロ」の会員に対して毎年行っている「不動産投資に関する意識調査(第10回)」の調査結果(実施:2018年5月22日~5月31日)では、52.8%が「変化を感じる」、その内87.7%が融資について「審査が厳しくなった」と回答しており、融資を受けるのが厳しくなったという見方が大幅に増加しています。

頭金(自己資金)500万円以上で始めたい方におすすめの不動産投資会社

不動産投資で500万円以上の自己資金を使うことができる場合、投資対象はワンルームマンションからアパート一棟や海外不動産まで選択肢が広がります。この記事では、自己資金500万円以上で不動産投資を始めてみたいという方向けに、アパート投資や海外不動産投資の会社をピックアップしてご紹介して行きたいと思います。

自己資金300万円以下の金額から始めたい方におすすめの不動産投資会社3選

頭金(自己資金)300万円以下で始めたい方におすすめの不動産投資会社5選

頭金100万円~300万円で投資できる主な物件は区分マンションとなります。一定の頭金を入れることで、フルローンよりも融資金利を引き下げることができる可能性があり、投資効率を高めることも可能です。この記事では、自己資金300万円以下で始める場合に最も効率よく投資できる不動産投資会社をピックアップしてご紹介します。

頭金(自己資金)100万円以下の少額から始められる不動産投資会社5選

頭金をおさえて不動産投資をしたいのであれば、融資がつきやすく価格も手頃な新築ワンルームマンションが有力な選択肢となります。この記事では、自己資金100万円以下でも始めることができる新築ワンルームマンションの不動産投資会社をピックアップしてご紹介して行きたいと思います。

【サラリーマン・OL向け】おすすめの不動産投資会社5選

不動産投資を検討しているサラリーマンやOLの方の中には、「自分でも不動産投資は始められるだろうか」「購入してからすぐに値下がりしないだろうか」「空室にならないだろうか」「きちんとローンを返済できるだろうか」などの不安を抱えている方のために、会社員の方におすすめの不動産投資会社をピックアップしてご紹介していきたいと思います。

投資・マネーコラム

初心者必見!本当に役立つ不動産投資セミナー10選

不動産投資はネットや本から情報を仕入れることも大切ですが、視野を広げてプロの経営手法を学ぶにはセミナーに参加するのが最も効果的です。ここでは、不動産投資セミナーに参加するメリットや選び方、そしておすすめできるセミナーを厳選して紹介いたします。「不動産投資を始めたいけど何から始めればいいかわからない」という方は是非参考にしてみてください。

投資・マネーコラム

50歳までに不動産投資で不労所得を作りたい人がやるべき5つのこと

50歳までに、不動産投資である程度の不労所得を得ることができれば、給与以外に安定した収入があることで精神的なゆとりが生まれ、本業の仕事にも落ち着いて取り組めるというメリットがあります。今回は、30代後半から10年以上不動産投資を行っている筆者が、50歳までに不動産投資で不老所得を作りたい人がやるべき5つのことについて解説します。