TAG クラウドファンディング投資

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディングの確定申告の手順・注意点は?かかる税金や必要書類も

ソーシャルレンディングの分配金は、所得税法上の取扱いは雑所得となります。普段は源泉徴収のみで確定申告をしたことが無い方でも、給与以外の所得が20万円以上になる場合、確定申告が必要です。本記事では、ソーシャルレンディングにかかる税金について、確定申告の手順や注意点、必要書類について詳しく解説していきます。

投資・マネーコラム

利回り不動産「19号ファンド(国立サニービル第2回)」のリスクは?キャンペーン内容も

「利回り不動産」は、株式会社ワイズホールディングスが運営する不動産投資型クラウドファンディングです。利回り不動産ではファンドの募集頻度も高く、様々な不動産案件が提供されています。そこで本記事では、利回り不動産のファンドはどんな特徴を持っているのか、また投資するときには、どんな点に注意すればよいのか、実際に募集されているファンドを見ながら解説してきます。

投資・マネーコラム

オーナーズブック(OwnersBook)のオフィス案件のメリット・デメリットは?レジデンスと比較

オーナーズブックでは多種多様な不動産案件を扱っていますが、中心として扱っているのではオフィスビルなどのオフィス案件、そしてマンションなどを扱うレジデンス案件です。本記事では、二つの案件のメリットとデメリット、特徴を比較して解説していきます。

ESG投資コラム

CREAL(クリアル)のファンドの選び方は?エリアや利回り、タイプ別に詳しく解説

CREALは2018年12月にサイト運営を開始し、2022年1月時点で約3年の運営歴を持つ投資型クラウドファンディングサービスです。募集金額の実績は累計110億円を超え、国内の不動産投資型クラウドファンディングサービスの中でも大きな運用規模となっています。今回は、CREALのファンド別の特徴を、エリアや利回り、ファンドのタイプ別に解説していきます。

投資・マネーコラム

2021年のクラウドファンディング投資の募集実績は?16社の金額や利回りを比較

2022年1月時点、多くのクラウドファンディングサービスが様々な事業者から提供されています。各サービスによって投資対象や募集規模・頻度も異なるため、どのサービスを利用するべきか悩む方も多いのではないでしょうか。今回は2021年における各クラウドファンディング投資サイトの案件数、募集金額、利回りの幅などのデータを集めてみました。投資先を選ぶ際には、ご参考ください。

投資・マネーコラム

2021年のソーシャルレンディングの貸し倒れ・分配遅延の事例は?内容と対策を検証

ソーシャルレンディングは、投資家から集めた資金を事業者に融資したときの金利による収入を投資家に分配する投資方法です。貸付先の事業者から資金を回収できない場合には貸倒れがおき、貸し倒れにならずとも、投資家への返済や分配が遅延するリスクがあります。2021年には、どれほどのソーシャルレンディング会社でソーシャルレンディング案件の貸し倒れや分配遅延が発生したのでしょうか。本記事では、その内容を公開情報から検証していきます。

投資・マネーコラム

COZUCHI(コヅチ)の再開発案件、高利回りの仕組みは?注意したいリスクも

不動産投資型クラウドファンディングのCOZUCHI(コヅチ)は、これまで数億円規模の大型案件や年利10%を超える高利回り案件を積極的に提供しています。投資家にとって、魅力的な案件を提供している不動産投資型クラウドファンディングサービスの一つと言えるでしょう。COZUCHIの再開発案件は、他社と比較して想定利回りも高く、投資家からの人気の高いファンドの一つです。しかし、投資である以上は元本を棄損してしまうリスクがあるため、リターンだけを単純に比較するのではなく、同時にリスクも意識しておくことが大切です。そこで今回はCOZUCHIの再開発案件の仕組みや、投資するときに注意しておくべきリスクをお伝えします。

投資・マネーコラム

FUELオンラインファンドの保育園ファンドの特徴は?メリット・デメリットも

FUEL株式会社が運営するソーシャルレンディングサービス「FUELオンラインファンド」では多様な企業への融資案件を取り扱っています。FUELオンラインファンドの案件のひとつに、保育園ファンドがあります。どういった特徴があり、投資家にとってどのようなメリットやデメリットがあるファンドなのか、本記事ではその内容について詳しく解説していきます。

ESG投資コラム

保育園ファンドを提供するクラウドファンディングサービスは?投資の注意点も

投資型クラウドファンディングの中には、案件の運用対象として保育園を扱っているものがいくつかあります。マンションやアパートなどの賃貸用不動産ではなく、保育園という公共性の高い物件を運用し収益を確保し、投資家に分配していく投資ファンドの案件です。今回は、保育園ファンドを扱っている投資型クラウドファンディングのサービスと、保育園ファンドに投資するときの注意点をお伝えしていきます。

投資・マネーコラム

クラウドファンディング投資で注意したい「手数料負け」とは?4つの対策も

クラウドファンディング投資の大きな特徴の一つに、少額資金で参加できるという点があります。1万円などの少額資金であっても、不動産や海外のプロジェクトなど、様々な案件に気軽に投資できるというのは、大きなメリットと言えるでしょう。しかし、少額資金でクラウドファンディング投資を行う際には「手数料負け」というデメリットに注意することが大切です。手数料負けに気づかず投資をしていると、トータルの収支がマイナスになってしまうことがあります。そこで今回はクラウドファンディング投資における手数料負けについて解説します。また、手数料負けを起こさないための対策についても紹介しますので、参考にしてください。

投資・マネーコラム

COZUCHI(コヅチ)で投資するプロジェクトの選び方は?5つポイント解説

COZUCHIは、LAETOLI株式会社が運営する不動産投資型クラウドファンディングで、投資家に積極的に1億円を超えるような大規模プロジェクトを多数提供しています。定期的に様々な案件を提供しているCOZUCHIで、投資するプロジェクトを選ぶときには、どのようなポイントを見ておけば良いのか悩む方も多いのではないでしょうか。本記事では、COZUCHIで投資するプロジェクトを選ぶ際に確認しておきたい比較ポイント5つを解説します。

投資・マネーコラム

海外不動産に投資できるクラウドファンディングサービスは?5社を比較

海外の不動産に投資するための方法の1つが、クラウドファンディングサービスの利用です。2021年11月時点、さまざまなクラウドファンディングサービスが提供されていますが、海外不動産や海外で不動産事業を行う企業を投資対象にした案件も増加してきています。今回は海外不動産に投資できるクラウドファンディングサービスを5つ紹介します。記事の最後には5つのサービスを比較していますので、投資を行う際の参考にしてください。

投資・マネーコラム

COZUCHI(コヅチ)の実績は?過去の募集ファンドから検証

COZUCHI(旧WARASHIBE)は住居用物件や事業用地など、さまざまな種類の不動産に投資できる不動産投資型クラウドファンディングサービスです。同サービスの利用を考えたとき、過去のファンドの実績がどうだったのか気になるのではないでしょうか?そこで今回はCOZUCHIで提供されたファンドから、COZUCHIに実績を検証してみたいと思います。不動産投資型クラウドファンディングを利用した投資を考えている方は参考にしてください。

投資・マネーコラム

クラウドファンディング投資「分別管理口座」の仕組みは?注意点も

クラウドファンディングでは、投資家が出資したお金を分別管理口座で管理します。クラウドファンディング投資は新しい投資手法であることからも、なぜ分別管理を行うのか、実際にどのような仕組みになっているのかを知り、事業者側で正しい資金運用が行われているかどうか確認することも大切なポイントです。そこで今回は、クラウドファンディング投資における分別管理口座の仕組みや注意点について紹介します。実際に投資を行う場合の参考にしてください。

投資・マネーコラム

COZUCHI(こづち)の利回りやリスクは?募集ファンドの実績を検証

COZUCHIは、LAETOLI株式会社が運営する不動産投資型クラウドファンディングです。サービスサイトの運営を2019年に開始し、2020年後半から募集規模を大きく伸ばしています。そのCOZUCHIがどういった案件を取り扱っているのか、その利回りやリスクなどを、過去の募集実績から分析してみました。

投資・マネーコラム

COZUCHI(コヅチ)で不動産投資、メリット・デメリットは?他社との比較も

COZUCHI(コヅチ、旧WARASHIBE)は厳選された不動産に手軽に投資できる不動産投資型クラウドファンディングサービスです。今回はCOZUCHIを利用した不動産投資のメリットやデメリットについて紹介します。また、他の不動産クラウドファンディングサービスとどのように違うのかも詳しく解説しているので、投資を検討している方は参考にしてください。

投資・マネーコラム

不動産投資型クラウドファンディングの法規制は?不特法について詳しく解説

不動産特定共同事業法(不特法)とは、不動産投資型クラウドファンディングや不動産小口化商品に影響する法律です。不特法は投資家保護を目的とした法律ですが、法改正により規制緩和が行われ、近年、不動産投資型クラウドファンディングのサービスを提供する事業者が増加したという背景もあります。本記事では、不動産特定共同事業法(不特法)の内容や制定された理由について解説します。

株式投資コラム

クラウドファンディング投資と株式投資の違いは?メリット・デメリットを比較

投資とは利益を得るために資金を投じることをいいます。少額資金でも投資できるサービスも増え、さまざまな投資方法がありますが、クラウドファンディング投資と株式投資の違いについて、よくわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、クラウドファンディング投資と株式投資に違いについてわかりやすく解説します。それぞれにメリット・デメリットがありますので、しっかり理解しておきましょう。

投資・マネーコラム

FUELオンラインファンドの「サ高住ファンド」の特徴は?利回りやリスクも

FUELオンラインファンドは、様々な企業と提携し、投資家に対してバラエティに富んだ案件を提供している特徴的なクラウドファンディングサービスです。UELオンラインファンドの案件の一つに、サービス付き高齢者向け住宅の運用資金を提供する案件いわゆる「サ高住ファンド」があります。本記事ではそのサ高住ファンドの特徴や投資家にとってのメリット、また投資前のリスクについてお伝えしていきます。

投資・マネーコラム

Funds(ファンズ)の分配利回りや実績は?募集ファンドから検証

Fundsは貸付先が上場企業中心という、他のソーシャルレンディングサービスにはない特徴を持っています。2019年1月のサービス開始以降、数多くの投資家から支持を受けており、2021年に入ってからは毎月10億円前後の募集を行うなど、好調な募集実績を維持しています。本記事ではFundsでソーシャルレンディング投資をする際に知っておきたい、分配利回りや運用実績についてご紹介していきます。