TAG クラウドファンディング投資

投資・マネーコラム

WARASHIBEの利回りやリスクは?募集ファンドの実績から検証

WARASHIBEは、株式会社SATASが運営する不動産投資型クラウドファンディングです。サービスサイトの運営を2019年に開始し、2020年後半から募集規模を大きく伸ばしています。そのWARASHIBEがどういった案件を取り扱っているのか、その利回りやリスクなどを、過去の募集実績から分析してみました。

投資・マネーコラム

不動産投資型CF、投資エリア別のおすすめサービスは?投資額や想定利回りも

不動産投資型クラウドファンディングは、サービスによってファンドを組成している物件エリアが異なります。今回は物件の投資エリア別に利用しやすいクラウドファンディングサービスを紹介します。今後の不動産投資型クラウドファンディングでの投資を検討する際の参考にしてみてください。

投資・マネーコラム

利回り不動産の評判・口コミは?メリット・デメリットや注意点も

不動産投資を始めたい方や資産運用を検討する方に向けて、さまざまな不動産クラウドファンディングサービスが提供されています。今回は、「利回り不動産」の評判・口コミとともに、利用するメリットやデメリットについて紹介します。サービス内容や投資物件が気になる方は、参考にしてください。

投資・マネーコラム

WARASHIBEの高利回り案件、メリット・デメリットは?他社との比較も

2021年7月現在、少額から不動産投資ができる不動産投資型クラウドファンディングサービスが増加しています。株式会社SATASが運営する「WARASHIBE」もその1つです。今回はWARASHIBEが提供する高利回り案件についてメリットとデメリット、他の不動産投資型クラウドファンディングと比較して考察していきます。

投資・マネーコラム

LENDEX、2020年12月期の決算の結果は?2021年の予測も

ソーシャルレンディングサイト「LENDEX(レンデックス)」を運営する株式会社LENDEXが2020年12月期の決算を発表しました。2019年12月期は5,200万円の赤字でしたが、2020年12月期の数字はどのように変化したのか、決算結果からLENDEXの状況を確認していきましょう。

投資・マネーコラム

不動産の小口投資、メリット・デメリットは?REITとの違いや主なサービスも

不動産への投資といえば、高額な資金を用意して物件のオーナーとなり、管理・運営をするイメージを持つ方も多いでしょう。今回は、不動産への小口投資のメリットやデメリットのほか、REITとの違い、小口投資ができるサービスなどについて紹介します。

投資・マネーコラム

クラウドファンディング投資の失敗事例は?リスクへの対策も

クラウドファンディング投資は少額から始められるということもあり、投資を始めている方も年々増加しています。一方で、少額といえども投資である以上、損失が発生したり、想定外のリスクが起こる可能性もあります。そこで、よく見られるクラウドファンディング投資の主な失敗例や、失敗を防ぐための対策を本記事ではご紹介します。

投資・マネーコラム

大家.comで投資できる収益不動産の特徴は?過去の募集実績を検証

大家.comは、2020年10月から運営を開始(案件募集開始は12月)した不動産投資型クラウドファンディングです。STOスキームなど新しい投資技術を導入した案件の提供を行っています。本記事では、大家.comで募集された過去の募集事例や、どのような種類の収益不動産に投資できるのかを検証してみました。

投資・マネーコラム

新興国に投資できるクラウドファンディングは?利回りやリスク、3社で比較

クラウドファンディング投資をするときには、様々な投資対象に資産を分散投資することで、リスク回避をしたり収益性を上げたりすることができます。そこで本記事では、クラウドファンディングを通した新興国投資の特徴や、新興国に実際に投資できるクラウドファンディングにはどのようなものがあるのかをご紹介します。

投資・マネーコラム

TSON FUNDINGの評判は?メリット・デメリットや始め方も

不動産型クラウドファンディングは、不動産に投資するためのまとまった資金や不動産を管理する手間が必要ありません。今回は不動産型クラウドファンディングサービスの1つである「TSON FUNDING」の特徴やメリット・デメリット、始め方などを紹介します。

投資・マネーコラム

融資型・不動産投資型クラウドファンディングの違いは?特徴や主なサービスも

投資型クラウドファンディングにはさまざまな種類があり、実際に投資をする場合は違いについて理解しておくことが重要です。そこで今回は、「融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)」と「不動産投資型クラウドファンディング」の特徴やメリット・デメリットについて紹介し、違いを比較します。

投資・マネーコラム

シニア・メザニンローンの違いは?ソーシャルレンディングでのリスク比較も

貸付金利を主な収益源とするソーシャルレンディング投資において、「シニアローン」や「メザニンローン」という二つのローン違いがあります。実際に投資・融資かどうかを判断するためには、これらの言葉の意味を正しく理解しておくことが重要となります。今回はシニアローンとメザニンローンの違いやソーシャルレンディングにおけるメリット・リスクについて解説します。

投資・マネーコラム

不動産投資型CFで募集案件数の多いサービスは?厳選4社を比較して紹介

不動産投資型クラウドファンディングは少額資金から不動産への投資が可能になる投資商品として、様々なサービスサイトが運営されています。そこで今回は、投資先を選ぶ基準の一つとして募集案件が多いサイトをピックアップしてみました。募集案件数が多いサービスを探していた方はご参考下さい。

国内不動産投資

大和財託、次世代不動産投資「みんなで資産運用」1棟新ファンド発売。業界初、元本払い戻しシステムを導入

資産運用コンサルティング事業を展開する大和財託株式会社は2月1日、次世代不動産投資「みんなで資産運用」で新しいファンドを発売した。京都市西京区の中古1棟リノベーション物件で、販売済みのファンドと同様、優先劣後方式の採用により同社が劣後出資することで元本の安全性を高める仕組みを採用。

投資・マネーコラム

大家.comの評判・口コミは?メリット・デメリットや始め方も

2020年には多くの不動産クラウドファンディングが登場しましたが、中でもブロックチェーン技術のSTOスキームを活用した「大家.com」は、新しいサービスとして投資家から注目されています。そこでこの記事では、大家.comの特徴やメリット・デメリット、評判、始め方について詳しく紹介します。