TAG オシレーター

株式投資コラム

株式投資、MACDの使い方は?チャートから具体例で解説

株式投資において使用されるインジケーターは、大きくトレンド型とオシレーター系に分けることができますが、そのどちらにも区分できる使い勝手の良いインジケーターがあります。それがMACD(マックディー)です。

MACDは、その使い勝手の良さから機関投資家に属するプロトレーダーにもよく利用されています。そこで今回は、株式投資におけるMACDを利用する手法について、チャートから具体例を用いて解説します。

株式投資コラム

株式投資、サイコロジカルラインの使い方は?チャートから具体例で解説

「相場は感情が動かす」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。これは、相場はそこに参加する投資家の心理状態に大きく左右されるという意味ですが、AIトレードなどが多くなってきている現代でもまだまだ通用する格言です。

株式投資に利用できるテクニカル分析のインジケーターには様々な種類がありますが、相場に参加する投資家の心理状態を数値化して、指標化したものに「サイコロジカルライン」というものがあります。

そこで今回は、株式投資におけるサイコロジカルラインの使い方について、チャートから具体例で解説していきます。

株式投資コラム

株のオシレーター分析、使い方は?売買サインの見方や注意点も

オシレーターは日本語で「振動」や「振り幅」という意味を持つ言葉で、投資の世界では相場の「買われすぎ」や「売られすぎ」を表すインジケーターとして利用されています。

オシレーター分析においては過去の株価を多岐にわたる数式に当てはめて計算し、 その結果算出された数値を元にして売買サインを見極め、取引のタイミングを判断するという手法が採られます。

株のオシレーター分析については特によく利用されているインジケーターがいくつか存在するため、今回はそれらの概要や使い方、使用上の注意点などを解説します。

仮想通貨コラム

【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】ビットコインやイーサリアムの取引で利用できるテクニカル指標

FX取引や株取引などと同様に、仮想通貨(暗号資産)の取引でも様々なテクニカル分析が使用されています。特にビットコインやイーサリアムは中心的な仮想通貨であり、取引高も安定しているためテクニカル分析が利用しやすいです。今回は「ビットコインやイーサリアムの取引で利用できるテクニカル指標」について解説します。