オリコン、顧客満足度調査で金融系6サービスのランキング発表。各分野の総合1位は?

顧客満足度調査を行う株式会社oricon ME(オリコンエムイー)は6月14日、「ネット証券」「外貨預金」「ロボアドバイザー」などの資産形成に関する金融系6サービスのランキングで、総合1位となったサービスを発表した。個人の金融資産を貯蓄から投資に促す取り組みが本格化し、今年度から高校家庭科の学習指導要領が改訂により「資産形成」の授業が開始されたことなどを受け、今年1月~6月に発表したランキングを改めて紹介した。

「ネット証券」(1月発表)は「楽天証券」が2年連続総合1位、「iDeCo 証券会社」は(同月発表)は「マネックス証券」が3年連続総合1位、「スマホ専業証券」(1月初発表)では「PayPay証券」が総合1位、「外貨預金」(6月発表)は「ソニー銀行」が3年連続総合1位、「ロボアドバイザー」(5月発表)は「ウェルスナビ(WealthNavi)」が2年連続の総合1位、「暗号資産取引所 現物取引」(4月発表)は「GMOコイン」が2年連続の総合1位となっている。

オリコン顧客満足度調査 資産形成に関する金融系6サービスのランキング

同社が21年8月31日から9月13日にかけて行ったネット証券利用実態調査も再度紹介している。「運用経験のある投資商品」(複数回答)は「国内株式(ETFを含む)」が92%で最多。 続いて「投資信託」(56%)、「債券(国債/外債/社債など種類問わず)」(23%)となり、多くの金融商品の中でも株式、日本株の運用経験が多かった。同調査で、NISA(少額投資非課税制度)口座を開設していない人に開設していない理由を聴取した結果、「よくわからないから」が31%で最多だった。

今年に入り、急激な円安や米国株の急変動、また、国内では10代から資産形成を学ぶ環境が整いつつある。 今後の顧客満足度調査では、投資家の傾向や、新たに成人となった18歳以上の世代の意識の変化が数字に表れてくるかもしれない。

【関連サイト】楽天証券
【関連サイト】マネックス証券
【関連サイト】PayPay証券
【関連サイト】ウェルスナビ(WealthNavi)
【関連サイト】GMOコイン
【関連サイト】ソニー銀行

【関連記事】楽天証券の評判・口コミ
【関連記事】マネックス証券の評判・口コミ
【関連記事】PayPay証券のキャンペーン情報
【関連記事】PayPay証券の評判・口コミ
【関連記事】ウェルスナビ(WealthNavi)の評判・口コミ
【関連記事】GMOコインの口コミ・評判

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定の企業・商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」