TAG Renosy

GAテクノロジーズ(GA technologies:サービス名は「Renosy」)は、都心の中古ワンルームマンション投資を手がける東証マザーズ上場企業です。物件情報の管理ツールやデータ解析などにAIを活用し、効率的に不動産投資の運用を行うことができます。物件は投資効率の良い「築10年以降」の中古マンションを扱っており、GAテクノロジーズが売主となることで購入時の「仲介手数料0円」を実現しています。入居率は業界トップクラスの「98.9%」(2018年6月末時点)、賃貸管理は家賃に関わらず「月額1,080円」で入居者募集から家賃集金・解約精算までわずらわしい管理を全面的にサポートをしてくれます。また、金融機関とのアレンジによっては「フルローン」で開始することも可能なので、自己資金が少ない方でも相談することができます。

資料請求をすると「不動産投資のしくみ」「マンション経営にともなうリスク」「物件の選び方」「入居者募集や管理はどうすればいい?」など不動産投資の始め方がわかるノウハウ集「Investment Guidebook」と、不動産投資での成功を実現した4組のオーナーへのインタビューを収録した無料DVD「Renosy Owner’s Voice」をプレゼントしてもらえますので、興味のある方は資料を取り寄せて情報収集をしてみると良いでしょう。

【関連記事】GAテクノロジーズ(Renosy)の評判・口コミ・資料請求

GAテクノロジーズの評判

GAテクノロジーズ(Renosy ASSET)の評判・口コミ

GAテクノロジーズ(Renosy ASSET)は、都心の中古ワンルームマンション投資を手がける不動産投資会社です。投資効率の良い築10年以降の中古マンションを扱っており、GAテクノロジーズが売主となることで購入時の仲介手数料ゼロを実現しています。賃貸管理も自社でサポートし、入居率は国内トップクラスの99.4%を超えています。

投資ニュース

GAテクノロジーズ、高級賃貸のモダンスタンダードをグループ会社化

株式会社GA technologies(GAテクノロジーズ)は12月9日、株式会社Modern Standard(モダンスタンダード)を株式取得および簡易株式交換によりグループ会社化すると発表した。モダンスタンダードは会員数7万人以上の高級賃貸サービスサイト「モダンスタンダード」を運営。

投資ニュース

GAテクノロジーズ、空き家対策に特化した「RENOSY ASSET 収益物件リノベーション」提供開始

不動産テック総合ブランド「RENOSY(リノシー)」を運営する株式会社GA technologies(GAテクノロジーズ)は12月5日、賃貸マンション・アパートの空き家対策に特化したリノベーションサービス「RENOSY ASSET 収益物件リノベーション」の提供を開始した。

投資ニュース

設備故障負担や確定申告サポート機能など、Renosyが不動産オーナー向けのサービス拡充

不動産投資サイト「RENOSY(リノシー)」の運営元である株式会社GA technologies(GAテクノロジーズ)は11月25日、最先端の不動産投資を提供する「RENOSY ASSET(リノシーアセット)」で、設備故障に対する費用負担を含むサブスク型の賃貸管理サービス「RENOSYワイドプラン」の提供を開始した。

投資ニュース

GAテクノロジーズ、AIによる家賃予測機能を不動産仕⼊れシステムに導入

不動産投資の総合サイト「RENOSY(リノシー)」を運営する株式会社GA technologies(以下、GAテクノロジーズ)は11月18日、自社開発の不動産仕入れ支援システム「Tech Supplier(テックサプライヤー)」を「SUPPLIER by RENOSY(サプライヤー バイ リノシー)」としてリニューアルした。

国内不動産投資

1万円からできる中古マンション投資、「RENOSY ASSETクラウドファンディング」2件を募集

株式会社GAテクノロジーズは、1万円から始められる都心の中古マンションに特化したクラウドファンディングサービス「RENOSY ASSET(リノシーアセット)クラウドファンディング」でキャピタル重視型第12、13号ファンドの募集を11月15日午後3時から開始する。どちらも抽選式。

マンション投資

不動産投資での資産形成、初心者がまず見るべきポイントは?

不動産投資において、投資用不動産の取得にかかる費用の地域差は大きく、それは利回りにも影響を及ぼします。そのため、不動産の取得費用が高く利回りが低い都心よりも、費用が安い郊外の物件の方が良いと考える方も多いと思いますが、本当にそれで良いのでしょうか?今回は不動産投資で資産を形成するために必要な考え方について解説します。

国内不動産投資

RENOSYクラウドファンディング、キャピタル重視型第8~10号案件の組成を決定。運用3ヶ月、年利8%予定

AI(人工知能)を活用した中古不動産流通プラットフォームサービス「RENOSY(リノシー)」を運営する株式会社GAテクノロジーズは7月1日、1万円から始められる都心の中古マンションに特化した「リノシークラウドファンディング」でキャピタル重視型第8~10号ファンドを組成することを決定したと発表した。

国内不動産投資

GAテクノロジーズ、中古マンション売却サービス「RENOSY SELL」提供開始

AIを活用した中古不動産流通プラットフォームサービス「RENOSY(リノシー)」を運営する株式会社GA technologies(GAテクノロジーズ)は、23日からAI価格査定などを提供する中古マンション売却サービス「RENOSY SELL(リノシー セル)」の提供を開始した。

国内不動産投資

GAテクノロジーズとMFS、不動産投資家向けバウチャー発行サービスで連携

AIを活用した中古不動産流通プラットフォームサービス「Renosy(リノシー)」を運営する株式会社GA technologies(以下、GA テクノロジーズ)は18日、投資用不動産販売において株式会社MFSが提供する借入可能額証明書(バウチャー)発行サービスとの連携を開始した。

投資・マネーコラム

最近話題の不動産投資型クラウドファンディング、5つのメリットと2つの注意点

様々な投資手法を模索する個人投資家から最近注目を浴びているのが、不動産投資型のクラウドファンディングです。ソーシャルレンディングよりも投資家に開示される情報量が多く、自分でリスクとメリットを比較、検討しながら投資対象を選ぶことができます。不動産投資型クラウドファンディングのメリットと、投資する時の注意点をご説明します。

投資・マネーコラム

2018年ソーシャルレンディングの主なニュース振り返りと今後の予測

2018年も年の瀬が近づき、一年を振り返る時期になってきました。今年のソーシャルレンディング業界を振り返ると、良い報告もあればリスクの表面化など、様々な問題が起きた一年だったと言えます。上半期はラッキーバンクやグリーンインフラレンディングの返済遅延問題など、ネガティブな話題が多かった印象ですが、下半期はどのような話題が出たのでしょうか。ひとつひとつ振り返ってみたいと思います。

Fintech

GAテクノロジーズ、SBJ銀行とオンライン不動産ローンに関する業務提携

AI(人工知能)を活用した中古不動産流通ポータルサービス「Renosy(リノシー)」を運営する株式会社GA technologies(東京都渋谷区、以下ジーエーテクノロジーズ)は28日、株式会社SBJ銀行(本店東京都港区)とオンライン不動産ローンに関する業務提携を締結したと発表した。

投資ニュース

GAテクノロジーズ、AI審査による家賃債務保証サービス開発開始

株式会社GA technologies(以下ジーエーテクノロジーズ)は21日、AI(人工知能)審査による家賃債務保証サービス「Renosy Forrent Insure(リノシー・フォレント・インシュア)」の開発を開始した。AIによる入居者審査や保証をリアルタイムに、かつ個人の信用力と連動した次世代型の賃貸債務保証システムの実現を目指す。

国内不動産投資

1口1万円・予定配分率8%・28日21時まで、GAテクノロジーズがRenosyキャピタル重視型第2号ファンド募集

株式会社 GA technologiesが運営するAIを活用した中古不動産流通ポータルサービス「Renosy(リノシー)」のクラウドファンディングサービスが「Renosyキャピタル重視型第2号ファンド」の募集を抽選式で8月23日の18時より開始する。

海外不動産投資

中古不動産マッチングのRenosy、9月に福岡エリアでもサービス提供開始

株式会社GA technologies(以下、ジーエーテクノロジーズ)は20日、2018年9月より福岡エリアにて、総合的な中古不動産流通サービス「Renosy(リノシー)」のサービス提供を開始すると発表した。これにより、Renosyサービスの対象エリアを東名阪を含む全国8都市に拡大することとなる。