GAテクノロジーズ、空き家対策に特化した「RENOSY ASSET 収益物件リノベーション」提供開始

不動産テック総合ブランド「RENOSY(リノシー)」を運営する株式会社GA technologies(GAテクノロジーズ)は12月5日、賃貸マンション・アパートの空き家対策に特化したリノベーションサービス「RENOSY ASSET 収益物件リノベーション」の提供を開始した。従来のリノベーション費⽤の約1/4という低価格を実現し、不動産オーナーの負担を軽減するとともに、空室(空き家)リスクを軽減しながら快適な賃貸⽤マンション(収益物件)を提供し、中古不動産流通を活性化させる狙い。

同サービスは今年9⽉からグループ会社となったイエスリノベーション株式会社の賃貸特化型リノベーションサービスをRENOSY ASSETシリーズに統合して実現した。

サービス提供の背景として、同社は2033年には⽇本の空き家率が30%を超えるという予測を挙げ、「中古不動産流通の活性化はこれからの社会の重要なテーマ。さらに⼤都市圏では『新築規制』や敷地⾯積の最低限度を決める『敷地⾯積の制限』などが定められ、既存住宅の活⽤は重要性を増している」と指摘。

⼀般的に、収益物件は築年数が古くなると、好⽴地の物件以外は競争⼒が相対的に低下し、空室(空き家)リスクが⾼まる。しかし「このような物件の価値向上を⽬的としたリノベーションのニーズは以前から⾼かったものの、従来のリノベーションは⾃宅として購⼊した物件をターゲットにしたサービスがほとんどで、 価格設定も平米単価10万円〜15万円が相場と、運用利回りを重視する不動産オーナーにとって価格が⼤きなハードルとなっていた」(同社)。

同サービスは、賃貸⼊居率が⾼まる⼈気の内装デザインをパッケージ化し、また既存設備を再⽣利⽤するなどの徹底した合理化により、従来のリノベーション費⽤の約1/4となる平⽶単価2.5万円という低価格を実現。不動産オーナーには経済的で安⼼なリノベーションサービスの提供を、賃貸ユーザーには快適な中古マンション・アパートの提供を実現するというもの。

RENOSY ASSET 収益物件リノベーション

今後はさらに、「RENOSY ASSET マンション投資」の賃貸管理サービスとの連携により、収益物件や賃貸ユーザーのデータを活⽤し、より快適で資産性の⾼いデザイン提案なども⾏なっていく予定だ。

【関連記事】GAテクノロジーズ(Renosy ASSET)の評判・口コミ・資料請求
【サービスサイト】Renosy ASSET

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」