設備故障負担や確定申告サポート機能など、Renosyが不動産オーナー向けのサービス拡充

不動産投資の総合サイト「RENOSY(リノシー)」の運営元である株式会社GA technologies(GAテクノロジーズ)は11月25日、最先端の不動産投資を提供する「RENOSY ASSET(リノシーアセット)」で、設備故障に対する費用負担を含むサブスク型の賃貸管理サービス「RENOSYワイドプラン」の提供を開始したと発表した。「RENOSY ASSET マンション投資」で購入した物件に対し、月額6980円(税別)の定額で設備の修理を同社が負担する。対象はウォシュレット・給湯器・キッチン・ガラス・洗面台・冷暖房設備・インターホン・換気扇・浴室乾燥機・シャワーホース・シャワーヘッド・水洗器具(混合栓含む)・鏡・火災探知機・消化器・フローリング・網戸・ガスコンロ・電気コンロ・リモコンなど。契約期間は初回3年間、以降2年間の自動更新で、解約も可能。決済時から1年以内に限り、家賃滞納時の空室期間の賃料も同社が負担、マンション経営の不安を軽減する。

また、不動産オーナー向けアプリ「OWNR by RENOSY(オーナー バイ リノシー)」に確定申告に関する手続きをサポートする機能を追加する。申告の時期に集中する「毎年書類が見つからない」「年に一度だからやり方を忘れてしまう」「初めてなので、申告情報が正しく入力できているか不安」といった悩みの解消を図る。 第一弾としては、12月下旬を目処に、確定申告ガイドとリマインド機能のついたローン金利や税金などのメモ機能を搭載。行政から届く納税通知書や金融機関から届く返済予定表 (年2回)など、各種書類の到着時期に合わせたリマインドメッセージや、「各書類のどの数字をどの項目に記入するか」など、初心者でも安心な申告手続きのアドバイスを行う予定だ。

今後はOCR(光学文字認識)技術 を活用した納税通知書や返済予定表の自動読み取り、入力なども予定している。毎月実施している税理士による顧客向け確定申告セミナーも好評で、同社は「入居者募集からクレーム対応までの全てを当社が代行する賃貸管理サービスのさらなる拡充や、顧客の81%が利用するオーナー バイ リノシーの開発・運営などを通じ、顧客が安心してマンション経営を行えるようサポートしていく」としている。

リノシーアセットは、不動産投資の各プロセスをテクノロジーと経験豊富なエージェントがサポートする次世代型の不動産投資サービス。AIによる物件仕入れや住宅ローン申し込みプラットフォームサービス、購入後の不動産管理をサポートするオーナー向けアプリなど、データに基づく客観的な物件提案や、テクノロジーを活用した手軽な不動産運用を可能としている。

【関連記事】GAテクノロジーズ(Renosy ASSET)の評判・口コミ
【サービスサイト】Renosy ASSET

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」