Bakkt、12月に現金決済のビットコイン先物をシンガポールでローンチ

米インターコンチネンタル取引所(ICE)傘下のBakktは21日、来月12月9日からシンガポールのユニットを介したビットコイン先物取引の開始する。Bakktの現金決済(USD)ビットコイン先物契約は、ICE Futures Singaporeに掲載され、ICE Clear Singaporeによって決済が行われる。両社は共にシンガポール金融庁の承認を得た機関である。

これまでは、シカゴ・マータンカイル取引所(CME)が現金決済のビットコイン先物取引を提供する唯一のプロバイダーであった。CMEは来年1月13日に、ビットコイン先物オプションの開始を計画しているが、Bakktはそれに先駆け12月9日、オプション契約についてもローンチする計画があるという。

Bakktは9月23日より、ビットコイン現物先物サービスを開始しており、今月初め、1日最大1,533万ドルを記録した他、10月25日には過去最高値である1,250万ドルを超えたと報告した。11月12日の同社のアナウンスメントで、機関事業向けのカストディサービス開始の予定がある他、2020年前半にローンチを目標としたスターバックスとの提携による仮想通貨の消費者向けアプリと、オンライン決済の開発も発表している。

ICE FuturesおよびClear Singaporeの社長兼COOであるLucas Schmeddes氏は「現金決済先物は、アジアや世界の投資家に、ビットコイン市場での利益を拡大させヘッジを提供する資本効率の良い方法だ」と話している。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】Bakkt to launch cash-settled bitcoin futures next month

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」