TAG Bitfinex

仮想通貨コラム

暗号資産市場で今注目のDEXとは?国内の取引所とどう違うのかを元トレーダーが解説

「DEX」市場の月間取引量は4,000億円を越えるほど拡大しており、関連するトークンも高騰しています。トレーダーにとってDEXは「利益を最大化する上で見逃せない新たな取引ツール」になっています。ここでは従来の取引所とDEXの違いについて、そしてDEXを活かした取引戦略についてご紹介したいと思います。

仮想通貨コラム

仮想通貨投資に慣れてきた人におすすめの仮想通貨指標とは?

ここでは、投資も仮想通貨の取引も初めてという方はもちろん、少し仮想通貨投資に慣れてきた方、投資自体の経験はあるが仮想通貨取引を初めて行おうと思っている方に向けて、仮想通貨特有のチェックするポイントを解説したいと思います。ここでご紹介するツールを自分で活用できるようになれば、今後トレードする際の有益なツールとなりますのでぜひ一読ください。

その他企業

Tether社、テザー準備金の一部をビットコインへ投資

米Bitfinex側の弁護士が、米ドル価格に連動するように設計されたテザー(Tether/USD)の準備金の一部をビットコインへ投資していたことを認めた。5月16日、ニューヨーク裁判所で行われた公判において明らかになった。5月21日、米国の仮想通貨メディアTheBlockが報じている。

その他企業

Bitfinexに対する裁判所命令を取得、テザーの準備金を調査へ

米国の司法長官レティシア・ジェームズ氏は4月25日、仮想通貨取引所Bitfinex運営とステーブルコインのテザー(Tether:USDT)発行母体であるiFinex兼Tether Limitedのメンバーに対する裁判所命令を公式に取得したことを発表した。裁判所命令は、仮想通貨を取引するニューヨークの投資家から継続的に詐取しているという内容でニューヨークの法に違反しているとする。

仮想通貨

Bitfinexから盗難されたビットコインが米政府より返還

iFinex Inc.によって運営されている仮想通貨取引所Bitfinexは2月25日、2016年8月に不正流出したビットコイン約27.7 BTC(時価約1,175万円)が米政府から返還されたことを発表した。返還されたビットコインは、新たなハッキング被害に備え、米ドルに換金されてRRT(Recovery Right Token)ユーザーに支払われた。

その他企業

10月15日のビットコイン価格高騰に繋がった「テザー問題」とは?

米ドルとペッグする仮想通貨Tether(以下、テザー)が10月15日、基準となっていた1米ドルから乖離し約0.93米ドルにまで下落した。テザー価格下落に伴い、ビットコインの価格は約75万円程度まで一時急騰したが、執筆時点では反落している。

仮想通貨コラム

日本の仮想通貨取引所が狙い撃ち!?仮想通貨取引所のハッキング被害額ランキング

残念なことに、仮想通貨取引所では大なり小なりハッキング被害が相次いでおり、仮想通貨の普及を妨げる一因となっている状況です。今回は、過去に発生したハッキング被害事件の被害額をご紹介しながら、安全・安心な仮想通貨の保管方法についてご紹介していきたいと思います。

仮想通貨

増える仮想通貨取引所でのSegwit採用。ビットコインの手数料問題解決なるか

”Segwitの採用が、ビットコインをはじめとした仮想通貨の送金手数料の問題を解決する。” 4月15日のccnの報道によると、2018年2月に大手仮想通貨取引所のBitfinexとGDAXがSegwitを採用してからしばらく経ち、ようやくビットコインの手数料が下がってきたようだ。

仮想通貨

スイス製ハードウェアウォレットDigital BitBox、期間限定1,000円割引で購入可能

輸入卸販売事業を行うリベルタジャパンは3月21日よりスイス製ハードウェアウォレット「Digital BitBox」の日本公式ウェブサイトを開設し、販売を開始した。これを記念し、1か月間、1,000円割引となるクーポンを発行している。