TAG 金融機関

投資信託コラム

NISAでロールオーバーするメリット・デメリットは?売却との比較も

一般NISAで運用していて初めて5年間の非課税期間が終了を迎える人は、ロールオーバーすべきか迷うことも多いでしょう。ロールオーバーにはメリットだけでなく注意点もあり、すべきか否かはケースバイケースです。

この記事ではロールオーバーのメリット・デメリット、選択すべきケースなどについて解説します。

投資・マネーコラム

公務員がアパート経営を始めるメリット・デメリットは?副業の注意点も

原則として副業が禁止されている公務員ですが、アパート経営は条件をクリアすると自営とは見なされず行うことができます。また相続したアパートなどは、申請が認められることによって経営することができます。そこで今回のコラムでは、公務員がアパート経営を始めるメリットやデメリット、さらには注意点についても解説していきます。

投資ニュース

BNPパリバ、2021年10~12月期は仏市場好調で予想上回る。今後は配当性向60%に引き上げへ

フランスの金融大手BNPパリバ(ティッカーシンボル:BNP)が2月8日に発表した2021年10~12月決算は、純利益が市場予想を上回った。国内市場が好調で利益拡大をけん引した。2月14日時点での株価は、決算発表後と比較して3%程度低迷しているが大きな変動は見られていない。

投資・マネーコラム

不動産投資、サラリーマンはいくらまで融資可能?属性を改善するコツも

キャッシュフローを増やし空室リスクを軽減させる目的で、複数の部屋を購入したり一棟丸ごと購入したりするのは有効な手段です。そのため30代の会社員の方でも複数の投資用不動産を資産運用しているケースも少なくありません。 ではサ…

ESG投資

ドリームインキュベータが「インパクト志向金融宣言」へ署名。署名機関は27機関に

株式会社ドリームインキュベータは2月1日、「インパクト志向金融宣言」に署名したと発表した。同宣言は、投融資先がもたらす環境・社会への変化を捉えて環境・社会課題を解決するという考え方(インパクト志向)を前提に、創出されるインパクトを測定・マネジメントを実施したうえで投融資判断を推進するため、署名機関が互いに連携して活動していくためのイニシアティブ。

投資信託コラム

iDeCoでおすすめの金融機関は?ネット証券5社の手数料や取扱商品を比較

老後の資産形成のために、税制優遇を受けながら長期積立投資ができるiDeCoを始めようと考える方も多いでしょう。さまざまな金融機関でiDeCoを利用できますが、手数料や取り扱う商品数などに違いがあります。

今回は多くの金融機関の中から、iDeCoの利用に向いている会社を5つピックアップしました。それぞれの特徴について解説しますので、金融機関選びの参考資料としてください。

マンション投資

不動産投資の融資が厳しい時の対策は?フルローンを受けるコツも

不動産投資はアパートやマンションなどの不動産を用いて投資を行います。しかし融資元となる金融機関では、融資に関する審査を行っており、現在はその基準が厳しくなっているとも言われています。そこで今回のコラムでは、不動産投資の融資が厳しいときに行うべき対策を6つ紹介します。またフルローンを受けるためのコツも解説していきます。

マンション投資

東京の不動産投資で融資を受けられる銀行・金融機関は?7行の金利や条件を比較

不動産投資は住宅ローンではなく、不動産投資用のローン商品を活用することになります。各金融機関では不動産投資用のローン商品を用意していますが、詳細が異なっており細かくチェックする必要があります。そこで今回のコラムでは、東京で不動産投資を行う場合に利用できる不動産投資ローンを、比較して紹介します。

その他企業

Visa、新たに暗号資産コンサルティング部門を設立へ

Visaは新たに暗号資産コンサルティング部門「Crypto Advisory Practice」を立ち上げ、デジタル資産を戦略や製品ロードマップに構築したい顧客のニーズに応え、暗号資産関連分野の専門知識を提供し具体的な戦略を策定していく考えだ。Decryptが12月8日、報じている。

投資・マネーコラム

アパートローンの金利相場は?金融機関・属性・物件などアパートローンの実例も

不動産投資のためにアパートやマンションを購入する際、アパートローン(不動産投資ローン)の利用を検討している方が多いでしょう。そこでこの記事では、アパートローンの金利と相場について詳しく解説します。また、利用者の属性や物件の視点から、アパートローンの金利相場の実例についても紹介していきます。

投資・マネーコラム

不動産投資は現金一括とローンはどちらがおすすめ?メリット・デメリットを比較

賃貸用物件を購入するには多額の資金が必要になるため、資金を貯めて現金一括で購入する方法と、融資を受ける方法の2通りがあります。そこで今回のコラムでは、現金で支払うのとローンを活用する際のメリットとデメリットについて解説していきます。現金とローンのどちらがいいのか迷った際には、本記事を参考に比較検討してみてください。

投資・マネーコラム

不動産投資ローンの低金利はいつまで続く?過去の金利推移と今後を検証

不動産投資ローンの支払金利は不動産投資でかかる経費の中でも大きな割合を占めるため、低金利の時にローンを利用すると、その分の不動産の取得費が割安となり、投資の利益を得やすくなります。日本では長らく低金利の状態が続いていますが、今後どのように変化すると予測されるのか、本記事では2021年10月時点における過去の金利推移を検証することで考察していきます。

マンション投資

不動産投資ローンでおすすめの銀行・金融機関は?金利や審査基準を5つ比較

2021年10月時点、日本銀行が量的緩和の政策を維持していることから、新型コロナウイルスの影響がありながらも、金融機関の融資金利は低い状態が続いています。この記事では、2021年10月時点で不動産投資にローンを利用できる金融機関について、申込条件や金利などを比較します。

マンション投資

マンション投資に適した年齢は?年代別に投資戦略や注意点を解説

マンション投資は老後を見据えた資産形成などに有効な手段です。しかし、自分に合った不動産投資とはどんなものなのか、そもそも自分にはマンション投資をできるのかわからないという人も多いのではないでしょうか。この記事では、年齢を切り口としてマンション投資に関する考え方や注意点などを解説します。

マンション投資

不動産投資ローンの借り換えに失敗してしまう原因は?それぞれ対策も

不動産投資ローンを契約して不動産投資に取り組んでいる人の中には、ローンの借り換えによって月々の返済金の負担を減らせないか検討している方も多いのではないでしょうか。しかし、金利が低い不動産投資ローンに借り換えれば返済負担の軽減が期待できますが、必ずしも借り換えがプラスの効果をもたらすとは限らない点に注意が必要です。この記事では、不動産投資ローンの借り換えに失敗する主な原因や対策などを解説します。

マンション投資

不動産投資ローン、元利均等返済と元金均等返済はどっちがお得?特徴を比較

不動産投資ローンには、元利均等返済と元金均等返済があります。大まかな仕組みの違いは分かっていても、具体的にどのように異なり、どのような点に注意して選択すればよいのか分からない、という方も多いのではないでしょうか。本記事では、不動産投資ローンの元利均等返済と元金均等返済の違いについて、具体的な支払い額の差や特徴を比較し、返済方法を選択するポイントについても解説していきます。