TAG 割安株

投資ニュース

グラフで見るバリュー株投資、市場激変の中で成績は?シュローダーが解説

シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社は9月27日、バリュー株について「グラフで示すバリュー株投資の意義」と題したレポートを発表した。バリュー株は企業の業績や価値に比して株価が割安になっている銘柄で「割安株」とも呼ばれる。

投資信託

成長株から割安株の時代へ。アクサIMの「新興国小型株戦略」とは

新興国小型株の新たな投資機会を追求する「新興国小型株」。日本では米国をはじめ先進国の株式やファンドが多く取引されているが、資産運用大手のアクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社は6月28日、「成長株から割安株の時代へ、そして『究極の割安株』」というタイトルのレポートを公表。新興国小型株の可能性やメリットを解説している。

株式投資コラム

自社株買い、株価への影響や実施のタイミングは?主な動向も

自社株買いは、企業が自らの資金を使い株式市場から自社の株を買い戻すことです。上場企業の多くが自社株買いを実施しています。大型の自社株買いとしては、ソフトバンクGが2021年11月に上限1兆円の自社株買いを発表しました。自社株買いの実施にあたっては、企業側にも思惑があります。今回は自社株買いの株価への影響、実施のタイミング等を解説します。

株式投資コラム

株式投資の主な分析指標、PER・PBR・ROEなどの意味と目安、計算方法

株式投資をするときは、株価指標を見ることが大切です。企業の収益や資産に対して株価は割高なのか割安なのか、経営効率はいいのかなどを判断できるからです。この記事では、ファンダメンタル分析における代表的な株価指標であるPER・PBR・ROEなどの意味と使い方について解説します。

株式投資コラム

バリュー株・割安株の探し方は?分析方法と分析に役立つツールも

株式投資のスタイルに、バリュー株(割安株)投資とグロース株(成長株)投資があります。足元では、新型コロナのワクチン接種が進むなか、コロナ収束後を見据え国債金利が上昇。それが引き金となり、資金がグロース株からバリュー株に流れはじめています。そこで今回は、バリュー株・割安株の探し方や分析方法について解説します。

株式投資コラム

株式投資、銘柄の選び方や分析方法、購入タイミングをプロが解説

日経平均株価が1990年8月以来の3万円台を回復し、株式市場が活気づいて来ました。株式投資を始めた方や始めようと考えている方も増えているのではないでしょうか。しかし、不安から株式投資に踏み切ることができない方もいると思います。そこで、今回は投資初心者の方にも投資しやすい銘柄選びの方法などを解説します。

株式投資コラム

株の買い時・売り時はどう判断する?状況別にポイントを解説

株の買い時・売り時を判断する方法の一つ、テクニカル分析は主に短期投資に使われますが、これのみで勝ち続けることは難しいと言えます。一方、株価が割安な時に購入し、長期間にわたって株式を保有すると、資産を数倍、数十倍に増やすことも可能です。今回は長期投資に着眼点をおき、株の買い時・売り時の判断や状況別にポイントを解説します。

投資信託コラム

バリューファンドのメリット・デメリットは?具体的なファンドも

投資信託には様々な商品があり、どれを選べば良いのか迷うことも少なくありません。そこで、今回は数ある投資信託の中でも割安株を中心に投資するバリューファンドの特徴、メリット、デメリットを解説します。日本株を中心とした投資信託の購入を検討している方、資金的に低コストの投資信託を探している方は参考にしてください。