TAG メーカー

ESG投資コラム

花王のESG・サステナビリティの取り組み、格付けは?

花王は、生活に必要な洗剤、トイレタリー、化粧品などの大手メーカーで2021年度の売上高は1.4兆円です。生活に密着した製品を多く販売しており、Life Value Solution marketingを実践し、ESGの視点で商品・サービスを具現化しています。

今回は、花王のESG・サステナビリティの取り組み、ESG格付けなどを解説します。

ESG投資コラム

ブラザー工業のESG・サステナビリティの取り組みは?配当情報も

ブラザー工業は、ミシンの修理業から始まった日本を代表する電気機器の会社の一つです。また、ミシンだけではなく、工作機械やギアモータ、通信カラオケシステムなど様々な事業を展開しており、サステナビリティを重視した経営で持続可能な社会に貢献しています。

そこでこの記事では、ブラザー工業のESG・サステナビリティの取り組み内容について詳しく解説します。ESG投資に関心のある方や、ブラザー工業を検討している方は参考にしてみてください。

ESG投資コラム

IDECのESG・サステナビリティの取り組みは?配当情報も

IDECは、事業活動の中でESG・サステナビリティの取り組みを行う企業の一つに挙げられます。持続可能な社会の発展を目指すため、「環境」「社会」「ガバナンス」「安全」「品質」を重要課題としています。

そこでこの記事では、IDEC のESG・サステナビリティの取り組み内容、外部評価、業績と株価動向、配当情報について詳しく紹介します。関心のある方は参考にしてみてください。

ESG投資コラム

荏原製作所のESG・サステナビリティの取り組みは?配当情報も

荏原製作所は、主力商品であるポンプや送風機、半導体製造装置などでインフラや産業を支える世界的メーカーです。ESGやサステナビリティに対しても意欲的な取り組みを進めている企業であり、「CO2約1億トン相当の温室効果ガス削減」「世界で6億人に水を届ける」などの目標を掲げています。

この記事では、荏原製作所のESGやサステナビリティの取り組み内容のほか、ESG・サステナビリティに関する外部評価、業績・株価動向、配当推移も解説するので、ESG投資にご興味のある方や株式投資で銘柄選定などに迷われている方は参考にしてみてください。

ESG投資コラム

TOTOのESGの取り組みや将来性は?株価推移、配当・優待情報も

投資家が投資先を検討する際、ESGを重視する傾向が強まっています。企業側は外部からの期待に応えるため、ESGを経営に取り入れるようになりました。

今回はTOTOのESG関連の取り組み、業績、株価推移などについて紹介します。同社はトイレなど水まわりの設備に強みのある企業ですが、ESGではどのような取り組みを行っているのでしょうか。

ESG投資コラム

富士フイルムのESG・サステナビリティの取り組みは?株主優待情報も

精密化学メーカーとして知られる富士フイルム株式会社は、気候変動などの環境問題に対して、環境に配慮した生産活動や環境性能を持つ製品の普及を推進しているほか、写真事業で培った技術を活かし、高機能カメラ、医療機器、オフィス機器などの製品を通じて、人々の健康や生活の質向上に貢献しています。

この記事では、富士フイルムのESG・サステナビリティの取り組み内容について詳しく説明していきます。最新の業績や株価動向、株主優待情報についても解説しているので、ESG投資に関心がある方は参考にしてみてください。

ESG投資コラム

資生堂のESG・サステナビリティの取り組みは?格付けや株主優待も

資生堂は約120の国と地域で事業展開をしているグローバル企業で、日本発のグローバルビューティーカンパニーを目指し、化粧事業だけでない新しい商品や価値を創造しています。

同社は、社会価値の創造を通じてサステナブルなよりよい世界を実現することを目標として掲げています。2022年12月に地球環境の負荷軽減とジェンダー平等の目標を設定したサステナビリティ・リンク・ボンドを発行するなどサステナビリティの実現に前向きに取り組んでいます。

今回は、資生堂のサステナビリティ・ESGへの取り組み、ESG格付けや株主優待などについて解説します。

ESG投資コラム

ソニーグループのESGの取り組みや将来性は?株価推移、配当・優待情報も

国連でSDGsの目標が採択されたこともあり、ESGやサステナビリティを重視する傾向が近年強まっています。投資家も投資先の選定にあたり、環境や社会の課題解決へ取り組んでいるかを重視する傾向が出てきました。

ソニーは日本のものづくりをけん引してきた企業ですが、現在は独自の技術によるESGの取り組みも積極的に行っています。今回はソニーのESGの取り組み、株価推移や業績について解説します。

ESG投資コラム

ヤマハ発動機のESG・サステナビリティの取り組みは?株主優待情報も【2022年11月】

世界的な自動二輪メーカーであるヤマハ発動機は、ESGやサステナビリティの取り組みにも力を入れている企業です。最近、日本でもESG投資残高が拡大を続ける中、ヤマハ発動機の取り組みは外部から高い評価を得ているため、持続的な成長が見込める企業として注目している方もいるのではないでしょうか。

この記事では、ヤマハ発動機の特徴やESG・サステナビリティの取り組み内容について詳しくご紹介します。株価動向や株主優待情報なども併せて解説するので、ESG投資に関心のある方や、銘柄選びで悩んでいる方は参考にしてみてください。

ESG投資コラム

カシオ計算機のESG・サステナビリティの取り組みは?株価・配当推移も

持続可能な社会の実現を目指すESGやサステナビリティの取り組みを行う企業が増える中、時計メーカーとして知られるカシオ計算機もその中の一つに含まれます。カシオ計算機では、脱炭素社会の実現やダイバーシティを重視した企業活動を長年行っているほか、その取り組みは外部からも高く評価されているため、注目している方もいるのではないでしょうか。

この記事では、カシオ計算機のESG・サステナビリティの取り組み内容を詳しくご紹介します。また、企業の特徴、株価動向、配当推移も解説するのでご参考ください。

ESG投資コラム

セイコーエプソンのESG・サステナビリティの取り組みは?株価・配当推移も

持続可能な社会の実現を目指すにあたり、企業の社会的責任が要求されるようになり、ESGやサステナビリティ経営が世界的に重要なテーマとなっています。プリンターの「EPSON」で知られるセイコーエプソン株式会社では、環境や社会に配慮した製品を通じて、持続可能な社会の実現に貢献しているため、注目している方もいるのではないでしょうか。

この記事では、セイコーエプソンのESG・サステナビリティの取り組み内容について詳しくご紹介します。また、企業の特徴、最近の株価動向、株主還元情報も解説するので、興味のある方は参考にしてみてください。

ESG投資コラム

ミネベアミツミのESG・サステナビリティの取り組みは?配当推移も

ミネベアミツミは、ミネベアとミツミ電機が経営統合して誕生した会社で、世界でも高いシェアを持つ総合精密部品メーカーです。それぞれの会社が持っていた高い技術力を掛け合わせることでシナジー効果を生み出している一方、ESGやサステナビリティに対しても積極的に取り組んでいるため、注目している方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ミネベアミツミのESGやサステナビリティの取り組み内容について詳しく解説します。ミネベアミツミの特徴を知りたい方、ESG投資を検討している方は、参考にしてみてください。

ESG投資コラム

ダイキン工業のESGの取り組みや将来性は?株価・配当の推移も

ダイキン工業はグローバルに展開している空調・化学メーカーです。一般家庭用商品には「うるさらX」や「risora」があり、テレビCMで登場するキャラクターの「ぴちょんくん」も知られています。

投資対象としてダイキン工業に興味のある方もいるのではないでしょうか。この記事ではダイキン工業の事業内容、株価推移や業績、ESGの取り組みなどを解説します。投資の参考としてください。

ESG投資コラム

日本ガイシのESG・サステナビリティの取り組みは?株価・配当推移も【2022年11月】

企業が環境や社会などに配慮した事業活動を行っているかどうかは、銘柄を選ぶポイントの一つです。環境・社会などへの企業の取り組み内容を考慮した上で、その銘柄の企業に投資することをESG投資と言い、中でも日本ガイシは、ESGやサステナビリティの取り組みを積極的に行っているため、注目している方もいるのではないでしょうか。

この記事では、日本ガイシの株価動向、ESG・サステナビリティの取り組み内容、配当情報などについて詳しくご紹介します。日本ガイシの特徴について詳しく知りたい方も参考にしてみてください。

株式投資コラム

中国経済が失速、影響を受けやすい米企業主要5社は?今後の見通しも

米国株式相場に逆風が続いています。インフレの高進や金利の引き上げ、リセッション不安など米国内の問題に加え、新型コロナの感染再拡大を受けた中国経済の失速も投資家心理を冷やしています。

今回は米国の主要企業の中で中国市場の重要度が高く、成長鈍化の影響を受けやすい企業5社について解説します。

5社を選ぶにあたっては、売上高に占める中国市場の比率が高いことや、製品の製造や部品の調達で中国系メーカー(中国を製造拠点とする台湾系メーカーを含む)への依存度が高いことなどを考慮しました。