TAG プルーフオブステーク

仮想通貨

MITがPoSを2022年の10大ブレークスルー・テクノロジーに選出

マサチューセッツ工科大学(MIT)の科学技術誌「MITテクノロジーレビュー」は2月23日、「10大ブレークスルー・テクノロジー」の2022年版を発表した。新型コロナウイルスの飲み薬やタンパク質構造のAI予測などの先進トピックが選ばれる中、ブロックチェーンに利用されるコンセンサスアルゴリズムProof of Stake(PoS)が、6番目に選出されている。

暗号資産・ブロックチェーン

ESGの観点から見たイーサリアムのPoSへの移行について【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

ブロックチェーンの電力消費量の課題解決を目指して、イーサリアムはコンセンサスメカニズムのアップグレードを計画しています。イーサリアムは現行のPoW(プルーフ・オブ・ワーク)」から「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」に移行することで、環境に配慮したシステムへの移行を目指しています。今回は、ESGの概要とイーサリアムのESGに対する取り組みについて解説します。

暗号資産取引所の使い方

「イーサリアムを購入したい!」そんな人におすすめの仮想通貨取引所3選

投資する仮想通貨を分散するのであれば時価総額が大きい順番にポートフォリオを組むことがおすすめですが、ビットコインはともかくイーサリアムがどんな仮想通貨なのかご存じない方もいるのではないでしょうか。ここでは、イーサリアムの機能や今後の展望、国内で取り扱っているおすすめの仮想通貨取引所についてご紹介します。

暗号資産取引所の使い方

コインチェックのステーキングサービスとは?暗号資産Lisk(リスク)でインカムゲインを得る方法を解説

暗号資産(仮想通貨)投資の一般的な収益ポイントは、価格が高騰したところで売却して利益を得る「売却益(キャピタルゲイン)」でした。しかし、暗号資産を売却せず、保有し続けることで「インカムゲイン」を得る仕組みも増えてきています。その一つが暗号資産取引所コインチェックが提供している暗号資産リスク(LSK)のステーキングサービスです。

仮想通貨コラム

イーサリアムクラシックのMagnetoアップグレードの目的とは?【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

仮想通貨(暗号資産)イーサリアムクラシック(ETC)は、7月下旬に大型アップグレード「Magneto(マグネトー)」を予定しています。Magnetoには、イーサリアムの「Berlin(ベルリン)」アップグレードで実装された4つのイーサリアム改善提案(EIP)が含まれます。今回はイーサリアムクラシックのMagnetoアップグレードに焦点をあてて解説したいと思います。

仮想通貨コラム

ステーキングとスイングトレードを組み合わせた運用方法【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

筆者は、仮想通貨(暗号資産)のステーキングがスイングトレード手法と非常に相性が良いと、考えています。スイングトレードは中期的に仮想通貨を保有するため、上手く行けばキャピタルゲインに加えてステーキングで発生したインカムゲインを積み上げることができるでしょう。今回は、スイングトレードの戦略設計を中心に、ステーキングで収益を上乗せする運用戦略について解説します。

仮想通貨コラム

イーサリアムのコンセンサスアルゴリズムの変更が意味する事とは?プルーフ・オブ・ステーク(PoS)について解説

現在、イーサリアムの大改修となる「イーサリアム2.0(Eth.2.0)」が進行中です。このアップグレードはコンセンサスアルゴリズムの変更を含む大掛かりなもので、より実用的な性能を備えることでユーザビリティの向上が期待されています。今回はイーサリアムの重要なファンダメンタルズである「イーサリアム2.0」について、どのような意味を持つのか解説します。

仮想通貨コラム

ステーキングとは?仮想通貨取引所コインチェックでLISKをステーキングする方法

ステーキングは仮想通貨(暗号資産)を保有しながらインカムゲインを得る方法です。仮想通貨の貸付を行い金利を得るレンディングサービスとは仕組みも運用方法も異なり、仮想通貨の基盤となるブロックチェーンを利用した新しい形の収益方法です。今回はステーキングの仕組みや利用方法について解説します。

その他企業

Bitmainがイーサリアム用ASICマイニングマシンを発表、ASIC耐性のEthashを回避

ビットコインのマイニングプール大手AntPoolを運営するBitmainが、イーサリアム用のASICマシンの最新版を発売する予定であることを4月24日に発表した。イーサリアム2.0によるプルーフオブステーク(PoS)への移行が進められている中、2021年後半のリリース予定となっている。

仮想通貨コラム

イーサリアム2.0やテゾスなどで実装されている「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」とは?

「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」は、検証作業のインセンティブをトークン保有者に付与することでブロックチェーンの安全性を確保する仕組みです。PoSは電力消費が少なく効率的な承認アルゴリズムとして近年拡大しており、イーサリアムのアップグレード「Ethereum2.0」でも導入されています。ここでは、PoSについてご紹介していきます。

仮想通貨コラム

国内大手コインチェック・GMOコイン・DMM Bitcoinを徹底比較!暗号資産の上位銘柄ビットコインとイーサリアムに投資可能な暗号資産取引所

コインチェックがユーザー向けに2020年8月に行ったアンケート調査によると、株や投資信託、NISAなどを行っている投資家の間で、資産ポートフォリオの中に暗号資産を加える方が増えてきています。ここでは暗号資産市場で時価総額が大きいビットコインとイーサリアムについてご紹介します。

仮想通貨コラム

【元トレーダーが考察!】イーサリアムの大型アップデート「Ethereum2.0」の市場への影響は?

7月の半ばまで24,000円程で推移していた暗号資産イーサリアム(ETH)は、執筆時点(8月5日)には41,000円にまで高騰しています。2週間程で70%もの価格上昇という驚異的なパフォーマンスの背景には、暗号資産コミュニティが心待ちにしているイーサリアムの大型アップデート「Ethereum2.0」があります。