TAG インフラ

ESG投資

マーキュリアHD、貸付投資「Funds」で資金調達へ。グリーンエネルギー投資事業などに利用

株式会社マーキュリアホールディングスは、ファンズ株式会社が運営する貸付投資サービス「Funds(ファンズ)」で6月22日午後7時から募集を開始する。「マーキュリアオルタナティブ投資事業ファンド(インフラ)#1」は募集金額1億円、予定利回りは年率2%(税引前)、予定運用期間は7月11日〜12月28日までの約6ヶ月。

投資信託コラム

XR(VR・AR・MR)関連の投資信託、成績や信託報酬など徹底検証【2022年4月】

非接触の日常が当たり前となる近年では、VRやARの技術を身近に感じることが多くなりました。今後は、VRやARの技術が社会インフラや、日々の生活、新しいサービスにますます組み込まれていくと見込まれています。

当記事では、XR関連の投資信託と、XRの現状や投資対象としての背景について、解説しています。新しい投資先として、XR技術に関心のある方はご確認ください。

どんな人が不動産投資をやっているの?国内不動産投資

観光・ヘルスケアをはじめとする成長分野の不動産を対象としたソーシャルレンディングがファンド資金の募集を発表

プレリートファンド株式会社は12月1日、不動産特化型のクラウドファンディング「プレリートファンド」において12月18日から投資を募ることを発表した。同サービスは、maneo(マネオ)マーケット株式会社との協働で提供する