イールドギャップとは・意味

イールドギャップとは、投資利回りと長期金利との差のことを指します。不動産投資においては、投資物件の表面利回りと不動産投資ローンの金利との差を指します。例えば、投資物件の表面利回りが8%で、ローンの金利が2%の場合、イールドギャップは6%となります。金融機関からの借り入れによるレバレッジ投資が前提となることが多い不動産投資の世界では、このイールドギャップは投資判断における重要な指標となります。いくら投資物件の利回りがよくても借り入れの金利も高く、イールドギャップが高ければ、そのぶん収益性は下がり、投資リスクは高まるためです。

不動産投資に関する用語集の一覧

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」