リーシングとは・意味

リーシングとは一般的にリースや賃借のことを指しますが、不動産業界におけるリーシングとは、商業用不動産の賃貸を支援する業務のことを指します。物件に対するテナント付けだけではなく、店舗や事務所の立地動向などのマーケティング調査、テナントの構成や賃貸条件の調整など、物件の収益性を高めるための一連の業務も含まれます。通常は不動産のオーナーや投資家からの委託を受けたアセットマネジメント会社やプロパティマネジメント会社がリーシング会社にリーシング業務を委託して実行します。

不動産投資に関する用語集の一覧

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」