キャップレートとは・意味

キャップレートとは「Capitalization Rate」の略語で、不動産投資において投資物件の収益性を評価する際の大事な指標の一つです。「収益還元率」「還元利回り」などとも呼ばれます。キャップレートは対象の不動産が生み出すNOI(家賃収入から管理費や固定資産税などの諸経費を差し引いた純粋な収益)を、不動産価格で割り戻すことで算出します。

キャップレートを見ることで、その物件の投資回収に何年かかるかが分かります。例えばキャップレートが5%であれば投資回収まで20年、10%であれば10年で回収できる計算となります。

不動産投資に関する用語集の一覧

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」