TAG 財務諸表

株式投資コラム

米国上場企業の決算の読み方や注目の指標は?企業の決算事例も

米国の上場企業は年に4回、四半期ごとに決算内容の公表が義務付けられています。毎年1、4、7、10月の中旬から決算シーズンを迎えます。米国企業の株を保有している投資家にとっては、見逃せない大きなイベントです。

報告書はもちろん英語で書かれていますが、いくつかのキーワードを理解していれば業績の良し悪しは把握できます。この記事では米国株初心者の方々向けに決算書(主に損益計算書)の読み方や、決算報告書を理解するうえで必須の単語などをお伝えします。

株式投資コラム

キャッシュフロー計算書の見方と分析方法、投資への活用の仕方は?

企業にとって、資金の状況を把握することは大切です。資金の状況を正しく理解しないと経営判断が難しくなるからです。また、利益が出ていても現金が足りないために経営破綻してしまう、いわゆる黒字倒産という事態を防ぐためにも、資金状況の把握は欠かせません。そのため投資家にとっても、企業の資金の流れを知ることは必要不可欠です。

この記事では、キャッシュフローとは何か、そして、キャッシュフロー計算書の見方と株式投資への活用方法について解説します。

株式投資コラム

株式の財務分析(ファンダメンタル分析)の基本と具体例、比較も

株式の分析手法には、財務分析とテクニカル分析(チャートを用いる方法)があります。財務分析とは、財務諸表などを用い企業の収益性・安全性・生産性・成長性を分析する手法です。分析をすることで企業の優れた点や問題点を把握することができ、投資をする際の判断材料となります。今回はそれぞれにについて詳細を説明します。

マンション投資

個人名義と法人名義、不動産投資での違いは?メリット・デメリットを比較

不動産投資は個人の名義だけでなく、法人名義での購入・運用が可能です。個人が役員になって法人を作って不動産投資を行うのと、個人名義で行うのでは、どのような違いがあるのでしょうか。本記事では、法人名義で不動産投資を行う形態から、個人名義と法人名義との違い、それぞれのメリット・デメリットを比較して解説していきます。

株式投資コラム

株式投資初心者が知っておきたい決算書の読み方と企業分析の基本を解説

株式を購入する前には、企業の財務内容を調べるなど事前調査を行うことが必要です。企業分析には決算書(財務諸表)を使います。決算書を分析することで企業の健康状態を知ることができ、企業の状態を知れば、おのずと株価の方向も見えてきます。今回は株式投資に必要な決算書の読み方と企業分析の基本を解説します。

株式投資コラム

株初心者が知っておきたいキャッシュフロー計算書の見方は?分析方法も

株式投資などにおいて企業分析を行う際、企業の経営状況を客観的に判断できる資料の一つが「キャッシュフロー」です。しかし、どんな役割があるのか、どうやって見ればいいのか、よく分からないという方も多いのではないでしょうか?そこで今回は企業分析には欠かせない「キャッシュフロー」の見方と分析方法について、わかりやすく解説します。

株式投資コラム

株式投資の始め方や知っておきたいポイントは?企業分析のコツも

これから株式投資を始めるにあたって、何から覚えればいいのか分からないと悩む方も多いと思います。株式投資に必要な知識は多岐にわたるだけでなく、覚える内容にゴールはありません。基本をしっかり身に付けつつ、新しい情報も常に仕入れることが大切です。そこで今回は、株式投資の始め方と基本をはじめ、企業分析の基本も解説します。

投資・マネーコラム

クラウドバンクの第5期決算を分析、黒字化の達成状況や財務内容は?

日本クラウド証券が運営するソーシャルレンディングサイト、クラウドバンク。累計応募金額は600億円に近づいており(2019年6月時点)、国内でも第3位の規模を誇るクラウドバンクが、第5期の決算を発表しました。その内容を見ながら現在のクラウドバンクがどのような状況にあるかを確認してみましょう。

キャリアアップ

投資に役立つ英語の経済ニュース必修単語10選!

経済全般の最新情報をふまえた的確な投資判断を目指すなら、グローバルな視点からニュースをフォローするための英語スキルは欠かせません。英語でニュースを無理なく読みこなす力が身に付けば、日々、取り込むことのできる情報量は格段にアップします。そこで今回は、英語で経済ニュースを読むための基本キーワードをご紹介します。

投資・マネーコラム

不動産投資は財務3表の知識で差がつく、収益改善に役立つ会計の知識

決算書は、不動産投資の収益の把握や対策を検討するための有効な手段です。青色申告のために財務諸表を作成してはいるものの、税理士に任せっきりになっていたり、会計ソフトから出力するだけであったり、というのはまさに宝の持ち腐れで…