TAG 定期預金

投資信託コラム

保険で資産運用ってどうなの?貯蓄型保険のメリット・デメリットや注意点

保険というと生命保険・自動車保険・火災保険・損害保険など、万が一の備えとして活用するものが多く、「保険で資産運用」と聞いてもピンと来ないかもしれません。しかし、保険には資産運用にも利用できる貯蓄型の保険もあるのです。今回は、保険での資産運用について、保険の種類やメリット・デメリット、注意点などをまとめて解説します。

ESG投資

金利の寄付で社会貢献、大和ネクスト銀「応援定期預金」累計預入額1000億円突破

大和ネクスト銀行は3月3日、「応援定期預金」の累計預入額が今年2月で1000億円を突破し、累計預入件数1.3万件を突破したと発表した。預金金利の一部を児童福祉活動など社会貢献事業に寄付できる預金で、同社は「“SDGs達成へ貢献できる預金”として多くのお客さまにご評価いただいた結果」と謝意を示している。

投資信託

年収が高い人ほど資産運用中、人気は株式・投信。じぶん銀行調査

今年始めたい資産運用は「株式」「定期預金」「NISA」–インターネット銀行の株式会社じぶん銀行は1月15日、全国のビジネスパーソン男女500名を対象に実施した「資産運用」に関するアンケートの調査結果を発表した。回答者の37.6%が資産運用を行っており、「株式」「投資信託」が人気だった。

少額株式投資・ロボアドバイザーコラム

何が違う?銀行定期預金とつみたてロボ貯蓄の利回りやリスク、手数料などを徹底比較

低金利政策により預金ではほとんどお金が増えないため、効率的な資産運用の方法が注目されてきています。最近登場した「One Tap BUY」が提供する「つみたてロボ貯蓄」は、株式投資と投資信託の2つの特徴を併せ持つサービスです。この記事では、銀行定期預金と「つみたてロボ貯蓄」を利回り・リスク・手数料などで比較していきます。

投資・マネーコラム

金利は定期預金の30倍!注目の資産運用手法「ソーシャルレンディング」とは

今の時代、定期預金を続けても0.1%~0.2%程度の金利しか期待できず、利息はほとんど期待できません。そこで最近、人気が高まってきている資産の運用方法が「ソーシャルレンディング」です。定期預金のような感覚でお金を運用することができ、利回りは5%~8%程度が期待できるということで注目が年々高まってきています。