年収が高い人ほど資産運用中、人気は株式・投信。じぶん銀行調査

今年始めたい資産運用は「株式」「定期預金」「NISA」–インターネット銀行の株式会社じぶん銀行は1月15日、全国のビジネスパーソン男女500名を対象に実施した「資産運用」に関するアンケートの調査結果を発表した。回答者の37.6%が資産運用を行っており、「株式」「投資信託」が人気。資産運用を行っていない人でも、約半数が興味を示した。一方、5人に1人(17.4%)は貯蓄ゼロであり、貯蓄をする目的に全体の約半数が「老後資金」を挙げるなど、シビアな現状もうかがえる。

調査は全国の20代~40代のビジネスパーソン男女500名に、2020年の1年間の目標貯蓄額とその理由、現在の貯蓄額、資産運用の実施状況などを聞いた。目標貯金額で最も回答数が多かったのは「100万円以上200万円未満(26.6%)」、続いて「50万円以上100万円未満(24.2%)」だった。貯蓄の理由では、半数近くが「老後資金(47.4%)」、続いて「旅行(32.7%)」「趣味(29.4%)」となった。昨年の「老後2000万円問題」以降、老後に資金が必要、という認識は浸透しているようだ。一方、10年後の目標貯蓄額を訊ねたところ、「1000万円以上3000万円未満」が25%。貯蓄の理由のトップはやはり「老後資金(58.5%)」で、「怪我や病気の備え(31.7%)」が続く。

一方、現時点での貯蓄額を質問したところ、最も多かったのは「貯蓄ゼロ(17.4%)」、続いて多かったのが「10万円以上50万円未満(14.4%)」。年代別の回答は公表されていないが、回答者の3割が貯蓄額50万円未満ということになる。「老後のために貯めたい・必要」という認識を持っている一方で、現時点で貯蓄出来ていない人は少なくない。

現時点で資産運用をしている37.6%の人が運用する商品で、最多は「株式(55.3%)」、次いで「投資信託(47.9%)」「定期預金(39.4%)」だった。資産運用を行っていない62.4%の人も、約半数が運用に興味は持っていた。始められていない理由としては「リスクがある(68.9%)」「知識がないと失敗する(68.3%)」「難しい(33.3%)」といった、ネガティブな印象が挙がった。反対に運用をしている人の5人に1人は「楽しい」とポジティブに回答する傾向がある。

今年始めたい資産運用商品として、トップは「株式(36.0%)」、「定期預金(25.4%)」、「NISA(20.2%)」「投資信託(16.6%)」「iDeco・確定拠出年金(16.4%)」となった。定期預金は根強い人気だが、貯蓄から投資の流れもうかがえる。

調査は、資産形成状況と資産運用経験の有無の相関を探るため、資産運用経験の有無を年収別に比較した。年収「200万円~400万円未満」「400万円以上~600万円未満」「600万円以上」で比べたところ、年収が高くなるほど資産運用を行っている割合が高く、「資産運用を行っていない」という回答を年齢別に細分化してみたところ、いずれの年代でも200万円以上~400万円未満の割合が最も高かった。

同社は「資産運用はまとまった資金が必要とのイメージが先行しているが、積立投資信託やミニ株など数百円単位で行えるものもある。資産形成のための資産運用、まとまった資産がないから投資をしないのは本末転倒。無理なくコツコツ増やしていく、という考え方で今出来る方法を検討してみては」というアドバイスでしめくくっている。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチームは、少額株式投資やロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から少額投資やロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」