TAG 債券ファンド

投資信託コラム

プロが投資信託の選び方と運用ファンド例を投資目的別に徹底解説

投資目的に合った金融商品を適切に選ぶことで、より効率的に資産運用ができます。例えば、将来の老後資金目的のように長期運用が可能な場合にはハイリスク・ハイリターンの商品を選ぶといった具合です。今回は投資目的別に投資信託の選び方と相性の良いファンドの例を解説します。

投資信託コラム

外貨建てMMFに投資するメリット・デメリットは?外貨預金や通常の投資信託との違いも

MMFとはマネー・マネージメント・ファンドの略称で、主な投資対象を国内外の公社債やCD(譲渡性預金)、CP(コマーシャル・ペーパー)などの短期金融資産とするオープン型の公社債投資信託です。この記事では外貨建てMMFに投資するメリットやデメリット、通常の投資信託や外貨預金との違いについて解説します。

投資信託コラム

LINE証券の投資信託30銘柄をプロが比較、初心者向けの投資信託も

投資デビューをする若い人たちが増えてきました。中でも投資信託は人気の高さが伺えます。こうした背景から、最近は多くの証券会社がスマホで投資信託を買いやすい環境を整備しています。今回はLINE証券の特徴を説明し、現役ファンドマネージャーの視点から取扱商品のなかで有望な投資信託をご紹介したいと思います。

投資信託コラム

国内債券の投資信託のメリットとデメリットは?主なファンドも

国内債券の投資信託を購入することは、国内の企業及び国・地方自治体に対して投資を行うことを意味します。国内債券の投資信託には、株式など他の金融商品と比べて変動幅が小さい、少額から始めることができるといった特徴があります。そこで、この記事では、国内債券の投資信託の特徴やメリット・デメリット、主な国内債券ファンドについて詳しくみていきます。

投資信託コラム

外国債券の投資信託、メリット・デメリットは?人気のファンドも

債券は一定の利率で利子を受け取れるなど、金融商品としても人気を集めています。また外国債券は国内債券よりも金利が高い傾向にあり、選ばれる要因の一つとなっています。そこで、この記事では、外国債券の投資信託について詳しく見ていきます。外国債券を投資信託で購入するメリット・デメリットや具体的なファンドに触れていきます。

投資信託コラム

なるべく低リスクの投資信託を選ぶために見るべき5つのポイント

将来に備えた資産作りの手段として投資信託などが注目されていますが、あまりリスクを取りたくないという方もいるでしょう。投資信託には様々な種類があるため、元本割れなどのリスクの少ない商品を選ぶことが大切です。そこでこの記事では、投資信託の特徴やメリット・リスクのほか、値動きの少ない投資信託の選び方について詳しく解説します。

ESG投資

SDGsの視点を取り入れた債券ファンド、日本で初めて設定。三井住友DSアセット

三井住友DSアセットマネジメントは5月28日、世界の企業のうち、国連が定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」への貢献度が高い企業の社債に投資する投資信託「世界SDGsハイインカム・ファンド」を新たに設定すると発表した。同ファンドへの投資を通じて、主に世界の企業が発行する高利回り社債に投資する。