SBI証券「おてがる投資 powered by PORTSTAR」提供開始。簡単な質問に答えるだけで最適なバランスファンドを提案

株式会社SBI証券は7月30日から、簡単な質問に答えることで初心者も手軽に資産運用を始められる「おてがる投資 powered by PORTSTAR」の提供を開始する。三菱UFJ国際投信株式会社が提供するロボアドバイザー機能「PORTSTAR(ポートスター)」を活用し、5つの質問に答えるだけで顧客のリスク許容度を診断、最適な投資プラン(資産配分)を実現するバランスファンド1本を提案するというサービス。

同サービスで提案するバランスファンドは、 三菱UFJ国際投信者が運用するeMAXIS 最適化バランスシリーズの5つのファンドのうち、リスク許容度が高い順から「マイストライカー」「マイフォワード」「マイミッドフィルダー」「マイディフェンダー」「マイゴールキーパー」。国内外の複数の資産を組み合わせたポートフォリオ運用や相場変動に合わせたリバランス(資産配分の再調整)もファンドに任せられる。

eMAXIS 最適化バランスシリーズは、 金融庁が定める長期・積立・分散投資に適したつみたてNISA対象商品で5年以上の運用実績がある。 SBI証券では通常の投資信託と同様、「スポット買付」「積立買付」のどちらでも購入することが可能で、 最低購入金額は100円からでも資産運用が始められる。また、入金の手間なくクレジットカードで投信積立をしながらポイントが貯まる「クレカ積立」、 投資信託の月間平均保有残高に応じてポイントが貯まる「投信マイレージサービス」、 「Tポイント」を使って投資信託が購入できるポイント投資も用意した。

eMAXIS 最適化バランスシリーズでは年に一度、資産配分の見直しを行う。 運用状況により上記の資産配分から変動した際のリバランス(資産配分の再調整)も顧客に代わって自動で実施するので、メンテナンスも簡単だ。

同サービスで紹介する投資信託を積立買付する場合には、クレジットカード決済も可能。SBI証券で三井住友カードを登録・設定すれば、 カードの種類に応じて、積立額の0.5%、 1.0%または2.0%(キャンペーン期間中は最大3.0%)の「Vポイント」が貯まるほか、 「投信マイレージサービス」の適用により、 投資信託の月間平均保有残高に応じてTポイントかVポイントが貯まる。 また、Tポイントを1ポイント=1円として購入代金に利用できる。さらに「NISA」「つみたてNISA」での購入も可能で、 非課税メリットを享受しながら運用もできる。

【関連サイト】SBI証券
【関連記事】SBI証券の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」