世界経済の完全再開まで途上、重要性増すESG投資。ナティクシス・ストラテジスト・アウトルック調査

ナティシス・インベストメント・マネージャーズ株式会社は7月26日、定点調査「ナティクシス・ストラテジスト・アウトルック調査」の日本語訳を公表した。市場は13年来となる本格的なインフレを考慮に入れているにもかかわらず「楽観すぎる投資家心理が最大のリスクとなっている可能性」を示唆。回答者らは「投資市場から大きなリターンを享受しているにもかかわらず、世界経済は依然として完全再開には至っていない」と慎重な見方を示す。一方、ストラテジストの半数(48%)がESG(環境、社会、ガバナンス)投資は主流になりつつあり、4分の1(26%)が「ESG投資は必須」と重視している。

調査はナティクシス・インベストメント・マネージャーズ、 グループ運用会社16社、ナティクシス・コーポレート・インベストメント・バンキングのポートフォリオ・マネージャーやストラテジスト、 エコノミストの計42名を対象に実施。冒頭で、市場が13年来となる本格的なインフレを考慮に入れているにもかかわらず「楽観的すぎる投資家心理が最大のリスクとなっている可能性」を指摘する。パンデミック収束の兆しが確認される中、ナティクシスの専門家は、コロナ禍の長期的な影響が徐々に明らかになると見ており、投資家はこれを注視すべきと示唆。 21年上半期には、主要な株価指数の大半が2桁のリターンを達成したが、下半期、投資家はリターンの上昇に伴うインフレとバリュエーションに注意を促す。

今回の調査では、 特に顕著なリスクは確認されず、10段階評価で平均7を超えたリスク要因はなかった。これらの見解を総合すると、投資家はリスクを監視すると共に、今後生じる可能性のある逆風に注意する必要がある。インフレの可能性が取り沙汰されているが、調査は「インフレは一過性のもの。ロックダウンから解放された消費者の強い消費意欲と、サプライチェーンのボトルネックが要因なため。しかしインフレの上振れリスクが高まったことは明らかで、米連邦準備制度理事会(FRB)でさえ21年にインフレが過熱することを認めたが、それ以上の悪循環には陥らないとの確信を有している」とする。

また、同社のストラテジストは、 パンデミックを乗り越える中での2つの主要投資ストーリーについて、ESG投資に最も強い確信を持っている。「パンデミックの最中にESG戦略はリターンと資産拡大の両面で素晴らしい結果をもたらした」と評価は高い。パンデミック後の世界で成功する産業の予想に関しては、前年調査とほとんど変化がないが、「テクノロジー」(88%)、「ヘルスケア」(83%)、「ESG投資」(76%)、「住宅」(74%)と予想されている。 回答者の10人に6人(57%)が「巣ごもり関連」を勝者に挙げていることから、 多くの人が、 同セクターがオフィスへの復帰からの影響を受けるには、なお時間がかかると考えているようだ。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ESG投資チームは、社会・環境・ガバナンスに配慮したESG投資の知識が豊富なメンバーがESG投資に関する基礎知識からESG投資の種類、ESG投資に関する最新情報などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」