三菱UFJイノベーション・パートナーズ 2号投資事業組合を設立。総額200億円でESG・SDGsなども投資領域に

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)と連結子会社の株式会社三菱UFJ イノベーション・パートナーズ(MUIP)は7月27日、総額200億円の「三菱UFJイノベーション・パートナーズ2号投資事業組合」を設立したと発表した。業務執行組合員はMUIP、非業務執行組合員はMUFGグループ各社合算で100%。

MUFGは傘下のグループ各社による国内外のFinTechスタートアップとの事業提携を通じたオープン・イノベーションを強化するため、2019年1月にファンド運営会社であるMUIPと総額200億円のコーポレートベンチャーキャピタル・ファンド「三菱UFJイノベーション・パートナーズ1号投資事業組合」を設立。金融機関・事業会社等が自己資金によってスタートアップ企業に対して戦略出資を行う。

MUIP は1号ファンドを通じて20社超の国内外の FinTech 関連スタートアップ企業に対する戦略出資を行うと共に、投資先各社との協業推進に取り組んでおり、既に先進的な新規事業や新サービスが立ち上がるという実績も出てきているという。

1号ファンドの成果を受け、2号ファンドでは引き続き FinTechスタートアップとの協業戦略を継続・発展させていくと共に、MUFGとスタートアップに加えて MUFGの顧客企業も加えた三者間での新たなオープン・イノベーション「3Wins(トリプル・ウインズ)」やESG(環境、社会、ガバナンス)/SDGs(持続可能な開発目標) などの新たな投資領域を開拓していく。

【参照リリース】株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 株式会社三菱UFJ銀行三菱UFJイノベーション・パートナーズ2号投資事業組合の設立について

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ESG投資チームは、社会・環境・ガバナンスに配慮したESG投資の知識が豊富なメンバーがESG投資に関する基礎知識からESG投資の種類、ESG投資に関する最新情報などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」