7月の首都圏マンション発売3000戸下回る、26年ぶり低水準に…不動産経済研究所

不動産経済研究所(東京都新宿区)が発表した7月度の首都圏(1都3県)のマンション市場動向調査で、同月に新規に発売されたマンションは2986戸(前年比12.8%減)で、2カ月ぶりの減少となった。3000戸を下回るのは26年ぶり。

契約戸数は2024戸で契約率は67.8%で同4.1ポイント減。1戸当たり価格は6191万円(同5.7%減)、1㎡当たり単価は91.7万円(同3.7%減)。都内では4物件137戸が即日完売となったが、全体では20階以上の超高層物件の販売数は24物件609戸(同13.6%減)、契約率71.9%で、前年同月の88.2%を下回った。

地域別発売戸数は東京都区部1437戸で全体の48.1%(同22・9%増)と低下、全体を引き下げている。都下では418戸で全体比14.0%、同98.1%増と上昇した。以下は神奈川県574戸、埼玉県289戸、千葉県268戸となった。地域別契約率は都市部73.0%、都下66.7%、神奈川県58.7%、埼玉県64.4%、千葉県64.6%。同社は8月の発売戸数2000戸を見込む。

同時に発表した近畿圏の新築マンション発売戸数は前年同月比17.4%減の1514戸で3カ月連続の減少。契約戸数は1121戸で、月間契約率は0.4ポイント上昇の74.0%だった。8月の発売戸数は1200戸前後の見通し。

現在、新築マンション市場は大手ディベロッパーが主導する状況で、地価の上昇に加えて建設ラッシュで人件費・資材費も上がっていることが影響し、価格は高止まりしている。一方で、契約率は好不調の分かれ目と言われる70%を下回る月が増えてきており、今後の動向が懸念されている。

【参照記事】不動産経済研究所「首都圏のマンション市場動向」(2018年7月度)

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」