日銀、ETF購入額を減額か。購入ペースに鈍り

日銀が金融緩和の一環として行う年間6兆円ペースの上場投資信託(ETF)の買い入れについて、7月末の金融政策決定会合で決定した調節方針を受け、購入ペースが落ちていることがわかった。8月19日、日本経済新聞が報じている

日銀が2010年からETFの買い入れを開始して以降、年間購入額は年々増加しており、2016年には年間6兆円に拡大した。日銀のETF買い入れは2%インフレを達成するための手段として実施され、2017年には日経平均などに連動するETF5.7兆円、人材・設備投資に積極的な企業を組み入れるETF3,000億円が購入されていた。株式市場で買い手としての存在感が強める日銀は、かねて株価形成に悪影響を与えているといった指摘があった。

日銀はETF購入のタイミングなどを公表していないが、市場では「東証株式指数(TOPIX)が午前中に値下がりした日に日銀が買い入れを行う」という暗黙の了解が存在していた。日本経済新聞によると、今年の7月までは午前中に0.4%以上の下落の際に700億円強のETFが購入されていたが、8月15、16日には0.4%以上の下落にも関わらずETFの購入がなかったと報じている。

日銀は「市場の状況に応じて(年間6兆円の買い入れ額は)上下に変動しうる」としており、今後も株価の反応を見極めながらETF購入を進めていく狙いだ。

【参照記事】日銀、ETF購入ペース鈍る 8月、減額へ布石か 株価のゆがみに配慮

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチームは、ロボアドバイザーや金融知識が豊富なメンバーがロボアドバイザーの基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」