世界の商業用不動産投資額、19年1Qは8%減。都市別投資額は東京が1位

総合不動産サービス大手のJLL(本社:米国 JLL)が5月21日に発表した投資分析レポートによると、2019年第1四半期(1月~3月)の世界の商業用不動産投資額は前年同期比8%減の1560億ドルとなった。アメリカ大陸とEMEA(欧州、中東、アフリカ大陸)で投資額が減少したことが要因で、通年投資額は前年比5~10%減の約6900億ドルを予測する。

アメリカ大陸の同期の投資額は、前年同期比8%減の620億ドル。米国での投資意欲は引き続き堅調だが、今後の経済動向が投資活動に影響すると予測される。EMEAの投資額は前年同期比22%減の500億ドル。英国のEU離脱問題による投資活動の鈍化や、18年第1四半期の投資額5億ドル以上を記録した15市場のうち12市場で投資額が減少したことが地域全体の減少につながった。

アジア太平洋地域の投資額は前年同期比14%増の450億ドルとなった。大型取引やクロスボーダー投資がみられた中国での投資額が増加し、韓国、シンガポールでも投資活動は堅調だった。

都市別投資額は、東京が65億ドルで18年第1四半期以降4四半期ぶりに1位となった。国内の事業会社及びJ-REITなどの国内プレーヤーによる投資が多く、全体の83%を占めた。2位は、2億ドル以上の大型取引が7件あった上海(63億ドル)。上海では活発な国内プレーヤーに加えて海外投資家の投資活動も活発で、同期のクロスボーダー投資額ではロンドンに次いで2番目の投資額(26億ドル)となった。続いて3位ニューヨーク(58億ドル)、4位ロンドン(55億ドル)、5位ソウル(45億ドル)の順。

都市別の不動産投資額

レポートは「EU離脱の行方や米中の貿易摩擦など、世界的な先行き不透明感によりマクロ経済の成長は低迷する」と予測する一方で、世界の商業用不動産投資市場は安定的に推移するとして、19年通年の投資額を前年比5~10%減と見込む。

JLLは、不動産に関わるすべてのサービスをグローバルに提供する総合不動産サービス会社。19年3月31日現在、世界80ヵ国で展開、従業員約91000名を擁し、売上高は163億米ドル。投資分析レポートは四半期ごとに刊行、世界における不動産投資マネーの動きを解説する。

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」