IoT賃貸経営プラットフォーム「Apartment kit」でオンライン健康相談「first call」利用可能に、付加価値向上へ

メドピア株式会社の連結子会社で、オンライン健康相談サービス「first call」を提供する株式会社Mediplat(以下、Mediplat)は1月11日、株式会社インベスターズクラウドの子会社で、IoT賃貸経営プラットフォーム「Apartment kit」を開発する株式会社Robot Home(以下、ロボットホーム)と業務提携したことを公表した。

同提携によりIoTアパートメントの入居者向けにオンライン健康相談「first call」が導入される。ロボットホームのIoT賃貸経営プラットフォーム「Apartment kit」は、誰でも簡単にIoTの賃貸住宅を提供できるIoTサービスだ。同サービスは、各種IoT機器の操作や水漏れトラブル、退居時の連絡など入居者の生活をチャットでサポートするロボットコンシェルジュのほか、食事・ファッション・家事サービスといったライフスタイルに関わるさまざまなコンテンツを提供する「Benefit」を搭載している。今回、その「Benefit」に「first call」が加わる。

Apartment Kit × first call

「first call」は日常生活における自身や家族の健康上の不安や悩みについて、チャットやテレビ電話で医師に相談ができるオンライン健康相談サービスだ。一般内科や小児科、産婦人科、精神科など全12科目での相談に医師が実名で回答し、誰もがいつでも気軽に医師に相談できる。相談はチャットやテレビ電話から選ぶことができる。

Apartment Kit × first call 画面イメージ

IoTアパートメントへのオンライン健康相談の導入は、健康不安を軽減し安心できる暮らしを実現し、賃貸物件の付加価値向上に貢献しそうだ。Mediplatは今後、さまざまな企業やサービスとの提携を積極的に行いながらサービスを拡充していく見通しだ。

The following two tabs change content below.
平井真理

平井真理

インバウンド不動産投資・民泊投資をはじめとする幅広い業界にてニュース記事・ノウハウ記事・プレスリリースなどの執筆に携わる。「HEDGE GUIDE」では、主にニュース記事の執筆を担当。不動産業界, 仮想通貨関連の最新ニュースを読者の皆様に分かりやすく伝えることを心がけています。