ロサンゼルスでの不動産投資が注目されている3つの理由。気になる利回りは?

不動産投資を既に始めている方やこれから始めようという方の中には、海外不動産投資に興味を持っている方もいるのではないでしょうか。特にアメリカは世界経済の中心とも言える存在であるため、不動産投資の対象として注目を集める国の1つです。

そこで今回は、アメリカでも注目されている都市の1つであるロサンゼルスにおける不動産市況と特徴、利回りについて解説します。

目次

  1. ロサンゼルスでの不動産投資が注目されている3つの理由
    1-1.2028年オリンピックの開催予定地
    1-2.不動産投資に適した都市に選定
    1-3.シリコンビーチへの企業進出
  2. ロサンゼルスの不動産利回り平均
  3. ロサンゼルスの不動産に投資できる国内の会社は?
  4. まとめ

1 ロサンゼルスでの不動産投資が注目されている3つの理由

アメリカはロシア、カナダに次ぐ世界で3番目に面積の大きい国です。その広大な敷地が48州に分けられているため、どこがどのような場所なのか把握しきれていないという方も多いのではないでしょうか?

ロサンゼルス市はアメリカ西海岸に位置しているカリフォルニア州の最大都市で、東京都の約半分の面積を持ちます。1年を通して暖かく雨が比較的少ない気候に加えて、ハリウッドなどで有名な映画産業やテーマパークといったエンターテイメントの中心であることから日本人にも人気のエリアです。

そんなロサンゼルスは不動産投資に適した都市としても注目されていますが、果たしてどんな理由があるのでしょうか?その理由は以下の3つです。

  1. 2028年オリンピックの開催予定地
  2. 不動産投資に適した都市に選出
  3. シリコンビーチへの企業進出

それぞれの理由について見ていきましょう。

1-1 2028年オリンピックの開催予定地

1つ目の理由は2028年オリンピックの開催予定地であることです。2017年9月にペルーのリマで開催されたオリンピックの総会で、2028年のオリンピック開催地がロサンゼルスに決定しました。

日本も東京が2020年オリンピックの開催予定地となっていますが、開催地に決定してから地価が右肩上がりに上昇しています。その背景にはインフラ整備やホテルや飲食店といった企業の進出などが挙げられますが、ロサンゼルスも東京と同様にインフラ整備などで今後の価格上昇が大きく期待されています。

1-2 不動産投資に適した都市に選出

2つ目の理由は「不動産投資に適した都市」に選出されたことです。本拠地をロンドンに構えるシュローダー・インベストメント・マネジメントが公表した「シュローダー・グローバル・シティーズ30・インデックス(2019年)」では、ロサンゼルスは不動産投資に適した都市として世界1位に選出されました。

大手証券会社のリーマン・ブラザーズが経営破綻したのを発端とするリーマンショックによって、アメリカの不動産価格は一時低下しました。しかし、ロサンゼルスの不動産価格の回復は顕著で、3年後には平均価格が元の水準に戻っているだけでなく、現在の不動産価格はリーマンショック前と比較すると倍にまで上昇しています。

1-3 シリコンビーチへの企業進出

3つ目の理由はシリコンビーチへの企業進出です。シリコンビーチとは、IT企業が集まるシリコンバレーやニューヨークに次ぐスタートアップ企業の集積地で、ロサンゼルスの西海岸の一体に広がっているエリアです。

シリコンバレーやニューヨークは立地条件の良さなどを理由に賃料が高いため、スタートアップ企業には必ずしも適しているとは言えない部分があります。しかし、シリコンビーチはそれらの地域と比べると比較的賃料が低いため、GoogleやAmazon、Facebook、Appleといった大手企業の進出や500を超えるスタートアップ企業が生まれるビジネス需要の高いエリアと言えます。

2 ロサンゼルスの利回り平均

ロサンゼルスが不動産投資に適している都市として注目されていることは分かりましたが、不動産投資で気になるのは、利回りがいくらなのかということです。

オリックスグループの不動産会社red capital groupによる2017年第三四半期を対象とした調査によれば、ロサンゼルスの平均利回りは4.7%程度です。

なお、アメリカの利回りは「実質利回り」という経費などを差し引いた収入に基づいて利回りを算出していますが、日本の利回りは「表面利回り」という経費などを考慮せず収入のみに基づく利回りを算出しています。また、アメリカ不動産の固定資産税は土地評価額の2%程度となっています。

地価が上昇傾向にあることに加え、利回りの高さなども含めて考えると、ロサンゼルスでの不動産投資は一定の収益が期待できると言えるでしょう。

3 ロサンゼルスの不動産に投資できる国内の会社は?

ロサンゼルスへの投資をしたいと考えても、仲介してくれる業者がいないと個人での情報収集・契約は困難です。また、言葉の壁や法規制・税制の問題もあるため、後でトラブルに巻き込まれないためにも業者選びは重要です。

そこで登場するのがアメリカの不動産投資を専門として扱っている「オープンハウス」です。オープンハウスの主な特徴は以下の4つです。

  1. ロサンゼルスに関する情報を熟知
  2. グループ企業を活用した融資を受けられる
  3. 東証1部市場に上場、交渉から売却までをトータルサポート
  4. 無料セミナーや無料相談を実施

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

3-1 ロサンゼルスに関する情報を熟知

1つ目の特徴は、ロサンゼルスに関する情報を熟知していることです。海外での不動産投資は物件の情報収集が困難であるため、業者に提供してもらった情報に基づいて投資するのが一般的です。そのため、業者の情報収集力がどれだけ高いかが運用結果を大きく左右すると言えます。

オープンハウスでは、アメリカ現地の人口動態や需給バランスなどを考慮しながら、投資に適しているエリアや物件などを選んでいます。また、住宅平均価格や世帯年収、年収倍率に基づくなど、豊富な都市データを分析しているため、安心してロサンゼルスの不動産投資を依頼できると言えるでしょう。

3-2 グループ企業を活用した融資を受けられる

2つ目の特徴はグループ企業を活用した融資を受けられることです。海外不動産投資では、海外の金融機関から融資を受ける、もしくは国内の金融機関から融資を受けるという手段が挙げられます。海外の金融機関には、自己資本比率が高く設定されていることが多く、自己資金が少ないと投資できないほか金利が高いというデメリットがあります。

日本の金融機関には、海外不動産投資となるとリスクが高くなることから融資に応じない金融機関が多く、担保に海外不動産ではなく国内不動産を要求される傾向があるというデメリットがあります。しかし、オープンハウスはグループ企業であるアイビーネットが融資面のバックアップをしてくれ、物件価格の最大70%まで融資を受けられるので、効率良く運用できるでしょう。

3-3 東証1部市場に上場、交渉から売却までをトータルサポート

オープンハウスは東証1部に上場している不動産会社のため、会社の規模が大きく実績なども豊富です。

本社は日本にあるものの、アメリカ国内にも5ヶ所の現地法人があり、現地不動産の管理・報告・売却、英語での交渉や契約締結サポートなど幅広く対応してくれます。オーナーは、基本的に運用によって得られる収益の受け取りだけで済むため、運用の手間を省けるのも大きな特徴と言えるでしょう。

3-4 無料セミナーや無料相談を実施

4つ目の特徴は無料セミナーを開催していることです。海外不動産投資に興味があっても、馴染みのある資産運用の手段ではないため、疑問や不安が生じことも少なくありません。オープンハウスでは、定期的に開催している無料セミナーや常設の無料相談などが用意されているため、疑問や不安を解消できる環境が整っています。

例えば、「日本とアメリカの不動産市場の違い」「購入後の管理と運用イメージについて」といったオーナーが気になることをしっかりと教えてくれるため、安心して海外不動産投資を始められるでしょう。

4 まとめ

日本国内は少子高齢化によって需要が低下しつつあるため、不動産投資を始める際に今後に対する不安がありますが、世界的には人口の増加とともに需要が増加しているため、海外の不動産投資が注目されています。

特にアメリカは、世界経済の中心であるほか人口が増加傾向にあるため、不動産投資に適している国です。中でも、ロサンゼルスは、2028年オリンピック開催予定地という東京と似た状況であるため、今後の需要増加と地価の上昇が期待されます。

しかし、いくらロサンゼルスが不動産投資に優れている都市であっても、情報収集が困難・言語の壁といった問題から手を出すにはリスクが高いと言えます。そのため、海外で不動産投資をする際は、信頼できる業者を見つけてから投資を始めるようにしましょう。

The following two tabs change content below.
矢野翔一

矢野翔一

関西学院大学法学部法律学科卒。宅地建物取引士、管理業務主任者、2級FP技能士(AFP)などの保有資格を活かしながら、有限会社アローフィールド代表取締役社長として学習塾、不動産投資を行う。HEDGE GUIDEでは不動産投資記事を主に担当しています。専門用語や法律が多く難しいジャンルですが分かりやすくお伝えしていきます。