東京のマンション投資事情は?定期開催の不動産投資セミナーも4つ紹介

東京は人口が多く賃貸需要が高いため、マンション投資をするには条件が揃っています。マンション投資を始める際には、実際に東京で事業展開をしている不動産会社が多くのセミナーを開催しているため、参加することで実際にマンション投資をしている方や色々な分野の専門家から、具体的なノウハウや運用方法を学ぶことができます。

この記事では、人口から見た東京のマンション投資事情を確認した上で、東京の不動産会社4社の不動産投資セミナー情報についてご紹介します。

目次

  1. 人口が集中する東京はマンション投資に向いている?
    1-1.東京都は転入者数が全国で最も多い
    1-2.東京都は全国で最も企業数が多い
    1-3.東京都は従業員数も多い
    1-4.マンション投資は社会人だけではなく大学生も対象になる
  2. 東京都の人口予測から見た将来的な賃貸ニーズ
    2-1.東京都の人口変動予測
    2-2.東京都の単身者・夫婦のみ層は当面減らない
  3. 東京の定期開催不動産投資セミナー主催社5つを紹介
    3-1.株式会社グローバル・リンク・マネジメント
    3-2.リズム株式会社
    3-3.プロパティエージェント株式会社
    3-4.株式会社FJネクスト

  4. まとめ

1.人口が集中する東京はマンション投資に向いている?

東京は人口が集中していて、マンション投資をするには良い環境だと言えるでしょう。では、どの程度人口が集中しているのか、またどのような世帯の人が多いのか、人口増減の視点から東京のマンション投資事情を見てみましょう。

1-1.東京都は転入者数が全国で最も多い

東京は全国で最も転入者が多い都市です。以下のグラフでは2017年と2018年の全国都道府県の転出入超過数を確認できます。

*総務省発表「住民基本台帳人口移動報告平成30年結果」から引用

2017年、2018年ともに東京都の転入超過数が全国で最も多いことが確認できます。人が多くなればそれだけ不動産の賃貸ニーズは高くなりますので、不動産投資をするには状況は良いと考えられます。

1-2.東京都は全国で最も企業数が多い

東京都に人が集まる理由として、企業数が多いことが考えられます。どれくらいの数の企業が東京に在籍しているのでしょうか。以下の表は中小企業庁による「都道府県別、常用雇用者数、従業者数(平成30年12月14日更新)」の資料をもとに作成した表です。企業数が多い上位10都道府県を記載しています。

順位 都道府県名 企業数(単位:社)
1 東京都 417,988
2 大阪府 271,936
3 愛知県 208,948
4 神奈川県 188,015
5 埼玉県 161,613
6 兵庫県 145,054
7 北海道 141,669
8 福岡県 135,389
9 千葉県 121,018
10 静岡県 120,024

*中小企業庁作成「都道府県別、常用雇用者数、従業者数(平成30年12月14日更新)」をもとに筆者作成

こちらの表から東京都は全国で企業数が最も多く、41万社以上が在籍していることが確認できます。企業があれば、仕事を求めて人も増えます。

次に、全国の都道府県ごとの従業者数も見てみましょう。

1-3.東京都は従業員数も多い

以下の表は上記と同じ中小企業庁の資料をもとに作成したもので、都道府県別の従業者数が確認できます。

順位 都道府県名 従業者数(単位:人)
1 東京都 13,239,208
2 大阪府 4,102,210
3 愛知県 3,139,555
4 神奈川県 2,339,106
5 埼玉県 1,665,510
6 福岡県 1,637,985
7 兵庫県 1,449,011
8 北海道 1,438,184
9 千葉県 1,259,434
10 静岡県 1,174,749

こちらのグラフから、従業者数も東京都が全国で最も多いことが確認できます。このことから働く人の年代層は東京都が全国で最も多いことが分かり、仕事をしている層を主な対象とするマンション投資にとっては、良い条件の一つをクリアしていると言えるでしょう。

1-4.マンション投資は社会人だけではなく大学生も対象になる

またワンルームなど単身者向けのマンション投資では、社会人だけではなく大学生の一人暮らし層も対象となりますので、大学の数が多ければ対象となる層も厚いことが考えられます。大学数と学生数はどのようになっているのかを見てみましょう。

以下の表は所在する大学数が多い上位10都道府県を記載したものです。

順位 都道府県名 大学数(単位:校)
1 東 京 140
2 大 阪 55
3 愛 知 50
4 北海道 37
5 兵 庫 37
6 京 都 34
7 福 岡 34
8 神奈川 30
9 埼 玉 28
10 千 葉 27

*文部科学省作成「大学の都道府県別学校数及び学生数」をもとに筆者作成

こちらの調査では東京都が全国で最も大学数が多く、140校あることが確認できます。さらに同資料より学生数のランキングを見てみましょう。

順位 都道府県名 大学生数(単位:人)
1 東 京 760,224
2 大 阪 245,174
3 愛 知 194,305
4 神奈川 190,676
5 京 都 162,665
6 兵 庫 126,762
7 福 岡 122,439
8 埼 玉 116,931
9 千 葉 115,473
10 北海道 89,899

2つの結果から、東京都は社会人だけでなく学生も全国で最も多いため、社会人や学生の単身者を対象とするマンション投資には、条件が良いと考えられます。

マンション投資は人口が多いというだけで成功が約束されるわけではありません。しかし、人口が集中し単身者層も多いという点は、それだけ高い賃貸ニーズの期待に繋がりますので、マンション投資が成功するための条件をクリアしやすいと言っていいでしょう。

では、次に今後、東京都の人口やその内訳などがどのように変化していくと考えられているのかを見てみましょう。

2.東京都の今後の人口推移予測

東京都には社会人と大学生ともに全国で最も多く所在しており、高い賃貸ニーズが期待できる市場ですが、将来もこのように高い推移を維持できるのでしょうか。東京の今後の人口推移予測を見てみましょう。

2-1.東京都の人口変動予測

以下のグラフは東京都政策企画局が作成した、東京都の2060年までの人口予測のグラフです。全国と東京都、東京都区部、多摩・島しょ部の人口推移を確認することができます。

*東京都政策企画局作成「東京都2060年までの人口推計」から引用

こちらのグラフから、全国の人口は2010年をピークにすでに減少してきていることが確認できます。しかし、東京都の場合は2025年くらいまでは増加し、それくらいから緩やかに減少し始める予測となっています。東京都の区部に関してはさらに2030年位までは増加するとしています。

東京都区部は2050年時点で906万人まで減少しますが、2010年時点の人口は895万人ですので、2050年になっても2010年の人口より多いという予測になっています。このことから、東京都や東京都区部の人口の推移は、日本全体と比較すると減少の仕方がかなり遅いことが確認できます。

では、東京都住民の家族構成はどのように予測されているのかを見てみましょう。

2-2.東京都の単身者・夫婦のみ層は当面減らない

以下は、上記と同じ資料から引用したグラフです。東京都の単独世帯や夫婦のみの世帯の、世帯数の推移を表しています。

*東京都政策企画局作成「東京都2060年までの人口推計」から引用

こちらのグラフから、夫婦と子供のいる世帯数はすでに減少が進んでいる一方で、夫婦のみの世帯(DINKSとも言います)と単独世帯に関しては、当面の間はむしろ増加傾向にあることがわかります。また、2015年時点と2060年予測を比べてみても、減少幅は小さい予測になっています。

このようなデータから、東京都の人口は減少し始めるのが遅い上に、小規模世帯はまだ数十年先も大きな減少がない予測であることが確認できます。そのためワンルーム~二人暮らし程度の規模のマンション投資では、まだ数十年は賃貸ニーズの高さを享受できることが考えられます。

上記資料はあくまで予測ですので、必ずこのような状況になるとは限りませんが、このような傾向があるということを知っておきましょう。

3.東京の定期開催不動産投資セミナー主催社4つを紹介

東京のマンション投資事情を人口推移の視点から見てみました。現在東京には企業や大学が集中しており、マンション投資をするには人口の面では条件が良いと言えます。

また将来的にも人口が減るスピードが遅い上、価格帯的に不動産投資初心者の方が手を出しやすいワンルームマンションの対象となる単独世帯数も多く、東京都はマンション投資をするのに長期的に見ても状況が良い傾向にあると言えるでしょう。

では次に、東京で定期開催される不動産投資セミナーを主催している不動産会社をご紹介します。東京のマンションを対象に投資を検討するなら、参加を考えてみてはいかがでしょうか。より具体的なエリア別の賃貸需要の話や、マンション投資をする際の注意点なども学ぶことができます。

3-1.株式会社グローバル・リンク・マネジメント

株式会社グローバル・リンク・マネジメントは東京都の好立地のエリアに絞り物件を提供している東証1部上場会社です。購入者の84.44%が紹介・リピート客(2017年実績)と顧客から厚い信頼を得ている会社です。

セミナーでは初心者向けに基本から徹底した解説が人気を呼んでいます。特にリスクについてはきちんと説明し、リスク対応が身に着くセミナーになっています。0から不動産投資を学んでみたい方は参加を検討してみてはいかがでしょうか。

3-2.リズム株式会社

リズム株式会社は東京都23区を中心に中古マンションの販売を行っている不動産会社です。リズムが扱う物件や過去の実績は金融機関からも高い評価を受け、融資条件も中古で優遇金利1.6%(頭金により1.4%)を実現しています。

セミナーは初心者から経験者まで幅広く受講できるようになっています。また、参加者全員に不動産投資ガイドがプレゼントされます。延べ7,000人以上が参加し、満足度は97%と非常に高い推移を維持しています。中古マンションへの投資を考えている方やリノベーションに興味がある方は、参加を検討してみてはいかがでしょうか。

3-3.プロパティエージェント株式会社

 
プロパティエージェントは都心を中心に不動産投資事業を展開する東証1部上場企業です。提携金融機関は10行以上となっており、良い条件で融資を受けられる可能性が高いと言えます。

セミナーでは「不動産投資の基礎知識」といった基礎的なものから「購入前のチェックポイント」といった購入前の準備まで幅広く行っています。平日の夕方からと土曜日の午前・午後に行われていますので、都合の良い時間を選んで参加することが可能です。

3-4.株式会社FJネクスト

FJネクストは創業40年になる、東京を中心に「ガーラマンションシリーズ」を展開している上場会社です。取り扱い物件の98.8%が駅から徒歩10分以内(2019年3月末時点)と、立地にこだわった事業展開をしています。

セミナーは入門編と中級編があり、自分のレベルに合わせて選べるようになっています。また、時間が合わない方や、個別に質問をしたいという方は、個別相談を希望すれば都合の良い時間に相談することが可能です。

まとめ

東京のマンション投資事情と、東京で行われている定期開催不動産投資セミナー情報をご紹介しました。東京は人口が当面の間増える予測にあるため、マンション投資では長期的に賃貸ニーズが高い傾向にあることが予測できます。

東京のマンションを対象に投資をする場合には、東京で事業展開をしている不動産会社のセミナーに参加することで実践的なノウハウを学ぶことができます。セミナーはそれぞれ企業の特徴が取り入れられた内容になっていますので、参加を検討する際は事前に内容を確認して、自分に合ったセミナーに申し込むようにしましょう。

The following two tabs change content below.
西宮光夏

西宮光夏

国内、海外の不動産投資の情報を中心に、投資全般とスポーツ関連メディアのライティングを手掛けています。HEDGE GUIDEでは国内外の不動産投資に関する記事を担当しています。初心者の方にもわかりやすい形で情報提供していければと思っています。只今、国内においては東京オリンピック前後の不動産状況に注目です。