規制のサンドボックス制度(新技術等実証制度)とは・意味

規制のサンドボックス制度(新技術等実証制度)とは、AI、IoT、ブロックチェーン等の革新的な技術の実用化の可能性を検証し、実証により得られたデータを用いて規制制度の見直しに繋げる制度を指します。技術革新の促進をスピーディに行うため、政府でも強力に推し進めている成長戦略のひとつです。

技術革新を新たな付加価値につなげるためにはトライ・アンド・エラーを繰り返すことが重要な一方で、現行の法律や規制では国際的に大きく立ち遅れ、ガラパゴス化することが懸念されています。こうした問題に対して考え出された規制のサンドボックス制度は、実証内容とリスクを説明した上で「まずやってみる」ことを許容する制度です。

サンドボックスが意味する「砂場」では、砂を使ってさまざまな形のものを自由に作って壊す行為を繰り返すができます。「規制の砂場」になるという意味を込めて名付けられた規制のサンドボックス制度では、プロジェクトごとに期間や参加者を限定して実証実験を行っていきます。

サンドボックス制度に関するニュース一覧

仮想通貨に関する用語集の一覧

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。