仮想空間メタバースThe SandboxネイティブトークンSAND、Facebook社名変更以降600%の急騰

インターネット上の仮想空間メタバース内でプレイできるゲーム「The Sandbox」のネイティブトークン「SAND」は11月28日、過去最高となる7ドルに到達。Facebookの社名が「META」に変更して以降、600%の上昇幅となっている。

「The Sandbox」は2011年にモバイルゲーム企業Pixowlによって開発されたイーサリアムブロックチェーン基盤のゲームである。仮想空間メタバースに構築されたサンドボックスは、ユーザーがネイティブトークン「SAND」を介して、ゲーム内のプロジェクトや開発に参加できるほか、アバターやゲームアイテムなどをNFT(ノンファンジブルトークン)で作成し、売買することができる。

「SAND」は、イーサリアムブロックチェーン上に構築されたERC-20トークンで、2020年8月に仮想通貨取引所Binanceに上場した。SANDトークンは当初約0.0521ドルほどで取引されていたが、Facebookが社名を変更後の11月初めに3ドルを上回る。さらに11月23日、スポーツブランドのアディダスがサンドボックスと「AdiVerse」開発するとツイート投稿したのを受け、一時8ドル越えの高値をつけた。価格上昇には、11月29日から3週間にわたり、サンドボックス内のLAND所有者のみが参加できるイベント「The Sandbox Alpha」の開催も一因と見られている。

大手暗号資産投資ファンドGrayscaleが公開したレポートによると、2020年メタバースによる収益1,800億ドル(約20兆5千億円)は、2025年には4,000億ドル(約45兆6千億円)に達すると見られ、収益の大部分をゲームの課金が占めると予測している。第三四半期の資金調達は82億ドル(約9千3百億円)を計上しており、そのうち10億ドルはメタバース関連で、Web3.0では最大の資金投入分野となった。Grayscaleは、メタバースは現在の市場価値15兆ドルに達するWeb2.0エコノミーの競合への機会を有し、社会交流やビジネス取引を含むインターネット経済を変革する可能性を秘めていると言及している。

【関連記事】イーサリアムとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】Metaverse Platform The Sandbox’s SAND Token Surges 25% After Adidas Teases Partnership

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。